第28回:個性派たちの遊撃戦
時代を変えた風雲児たち

2018.07.19 自動車ヒストリー 自動車の普及と販売競争がもたらした、大衆車から高級車にいたる序列。しかし歴史を振り返ると、ヒエラルキーの外に突然現れ、時代を変えるほどの衝撃を与えたモデルが確かに存在した。日本の自動車史に名を残す個性的な3台の“遊撃手”を紹介する。

トヨタと日産の販売戦争が激化

戦後日本のモータリゼーションを主導したのは、トヨタと日産である。1955年に発売された「トヨペット・クラウン」は、戦後初の本格的国産乗用車だった。公称最高速度100km/hという動力性能と快適な乗り心地が高い評価を受け、自主開発路線が正しかったことを証明した。しかし、100万円近くする価格は当時の庶民がおいそれと手を出せるものではない。自家用車として使われることは少なく、タクシー用途が主流だった。

自動車の普及に大きな役割を果たしたのは、1959年に日産が発売したひと回り小さなモデルの初代「ブルーバード」である。前身となる「ダットサン210型」がトラックと共用のシャシーだったのに対し、乗用車専用の設計を採用して走行性能を飛躍的に向上させた。タクシー需要が好調だっただけでなく、一般ユーザーからも支持されて売れ行きが伸びる。トヨタは1960年に2代目「コロナ」を発売して対抗するが、ブルーバードの牙城を崩すには至らなかった。

ブルーバードとコロナの販売合戦は次第に激しさを増し、社運をかけた競い合いが“BC戦争”と呼ばれるようになる。ブルーバードは1963年に発売された2代目のデザインが不評で、翌年発売された3代目コロナが初めて首位を奪った。それでもブルーバードはアメリカでの販売が好調を持続し、輸出台数ではコロナを上回っていた。

1966年になると、戦いの場を移してさらに競争はヒートアップ。日産が4月に「サニー」を発売し、ベーシックな大衆車の市場を切り開く。スタンダードが41万円という低価格もあり、人々は好感をもって迎え入れた。11月、トヨタは同じクラスの「カローラ」をデビューさせる。サニーよりも100cc大きな1100cエンジンを搭載し、「プラス100ccの余裕」というそのものズバリのキャッチコピーで優位性をアピールした。1970年になると、モデルチェンジしたサニーがエンジンを1200ccに拡大し、「隣のクルマが小さく見えます」とやり返す。

トヨタ博物館に展示される、初代「トヨペット・クラウン」。他社が海外メーカーのノックダウン生産で技術を蓄えようとする中、トヨタは自前の技術にこだわり、戦後初の本格的国産乗用車を完成させた。
トヨタ博物館に展示される、初代「トヨペット・クラウン」。他社が海外メーカーのノックダウン生産で技術を蓄えようとする中、トヨタは自前の技術にこだわり、戦後初の本格的国産乗用車を完成させた。拡大
小型大衆車の嚆矢(こうし)となった初代「ダットサン・ブルーバード」。当時主流だったタクシー需要に加え、一般ユーザーからも広く受け入れられたモデルで、女性オーナードライバー向けの特別仕様車「ファンシーデラックス」も設定された。
小型大衆車の嚆矢(こうし)となった初代「ダットサン・ブルーバード」。当時主流だったタクシー需要に加え、一般ユーザーからも広く受け入れられたモデルで、女性オーナードライバー向けの特別仕様車「ファンシーデラックス」も設定された。拡大
1964年に登場した3代目「トヨペット・コロナ」。トヨタは同車の性能の高さを訴求するため、当時開通したばかりの名神高速道路で10万km連続高速走行公開テストを実施。優れた高速性能と高い耐久性をアピールした。
1964年に登場した3代目「トヨペット・コロナ」。トヨタは同車の性能の高さを訴求するため、当時開通したばかりの名神高速道路で10万km連続高速走行公開テストを実施。優れた高速性能と高い耐久性をアピールした。拡大
1966年にデビューした初代「ダットサン・サニー」(上)と、初代「トヨペット・カローラ」(下)。
1966年にデビューした初代「ダットサン・サニー」(上)と、初代「トヨペット・カローラ」(下)。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
  • ボルボV60 T5インスクリプション(FF/8AT)【試乗記】 2018.11.26 試乗記 2代目「S60」のステーションワゴン版として登場したボルボの「V60」がフルモデルチェンジを果たした。スポーツワゴン的な性格を持っていた初代に対し、こちらは「V90」の血筋を色濃く感じる内外装デザインが特徴だ。日本向けにこだわりをもって開発したという最新モデルの実力を探る。
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
ホームへ戻る