クルマ好きなら毎日みてる Clubpyme 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)

じゃがバターの味がした 2018.07.24 試乗記 新千歳空港を起点に、北海道を西へ東へとあてのない旅に出た『Clubpyme』取材陣。ドライブのパートナーは、ディーゼルエンジンを搭載した「ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション」。1000km近いロングドライブの後に、リポーターは何を思う?

北海道をひと筆書き

北海道にはアイヌ語で「美しい形」を意味する「ピリカノカ」と呼ばれる名勝がいくつも存在する。室蘭市の絵鞆半島外海岸にあるトッカリショ浜もそのひとつだ。トッカリショもアイヌ語で「アザラシ岩」を意味する。一帯は緑に覆われた急峻(きゅうしゅん)な断崖が連続してなかなかの絶景だ。船越英一郎が長々と謎解きしながら犯人を逮捕してそう。フランスのエトルタに似ているなと思った。郡カメラマンと私は崖の先まで足をのばして美しい風景を心に刻んだが、高所恐怖症の編集部・藤沢は怖がって崖へ近づこうとしない。現場にいたのにこの景色を後から写真でしか見ていないとは、実に気の毒だ。

ボルボから「北海道でXC60のディーゼルに乗りませんか?」と誘いを受け、6月末に北の大地を訪れた。伝統的に遠方で試乗会を開くのが好きなボルボ・カー・ジャパン。今回は新千歳空港を起点に、ある媒体には道北を、別の媒体には道南を試乗(推奨)コースとして設定し、各媒体の試乗コースをつなぎ合わせると北海道ひと筆書きのようになる企画を思い付いたようだ。われわれが担当したのは道南。トッカリショ浜のほかに、白老町周辺の競走馬生産牧場や洞爺湖、五稜郭などを訪ねた。

まずは室蘭市のトッカリショ浜を目指す。太平洋に面した、奇岩の絶景を眺めることができるスポットである。
まずは室蘭市のトッカリショ浜を目指す。太平洋に面した、奇岩の絶景を眺めることができるスポットである。拡大
トッカリショ岬から崖下をのぞき込む筆者。特に柵などは設けられておらず、他の観光客も同じようにしていたが、もしも訪れる場合は十分に注意されたし。
トッカリショ岬から崖下をのぞき込む筆者。特に柵などは設けられておらず、他の観光客も同じようにしていたが、もしも訪れる場合は十分に注意されたし。拡大
北海道ひと筆書きの旅、Clubpymeチームの担当は道南方面。室蘭を後にして白老町を目指す。
北海道ひと筆書きの旅、Clubpymeチームの担当は道南方面。室蘭を後にして白老町を目指す。拡大

クルージングにはディーゼルが最適

経験がある人ならわかると思うが、北海道のドライブは高速道であろうと一般道であろうと、基本的にクルージングである。同じような景色を眺めながら目的地まで長時間を過ごすことになる。ストップ&ゴーが少なく、平均速度がやや高い北海道に限って言えば、ハイブリッド車よりもディーゼル車のほうがきっと経済的だ。その意味で4WD+ディーゼルのXC60は今回の旅にはパーフェクトなクルマだった。

最高出力190ps/4250rpm、最大トルク400Nm/1750-2500rpmを発生する2リッター直4ディーゼルターボエンジンのD4は、日本には2015年に「V40」や先代の「60シリーズ」に追加導入され、ここのところのボルボ躍進の立役者的エンジンとなった。このほど新型XC60のD4もデリバリーが始まり、「90シリーズ」と60シリーズの新世代ボルボは、ガソリン、ディーゼル、プラグインハイブリッドと幅広いパワートレインを取りそろえることになった。

D4エンジン自体には日本導入当初から手が加えられていないが、フォードグループ時代から使うプラットフォームを用いて開発されたV40や先代60シリーズと、新世代プラットフォームの「SPA(スケーラブルプロダクトアーキテクチャー)」を用いて開発されたXC60では、乗員が感じる音や振動のレベルは大きく異なる。XC60はディーゼルエンジンが発する音と振動を、ほぼディーゼルとわからない程度にまでシャットアウトしている。「女房と畳は新しいほうがよい」という、現代では適切ではないと判断されかねないことわざがあるが、そこにプラットフォームも加えるべきだ。半面、車両重量が1.5tあまりのV40に対しXC60は1.9tに達するため、8段ATのギアリングは最適化されているものの加速力は異なり、V40のようなダッシュ力は望めない。ただし最大トルクが400Nmもあるので、何かと比較するのでなければ決して不満が出るレベルではない。

ストップ&ゴーが少なく、平均速度も高めの北海道では、「XC60 D4 AWDインスクリプション」はパーフェクトといえるクルマだ。
ストップ&ゴーが少なく、平均速度も高めの北海道では、「XC60 D4 AWDインスクリプション」はパーフェクトといえるクルマだ。拡大
白老町では競走馬の生産牧場を見学する。「XC60」を近くに寄せると、サラブレッドはボディーに頰ずりをするなど、親しみを感じてくれたようだ。
白老町では競走馬の生産牧場を見学する。「XC60」を近くに寄せると、サラブレッドはボディーに頰ずりをするなど、親しみを感じてくれたようだ。拡大
白老町にある白老ファームからは、2011年の牡馬クラシック三冠を制覇するなど、当時無敵を誇ったサラブレッド「オルフェーヴル」が輩出している(写真は別の牧場で見た別の馬)。
白老町にある白老ファームからは、2011年の牡馬クラシック三冠を制覇するなど、当時無敵を誇ったサラブレッド「オルフェーヴル」が輩出している(写真は別の牧場で見た別の馬)。拡大
「XC60 D4 AWDインスクリプション」に搭載される2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力190ps、最大トルク400Nmを発生する。
「XC60 D4 AWDインスクリプション」に搭載される2リッター直4ディーゼルターボエンジンは、最高出力190ps、最大トルク400Nmを発生する。拡大

“ほぼ自動運転”で安楽ドライブ

もう一点、北海道ドライブにこのクルマが最適な理由がある。それは全車速追従機能付きアダプティブクルーズコントロール(ACC)と「パイロットアシスト」が備わることだ。設定した速度の範囲内で先行車両を追従するACCは、一度体験するとやめられない装備の筆頭だが、それに加え、140km/h未満であれば、自車が車線の中央を維持すべくステアリングの修正操作を穏やかにアシストしてくれる。先行車両がいてもいなくても機能する。これが直線を基本としながら微妙に曲がっているような道内の一般道で威力を発揮する。ドライバーはステアリングを保持しているだけで“ほぼ自動運転”を味わうことができる。

現段階では事故があった際にはすべてドライバーの責任となるので、システムに任せっきりには絶対にできない。だが、そのことさえ踏まえて正しく利用すれば、長距離ドライブの疲労度を劇的に軽減してくれる。道内は一般道のみならず高速道も片側1車線しかない区間が多いため、道路自体はすいていても前に遅いクルマが1台だけいてストレスがたまる状況がよくある。そんな時にパイロットアシストを作動させ、自身が運転に関与する度合いをいくぶんか下げ、音楽や会話を楽しめば時間を感じさせない。

北海道とXC60ディーゼルの組み合わせは、じゃがいもとバター並みの相性のよさを感じさせた。

アダプティブクルーズコントロールと「パイロットアシスト」を駆使して、次の目的地である函館に向かう。
アダプティブクルーズコントロールと「パイロットアシスト」を駆使して、次の目的地である函館に向かう。拡大
函館に着いたのはすでに夕刻。小雨もぱらついてきたが、新選組副長・土方歳三が築いた五稜郭を見学する。
函館に着いたのはすでに夕刻。小雨もぱらついてきたが、新選組副長・土方歳三が築いた五稜郭を見学する。拡大
五稜郭タワーに飾られていた土方歳三像。土方は明治2年5月11日、新政府軍の総攻撃によって孤立した友軍を援護するべく出撃したが、一本木関門で銃撃を受け、35年の生涯を閉じた。
五稜郭タワーに飾られていた土方歳三像。土方は明治2年5月11日、新政府軍の総攻撃によって孤立した友軍を援護するべく出撃したが、一本木関門で銃撃を受け、35年の生涯を閉じた。拡大
「XC60」のラゲッジルームの容量は505リッター。筆者とClubpymeの編集者、そしてカメラマンの1泊の荷物に加えて、カメラ機材を積み込んでもまだ余裕がある。
「XC60」のラゲッジルームの容量は505リッター。筆者とClubpymeの編集者、そしてカメラマンの1泊の荷物に加えて、カメラ機材を積み込んでもまだ余裕がある。拡大

足りないのは実績だけ

ところで、これまでXC60 D4 AWDインスクリプション(今回のテスト車)は車両本体価格が679万円だったが、一部仕様変更と価格変更が行われ、2018年8月15日以降は724万円となる。45万円の値上げとなるが、テイラードダッシュボードやハーマンカードン製プレミアムサウンドオーディオシステム(600W、14スピーカー、サブウーファー付き)が標準装備となる。変更前のモデルに同種の装備をオプション装着するとほぼ同価格となり、実質的にはほぼ据え置きといったところ。エアサス(30万円)はできれば装着したいので、754万円。諸費用込みで800万円。

人々(市場)がブランドをプレミアムかどうか判断するには時間がかかる。プレミアムブランドとしてのボルボはドイツ勢ほどの実績がないためにまだ確立されたとは言えない。このため、60シリーズで800万円というのは条件反射的には割高に思える。しかし、最新ボルボは動力性能、先進性、安全性、質感……そのどれをとってもドイツ勢をはじめとするプレミアムブランドを本気であせらせるのに十分な内容を持つ。ボルボの日本での年間販売台数は、2015年が1万3493台、16年が1万4543台、17年が1万5751台とじわりじわり順調に伸びていて、18年上半期の販売台数も8000台以上と堅調だ(いずれもJAIA調べ)。この先、電動化への波にスムーズに乗ることができれば、非ドイツのプレミアムブランドの筆頭としてさらなる存在感を示すようになるのではないだろうか。

(文=塩見 智/写真=郡大二郎/編集=藤沢 勝)

函館周辺で1泊し、翌日は洞爺湖方面に戻る。209mmが確保される最低地上高(エアサス仕様の値)と4WDにより、写真のような砂利道でも安心して走れた。
函館周辺で1泊し、翌日は洞爺湖方面に戻る。209mmが確保される最低地上高(エアサス仕様の値)と4WDにより、写真のような砂利道でも安心して走れた。拡大

洞爺湖周辺では観光客に人気の洋食店でランチをいただく。写真はハンバーグステーキ(200g)。

 


	洞爺湖周辺では観光客に人気の洋食店でランチをいただく。写真はハンバーグステーキ(200g)。

	 
	拡大
北海道ドライブでは動物の「とび出し注意」の標識を頻繁に見かけた。「XC60」には大型動物検知機能が備わっており、動物を検知するとドライバーに警告、警告に反応しない場合は緊急自動ブレーキを作動させる。
北海道ドライブでは動物の「とび出し注意」の標識を頻繁に見かけた。「XC60」には大型動物検知機能が備わっており、動物を検知するとドライバーに警告、警告に反応しない場合は緊急自動ブレーキを作動させる。拡大
今回の旅程は、新千歳空港を起点に室蘭、白老、函館、洞爺湖と回り、再び新千歳空港に戻るというルート。さまざまな寄り道も含めて980kmあまりを走行し、満タン法の燃費は14.6km/リッターとなった。
今回の旅程は、新千歳空港を起点に室蘭、白老、函館、洞爺湖と回り、再び新千歳空港に戻るというルート。さまざまな寄り道も含めて980kmあまりを走行し、満タン法の燃費は14.6km/リッターとなった。拡大

テスト車のデータ

ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1900×1660mm
ホイールベース:2865mm
車重:1910kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:190ps(140kW)/4250rpm
最大トルク:400Nm(40.8kgm)/1750-2500rpm
タイヤ:(前)235/55R19 105V/(後)235/55R19 105V(ミシュラン・ラティチュードスポーツ3)
燃費:16.1km/リッター(JC08モード)
価格:679万円/テスト車=794万9000円
オプション装備:電子制御式4輪エアサスペンション+ドライビングモード選択式FOUR-Cアクティブパフォーマンスシャシー(30万円)/Bowers & Wilkinsプレミアムサウンドオーディオシステム<1100W、15スピーカー、サブウーハー付き>(42万円)/チルトアップ機構付き電動パノラマガラスサンルーフ(20万6000円)/メタリックペイント<マッセルブルーメタリック>(8万3000円)/テイラードダッシュボード(15万円)

テスト車の年式:2018年型
テスト開始時の走行距離:6352km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(1)/高速道路(8)/山岳路(1)
テスト距離:988.2km
使用燃料:67.6リッター(軽油)
参考燃費:14.6km/リッター(満タン法)/14.4km/リッター(車載燃費計計測値)

ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション
ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション拡大
 
ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大
 
ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大
 
ボルボXC60 D4 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『Clubpyme』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事
Узнайте про полезный веб портал про направление Comanche Prairie 27.5 Disc velotime.com.ua
www.buysteroids.in.ua

baden-medservice.com/lechenie-raka-v-germanii-onkologija-gematologija/lechenie-raka-legkih-v-germanii/