クルマ好きなら毎日みてる Clubpyme 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMW X2 xDrive20i MスポーツX(4WD/8AT)

見た目はオッケー! 2018.07.26 試乗記 BMWのニューモデル「X2」に試乗。メーカーが「スポーツ・アクティビティー・クーペ(SAC)」と呼ぶスタイリッシュなSUVに、“駆けぬける歓び”は備わっているのか!? 「BMW 320d」を足にする清水草一がチェックした。

ついに出たハンサム系コンパクトBMW

BMWのコンパクトモデルのスタイリングに、どうにも不満を感じていた。

「1シリーズ」は初代から猛烈に不格好だったし、初代「X1」もいまひとつ質感が足りなかった。それぞれ第2世代に移行しても、どこかわざとカッコ悪くしているように感じてしまう。BMWというブランドだけで、なんとかなってしまっているのは確かですが。

「2シリーズ」の「クーペ」は、保守派のカーマニアにはそれなりに好評だが、それでも「3シリーズ」や「4シリーズ」と見比べると、大きく落ちる。2シリーズの「アクティブツアラー/グランツアラー」にいたっては、まるでカピバラ。

BMWって、こんなにもコンパクトカーのスタイリングが苦手だったのか? サイズ的には、昔の3シリーズより大きいんだから、「E30」みたいなシンプルで美しい造形にしてくれればそれでいいのに。

現在、現行型の320dに乗る私には、個人的な野心がある。いつかもう少し小さくて、取り回しがラクなBMWに乗り換えたいというものだ。できればFFのディーゼルに。

BMWのFFモデルは、いまやFRよりも走りがいい(断言)。それでエンジンがディーゼルなら言うことない。「BMWはFRの直6に限る」なんて時代は遠くになりにけり。BMWはFFベースの直4ディーゼルに限る。

ただし、カッコよくないと困る。やっぱりクルマは見た目が第一。なにしろBMWだし。

現状、「FFベースの直4ディーゼル」だと、「118d」や「218dアクティブツアラー」「X1 xDrive18d」などが候補になるが、どれもカッコがストライクゾーン外だ。結局ルックス的に欲しくなるのは、3シリーズや4シリーズで、SUV(BMWはSAVとかSACと呼ぶらしいけど無視)なら「X4」くらい。ダウンサイジング化の夢は遠かった。

が、ついにというかようやくというか、有力候補が現れた。X2です。

「BMW X2」が日本に導入されたのは2018年4月のこと。基本設計を「X1」と共有する、コンパクトサイズのSUVだ。
「BMW X2」が日本に導入されたのは2018年4月のこと。基本設計を「X1」と共有する、コンパクトサイズのSUVだ。拡大
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4375×1825×1535mm。「X1」よりも80mm短く、5mm狭く、65mm低いスタイリングとなっている。
ボディーサイズは全長×全幅×全高=4375×1825×1535mm。「X1」よりも80mm短く、5mm狭く、65mm低いスタイリングとなっている。拡大
リアオーバーハングは「X1」よりも80mm短い745mmとなっており、全長の短縮分はここから捻出されている。最低地上高は180mm。
リアオーバーハングは「X1」よりも80mm短い745mmとなっており、全長の短縮分はここから捻出されている。最低地上高は180mm。拡大
「MスポーツX」にはボディーサイドやバンパーにフローズングレーのアクセントが施される。
「MスポーツX」にはボディーサイドやバンパーにフローズングレーのアクセントが施される。拡大

ファミリーカーでもいけるはず!?

顔はパッと見、2シリーズ アクティブツアラーに似ているが、全体のフォルムはかなり違う。

最大の違いは、グリーンハウス(上屋部分)の絞り込みだ。キャビン上部をぐっと凝縮することで、頭が小さくて肩幅の広い、BMWらしいスポーティーなフォルムになっている。これはカピバラじゃない、イノシシだ!

それでいて居住性も十分。そりゃアクティブツアラーやX1などのファミリーカー軍団には劣るけど、後席のヘッドクリアランスは意外なほど余裕がある。えっ、こんなに? というくらい。

BMWは、X2のルーフラインについて、「従来のクーペスタイルに固執することなく、BMW Xモデルらしい強固な印象を残すやや武骨な形状」とアナウンスしている。意味がよくわからないが、要は後方に向けてあんまりラウンドしてません、ということだろう。

確かにX4や「X6」に比べると、ルーフラインの後方への傾斜はなだらかだ。代わりに左右を強めに絞り込んで、スポーティー感を表現している。

後席に座った場合、左右の圧迫感はなきにしもあらずだけれど、頭がつかえる感じはないし、ラゲッジもあまり犠牲になっていない。仮にファミリーカーとして使っても、これくらいの広さがあれば絶対になんとかなる。なにしろ5ドアなんだから! わが家では昔、3ドアの「ランチア・イプシロン」(初代)や、オープンカーの「プジョー306カブリオレ」をファミリーカーに使ってましたが、大丈夫でした。家が狭けりゃ狭いなりになんとかなるものです。いわんやX2をや。

そういうわけで、X2には個人的にかなり食いついているのですが、試乗したのは、今回導入された中で一番高価な「xDrive20i MスポーツX」。4気筒2リッターガソリンターボ(192ps)の4WDでした。

ボディーの上屋部分を絞り込むことで、SUVでありながらスポーティーなフォルムとしている。
ボディーの上屋部分を絞り込むことで、SUVでありながらスポーティーなフォルムとしている。拡大
エアコンの操作パネルやセンタースクリーンは、ドライバー側に向けてレイアウトされている。
エアコンの操作パネルやセンタースクリーンは、ドライバー側に向けてレイアウトされている。拡大
「MスポーツX」では、座面と背もたれにファブリックを、サイドサポート部分にアルカンターラを使用したスポーツシートが標準装備となる。
「MスポーツX」では、座面と背もたれにファブリックを、サイドサポート部分にアルカンターラを使用したスポーツシートが標準装備となる。拡大
リアシートは3人掛け。グレーの表皮にイエローのステッチが組み合わされている。
リアシートは3人掛け。グレーの表皮にイエローのステッチが組み合わされている。拡大

ディーゼルはラインナップされず

当初導入されるX2は、すべてガソリンターボモデルで、20iの他には、3気筒1.5リッターターボ(140ps)を積む「sDrive18i」があり、そちらはFFのみ(20iは4WDのみ)。それぞれのエンジンに、スタンダードモデルとMスポーツXモデルがあるという、シンプルな構成になっています。

つまり、当面私が望んでいるディーゼルモデルはない。兄貴分のX4もガソリンモデルのみ。BMWの偶数モデルはディーゼルが導入されない可能性が高いようだ。でも本国にはバリバリ存在しているので、ひょっとしたらという期待はある。

とにかく、xDrive20i MスポーツXに試乗いたしましょう。

車両本体価格は515万円で、オプションの20インチタイヤ&ホイールが装着されておりました。20インチだもんなぁ。私が乗ってた「フェラーリ458イタリア」でも、ノーマルは19インチで、20インチはオプションだったんですが。

確かに大径ホイールは見た目がカッコいいし、走りもスポーティーになるけれど、このホイールサイズ拡大競争、いったいどこまで行くんだろう。ホイールがデカくなるほど乗り心地はキツくなり、タイヤ価格もバカ高くなるので、いい加減にしてほしいです。ちなみに私の320dは17インチ。それで十分だし、見た目も走りもバランスは大変いいと思っております。

そんな懸念を抱きつつ走りだすと、足まわりは意外なほどしなやかだった。20インチだけに多少突き上げはくるけれど、「固い!」という感じではない。近年のBMWのサスは本当にステキになった。こんなホイール履いて、Mスポーツサスペンションで、ランフラットでこの乗り心地。「レクサスLS」は爪のあかを煎じて飲んでくれ。これで17インチのスタンダードサスなら、腰があるのにマシュマロのようにフワフワと、超気持ちいいんじゃないか? そっちが本来のX2じゃないかと想像する。

フロントマスクのキドニーグリルには、上部よりも下部の輪郭のほうが長い(台形)スタイルを採用。BMWの資料には「過去に例のない形状」と記されている。
フロントマスクのキドニーグリルには、上部よりも下部の輪郭のほうが長い(台形)スタイルを採用。BMWの資料には「過去に例のない形状」と記されている。拡大
「xDrive20i」に搭載される2リッター直4ターボエンジンは、最高出力192ps、最大トルク280Nmを発生。ほかに1.5リッター直3ターボモデルもラインナップされる。
「xDrive20i」に搭載される2リッター直4ターボエンジンは、最高出力192ps、最大トルク280Nmを発生。ほかに1.5リッター直3ターボモデルもラインナップされる。拡大
「MスポーツX」には標準で19インチホイールが装備されるが、テスト車にはオプションの20インチが装着されていた。タイヤは「ピレリPゼロ」のランフラット。
「MスポーツX」には標準で19インチホイールが装備されるが、テスト車にはオプションの20インチが装着されていた。タイヤは「ピレリPゼロ」のランフラット。拡大
「2000CS」や「3.0CSL」といったBMWの往年のクーペモデルと同様に、Cピラーにもエンブレムが装着される。
「2000CS」や「3.0CSL」といったBMWの往年のクーペモデルと同様に、Cピラーにもエンブレムが装着される。拡大

思いのままに走れる

しかし、ワインディングロードを走る場合に限っては、このMスポーツサスペンションと20インチが生きてくる。ステアリングのレスポンスは実に気持ちよくダイレクトで、まさに思いのままという感じで走ってくれる。FRのBMWだと、どこかリアがツルッと行きそうな感覚があるが、FFやFFベースの4WDには、それがまったくない。ノーズがぐいぐいとインに入って、リアはビクともしない。

この思い通りに曲がってくれる感覚が私は大好きで、サーキットを攻めたりしない限り、FRモデルより上だと確信している。

ちなみにBMWのxDrive(4WD)は、ステアリングの角度やホイールの回転速度などの車両データから、オーバーステアやアンダーステアなどの兆候を察知し、瞬時に前後アクスルへの駆動トルクを可変配分する。ドリフトを楽しむとかは全然ムリですけど、日常ユース+αには、文句のつけようのない走りなのだ。

エンジンは、いつものアレです。下からトルクがあって痛快です。トップエンドではストレート6みたいな快感はないけれど、まったく文句ないです。

ただ、いまや同排気量のディーゼルと比べると、最高出力ですらほぼ互角(最大トルクは大差でディーゼル)なのも事実。燃料代の安さでは、言うまでもなく断然ディーゼルが上だ。やっぱりBMWは、FFベースのディーゼルがベストじゃないだろうか。320dでも、これまで平均でリッター17km走ってますから。X2にもぜひディーゼルをお願いします。

(文=清水草一/写真=向後一宏/編集=藤沢 勝)

「MスポーツX」には、スポーツ走行に適した「Mスポーツサスペンション」が標準装備となる。
「MスポーツX」には、スポーツ走行に適した「Mスポーツサスペンション」が標準装備となる。拡大
トランスミッションは8段ATを採用する。
トランスミッションは8段ATを採用する。拡大
インパネのセンターには8.8インチのタッチスクリーンが備わる。コネクテッド機能も充実しており、車載の通信モジュールを介して最新の天気予報(写真)やニュースなどの情報をいつでも表示できる。
インパネのセンターには8.8インチのタッチスクリーンが備わる。コネクテッド機能も充実しており、車載の通信モジュールを介して最新の天気予報(写真)やニュースなどの情報をいつでも表示できる。拡大
荷室の容量は470リッターから1355リッター。リアオーバーハングを削った分、「X1」(505リッターから1550リッター)よりも小さくなっている。
荷室の容量は470リッターから1355リッター。リアオーバーハングを削った分、「X1」(505リッターから1550リッター)よりも小さくなっている。拡大

テスト車のデータ

BMW X2 xDrive20i MスポーツX

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4375×1825×1535mm
ホイールベース:2670mm
車重:1620kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:192ps(141kW)/5000rpm
最大トルク:280Nm(28.6kgm)/1350-4600rpm
タイヤ:(前)225/40R20 94Y/(後)225/40R20 94Y(ピレリPゼロ)※ランフラットタイヤ
燃費:14.6km/リッター(JC08モード)
価格:515万円/テスト車=585万3000円
オプション装備:ボディーカラー<ガルバニックゴールド>(9万4000円)/グリッドクロスアンソラジット(0円)/セレクトパッケージ<電動パノラマガラスサンルーフ+ラゲッジコンパーメントネット+HiFiスピーカー>(18万6000円)/アドバンスドアクティブセーフティーパッケージ<BMWヘッドアップディスプレイ>(18万1000円)/20インチMライトアロイホイールダブルスポーク スタイリング717M(11万4000円)/電動フロントシート<運転席&助手席>(12万8000円)

テスト車の年式:2018年型
テスト開始時の走行距離:1282km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:--km/リッター

BMW X2 xDrive20i MスポーツX
BMW X2 xDrive20i MスポーツX拡大
 
BMW X2 xDrive20i MスポーツX(4WD/8AT)【試乗記】の画像拡大
関連キーワード
X2BMW試乗記
関連記事
関連サービス(価格.com)
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『Clubpyme』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事
here best-cooler.reviews

rtic mugs

top 10 best tv shows