「プジョー208」に充実装備の特別仕様車が登場

2018.07.24 自動車ニュース
「プジョー208テックパックエディション」
「プジョー208テックパックエディション」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年7月24日、コンパクトカー「プジョー208」に特別仕様車「テックパックエディション」を設定し、400台限定で販売を開始した。

 
「プジョー208」に充実装備の特別仕様車が登場の画像拡大
 
「プジョー208」に充実装備の特別仕様車が登場の画像拡大
 
「プジョー208」に充実装備の特別仕様車が登場の画像拡大

今回の特別仕様車は、上級グレード「アリュール」をベースにより装備を充実させたもので、208シリーズでは初となるバックアイカメラや、パークアシスト機能、Apple CarPlayに対応するスマートフォン接続機能「ミラースクリーン」、新デザインの16インチホイールなどが採用されている。

これらを含む特別装備は以下の通り。

  • バックアイカメラ
  • フロントソナー&パークアシスト(縦列駐車のみ)
  • 限定車エンブレム(左右フロントドア前部)
  • 16インチ新デザインアロイホイール
  • パノラミックガラスルーフ(10万円の有償オプション)
  • プジョーミラースクリーン

価格はアリュールから据え置きの237万円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
208, プジョー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • プジョー308アリュールBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2019.3.6 試乗記 プジョーのハッチバック車「308」がマイナーチェンジ。1.5リッターディーゼルターボエンジンに8段ATを組み合わせた、新たなパワートレインを手にした。効率性と環境性能、そして高いドライバビリティーを追い求めたという、その出来栄えやいかに!?
  • プジョーが「308」を改良 新型ディーゼルと8段ATを搭載 2018.12.17 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年12月17日、「プジョー308」に新型1.5リッタークリーンディーゼルエンジンと8段ATなどを採用したモデルを導入すると発表し、同日に販売を開始した。同時に、新エンジン搭載の特別仕様車「308 GTライン」を設定し、販売する。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • プジョー308GT BlueHDi(FF/6AT)/308SWアリュールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.12 試乗記 プジョーのクリーンディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「308」シリーズに試乗した。いよいよ上陸した“本場”のディーゼルの走りやいかに?
ホームへ戻る