【オートモビル カウンシル2018】日産、モータースポーツを軸にブースを出展

2018.07.24 自動車ニュース
「NISSAN Formula E カラーリングコンセプト」
「NISSAN Formula E カラーリングコンセプト」拡大

日産自動車は、千葉・幕張メッセで開催される自動車イベント「AUTOMOBILE COUNCIL 2018(オートモビル カウンシル2018)」(開催期間:8月3日~5日)において、モータースポーツの歴史をテーマに車両を展示する。

「ダットサン1000セダン『富士号』」(1958年)
「ダットサン1000セダン『富士号』」(1958年)拡大
「スカイライン2000GT-R」(1972年)
「スカイライン2000GT-R」(1972年)拡大
「日産MID4 II型(コンセプトカー)」(1987年)
「日産MID4 II型(コンセプトカー)」(1987年)拡大

今回、日産は本年が海外でのモータースポーツ活動を開始してから60年にあたることを記念し、「60 years of performance」をテーマにブースを出展。2018年のジュネーブモーターショーで公開した「NISSAN Formula E カラーリングコンセプト」を中心に、「 ダットサン1000セダン『富士号』」(1958年)、「スカイライン2000GT-R」(1972年)、「ニッサンMID4 II型(コンセプトカー)」(1987年)を展示するとしている。

なお日産MID4 II型については、2017年にフルレストアを実施。これは1987年の第27回東京モーターショーに出展してから初の修復作業にあたり、動態復元を果たしている。

(webCG)

関連キーワード:
オートモビル カウンシル2018, モーターショー, 日産, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事