第564回:夏休みシーズン到来!
VWグループのシュコダを自由研究

2018.07.27 マッキナ あらモーダ!

日本では無名でも世界展開中

筆者の知人マッシミリアーノ氏は、長年トヨタのセールスマンであった。

彼はトヨタの思想に心からほれ込んでいた。なにしろ左腕に「改善」の漢字タトゥーまで彫り込んで、座右の銘としていたほどだ。

しかし昨2017年、販売グループ内で、サラリーマンの宿命である人事異動が行われた。マッシミリアーノ氏の新たな持ち場は、トヨタショールームの隣に新設されたシュコダのショールームであった。

読者諸兄はシュコダをご存じだろうか。
 
フォルクスワーゲン(VW)グループを構成する12ブランドのひとつであり、チェコ共和国のムラダー・ボレスラフを本拠とする。現行ラインナップは7モデルで構成されている。日本ではなじみがない同ブランドだが、販売エリアは約100の国と地域に及ぶ。

生産はチェコのほか、VWグループのもと中国、スロバキア、ロシア、そしてインドで行われている。さらに現地企業との協力体制により、ウクライナ、カザフスタン、アルジェリアでもつくられている。

2017年の新車引き渡し台数は、全世界で前年比6.6%増の約120万台を記録した。販売台数トップは中国の32.5万台で、以下ドイツ17.3万台、チェコ9.5万台、英国8万台と続く。

ヨーロッパではタクシーやライドシェア車の需要も増えているから、すでに出張などの際にシュコダの最高級車「シュパーブ」のお世話になった読者もいるはずだ。

筆者が住むシエナのシュコダ販売店、エウロモトーリ。
筆者が住むシエナのシュコダ販売店、エウロモトーリ。拡大
シュコダの2018年ラインナップ。前列左から「シティゴー」「ファビア」「スパーブ」「オクタヴィア」「ラピッド」。後列左から「カロック」「コディアック」。
シュコダの2018年ラインナップ。前列左から「シティゴー」「ファビア」「スパーブ」「オクタヴィア」「ラピッド」。後列左から「カロック」「コディアック」。拡大
リアエンジン車である1964年「シュコダ1000MB」。6万台以上が旧東ドイツに輸出された。
リアエンジン車である1964年「シュコダ1000MB」。6万台以上が旧東ドイツに輸出された。拡大
「シュコダ105」。1976年から1990年に生産された。戦後社会主義時代のシュコダを代表するモデルである。
「シュコダ105」。1976年から1990年に生産された。戦後社会主義時代のシュコダを代表するモデルである。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。、(ともに二玄社)、、(ともに光人社)、(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事