ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(前編)

2018.07.26 谷口信輝の新車試乗 谷口信輝が今回試乗したのは、ジャガーのSUV第2弾となる「Eペース」。同ブランドならではの刺激的な走りが体感できるという“ベビージャガー”を、プロのレーシングドライバーは、どのように評価する?

クルマのつくりが古い?

今回、谷口信輝に試乗してもらったのは販売好調な「ジャガーFペース」の弟分にあたるEペースである。

「え? Eペースってジャガー初のEVじゃないの?」と思われたアナタ、その気持ちもよくわかるが、それは「Iペース」の勘違いである。じゃあ、なんでEペースじゃなくてIペースが電気自動車なんだと問われるとこっちが困るが、ジャガーのサルーンが上から順に「XJ」「XF」「XE」となるのと同じように、SUV系は(「Jペース」はまだないものの)Fペース、Eペースと順に名付けられていると考えていただければいいだろう。

ただし、エンジンを縦置きするFペースがXEやXFと基本が同じ最新プラットフォームを用いるのに対し、横置き式のEペースは同じグループ内の「レンジローバー イヴォーク」のプラットフォームを拝借する。もっとも、リアサスペンションはイヴォークのストラット式からEペースではインテグラルアーム式へとはるかに凝った形式に改められているので、「プラットフォームはイヴォークと共通」とひとことで片付けてしまうのは語弊がある。

ところが、谷口はこの点を鋭く指摘したのである。
「なんか、船に乗っているみたいに、ブワンブワンとしちゃいますね、このクルマ」

そうコメントした谷口とともにEペースに乗り込んでいつものワインディングロードを走ってみると、確かに路面のアンジュレーションをきっかけにしてボディーの上下動が始まり、これが収まりにくい傾向が確認できた。

「ゆっくりしたペースで走っていると、それなりにソリッドな足まわりに感じられるから意外なんですけど、ひょっとしてこのクルマは設計が古いんじゃないですか? 以前乗ったFペースでは、全然そんなことを感じなかったんですが」

 
ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(前編)の画像拡大
 
ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(前編)の画像拡大
 
ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(前編)の画像拡大
 
ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(前編)の画像拡大
ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4410×1900×1650mm/ホイールベース:2680mm/車重:1910kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:9段AT/最高出力:249ps(183kW)/5500rpm/最大トルク:365Nm(37.2kgm)/1300-4500rpm/タイヤ:(前)235/55R19 105W/(後)235/55R19 105W(グッドイヤー・イーグルF1アシンメトリック3)/価格:650万円
ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4410×1900×1650mm/ホイールベース:2680mm/車重:1910kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:9段AT/最高出力:249ps(183kW)/5500rpm/最大トルク:365Nm(37.2kgm)/1300-4500rpm/タイヤ:(前)235/55R19 105W/(後)235/55R19 105W(グッドイヤー・イーグルF1アシンメトリック3)/価格:650万円拡大

関連キーワード:
Eペース, ジャガー

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.27 試乗記 ジャガーブランドの新型SUV「Eペース」は、ほかのメーカーが手がけるコンパクトSUVと何が違う? 新世代のガソリンターボエンジンを搭載する「R-DYNAMIC SE P250」に試乗して、その乗り味をチェックした。
  • 2代目となる新型「レンジローバー イヴォーク」がデビュー 2018.11.23 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーが新型「レンジローバー イヴォーク」を発表した。デザインは従来モデルのクーペスタイルをよりモダンに進化させたもの。シャシーには新世代のエンジン横置きプラットフォームを採用しており、将来的にはPHEVの導入も予定している。
  • 「日産リーフe+」発表会の会場から 2019.1.9 画像・写真 ノーマルモデルからバッテリー容量が55%、一充電あたりの航続可能距離が43%、モーターの最高出力が45%それぞれアップした、2代目「日産リーフ」の真打ちともいえる「リーフe+(イープラス)」がいよいよデビュー! 発表会の様子を写真とともにリポートする。
  • メルセデス・ベンツC220dステーションワゴン アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2018.12.12 試乗記 フルモデルチェンジに匹敵するほどの大幅改良を受けた「メルセデス・ベンツCクラス」。新世代ディーゼルエンジンが搭載された「C220dステーションワゴン」の試乗を通し、新しい技術や装備を矢継ぎ早に投入する、メルセデス・ベンツの戦略に触れた。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.4 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、同社史上最強のSUVが「レンジローバー スポーツSVR」である。従来モデルを出力で25ps上回る、過給機付き5リッターV8エンジンの実力を確認する。
ホームへ戻る