第175回:極寒の雪原では都会派高級SUVが立ちすくむ
『ウインド・リバー』

2018.07.27 読んでますカー、観てますカー

日本人の知らないアメリカを描く

日本人にとって、アメリカは特別な存在である。アメリカから来た黒船が明治の世をもたらし、大正に入るとハリウッド映画が大衆的人気を得た。第2次世界大戦では敵になったが、敗戦を迎えると圧倒的に豊かなアメリカ人の生活に人々は憧れるようになる。進駐軍が去っても日米同盟の強固な関係は保持され、経済の結びつきも発展していった。ファッションや食をはじめとする文化面でも、日本はアメリカの強い影響下にあり続けた。

だから、今も日本人はアメリカのことをよく知っている。どんなスポーツが好きで、どんな音楽が流行しているかがわかるし、地名や人名にも詳しい。お隣の韓国や中国以上に近しい存在である。しかし、日本人がイメージするのはニューヨークやロサンゼルスなどの都会だ。田舎町に行くと人も風景もまったく別物で、何も理解していなかったことを思い知らされる。

『ウインド・リバー』が描くのは、さらに想像を絶する状況に置かれている土地だ。いわゆるインディアン居留地、先住民のネイティブアメリカンが暮らす地域である。ウインド・リバー居留地はアメリカ中西部のワイオミング州に位置する。三方を険しい山脈に囲まれた盆地にあり、自然環境は過酷だ。冬は雪に閉ざされ、気温はマイナス30度まで下がる。

映画は、ネイティブアメリカンの少女が雪原の中で死亡していた事件を描く。フィクションではあるが、事実からインスパイアされた物語だ。この地域では、実際に少女への性犯罪や暴行、そして殺人事件が後を絶たないという現実がある。

(C)2016 WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
(C)2016 WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.拡大
 
第175回:極寒の雪原では都会派高級SUVが立ちすくむ『ウインド・リバー』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事