第29回:アウトバーンとハイウェイ
ドイツとアメリカの高速道路構想

2018.08.02 自動車ヒストリー ドイツのアウトバーンとアメリカのハイウェイ――。近代的な自動車道路網の原点となった2つの“道”は、しかし全く異なる設計思想を具現したものだった。両者の完成に至る歴史を、日本における高速道路網拡充の経緯を交えて紹介する。

自動車の急増で専用道路が必要に

2018年6月2日、東京外かく環状道路(外環道)の千葉区間が開通した。三郷南ICから高谷JCTがつながったことにより、常磐道、東北道、関越道から京葉道路や東関東道に抜けることができるようになったのだ。首都高を経由するより所要時間が約26分短縮されると考えられている。首都高に流入するクルマの数が減ることで、渋滞解消にも役立つはずだ。2015年には圏央道の寒川北−海老名間がつながり、首都高速の中央環状線が全線開通している。高速道路が開通することで、下道も含めた交通事情は大きく変わる。10年前に比べれば、首都高の渋滞は目に見えて少なくなった。

高速道路の設置は、国土と都市の発展にとって重要な要素になっている。人と物は、高速道路に沿って移動するからだ。デザイン次第で物流をコントロールし、都市の景観も変化させることができる。そのことにいち早く気づいたのが、1933年に発足したドイツのナチス政権だった。国策として、アウトバーン建設が進められたのである。アウトバーンとは、自動車専用道路という意味を持つドイツ語だ。

自動車専用道路の必要性は、ドイツだけで生じていたわけではない。先進諸国では20世紀に入って自動車の数が急増したが、道路の整備は進んでいなかった。未舗装の道路には深いわだちが刻まれ、雨が降ればぬかるみになって走行を妨げる。路上には歩行者、馬、自動車が混在しているから事故が起こりやすい。自動車の性能が向上しても、それを生かすことが難しかった。

ヨーロッパにおける自動車専用道路建設では、イタリアが先行した。1924年にミラノからヴァレーセまでの約50kmに、交差点のない幅10mのアウトストラーダを完成させている。同じような道が続々と建設され、1935年までに478kmが開通した。イタリアではファシスト党が政権を掌握しており、道路建設には独裁者ムッソリーニの強力なバックアップがあった。彼は古代ローマの道路建設を継承する意図を持っていたといわれる。

ドイツのアウトバーンにも、ナチスの独裁政権が大きく関わっている。強権を発動できる体制は、大規模な工事を強引に進めるのに好都合だった。ヒトラーが自動車マニアだったことも、道路建設を重視する原因になったとされている。側近のヒムラーやゲーリングも熱狂的なモータースポーツファンだった。

外環道はそれまで東京の大泉JCTから埼玉の三郷南ICまでしか開通していなかったが、2018年6月に千葉の高谷JCTまでが開通。首都高速湾岸線・東関東自動車道と接続した。今後は大泉JCTから先の建設と、中央自動車道、東名高速道路、第三京浜道路、首都高速湾岸線との接続が予定されている。
外環道はそれまで東京の大泉JCTから埼玉の三郷南ICまでしか開通していなかったが、2018年6月に千葉の高谷JCTまでが開通。首都高速湾岸線・東関東自動車道と接続した。今後は大泉JCTから先の建設と、中央自動車道、東名高速道路、第三京浜道路、首都高速湾岸線との接続が予定されている。拡大
1920年代におけるドイツ郊外の道路の様子。自動車発祥の地であるドイツでさえ、当時は写真のような未舗装の道路が大部分を占めていた。
1920年代におけるドイツ郊外の道路の様子。自動車発祥の地であるドイツでさえ、当時は写真のような未舗装の道路が大部分を占めていた。拡大
制服姿の男性らが乗る「アルファ・ロメオRL」。1920年代のイタリアは、国策として自動車の製造業や道路整備、モータースポーツを強力にバックアップしていた。
制服姿の男性らが乗る「アルファ・ロメオRL」。1920年代のイタリアは、国策として自動車の製造業や道路整備、モータースポーツを強力にバックアップしていた。拡大
1935年6月16日にドイツ・ニュルブルクリンクで行われたインターナショナル・アイフェル・レースの様子。ナチスは国威発揚のためにモータースポーツを積極的に支援。当時のグランプリではメルセデス・ベンツやアウトウニオンがレースを席巻していた。
1935年6月16日にドイツ・ニュルブルクリンクで行われたインターナショナル・アイフェル・レースの様子。ナチスは国威発揚のためにモータースポーツを積極的に支援。当時のグランプリではメルセデス・ベンツやアウトウニオンがレースを席巻していた。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事