第176回:旧型のM5でパリの凱旋門を駆けぬける歓び
『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

2018.08.02 読んでますカー、観てますカー

元妻まで登場するオールスターキャスト

トム・クルーズが『ミッション:インポッシブル』シリーズをリスタートさせたのは1996年。第1作で披露したぶら下がりアクションは、今やモノマネ芸の定番になっている。あれから22年、回を重ねるごとに作戦の不可能度はアップし続けている。第6作の『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』は、ヘリコプターを使った超絶バトルが見せ場だ。

映画の冒頭では嵐の夜に不気味な男がイーサン・ハントの隠れ家にやってくる。合言葉という超クラシックな手法で本人確認を行い、渡されたのは『オデュッセイア』。本の中にはテープが仕込まれていて、再生すると今回のミッションが指令される。終了すると自動的に消滅するのは、TVシリーズからのお約束だ。作戦遂行にはデジタル機器が駆使されるようになってきたのに、この部分だけは昔のままである。

イーサンが率いる極秘諜報(ちょうほう)機関IMF(Impossible Mission Force)のチームに与えられた任務は、盗まれたプルトニウムを奪回すること。複数の都市で同時に核爆発を起こして世界を大混乱に陥れる陰謀が進められているらしい。相棒としてベンジー(サイモン・ペッグ)とルーサー(ヴィング・レイムス)というおなじみの2人がイーサンをサポートする。前回初めて登場したMI6の諜報員イルサ(レベッカ・ファーガソン)や、シンジケートのボスであるソロモン・レーン(ショーン・ハリス)も再登板。イーサンの元妻ジュリア(ミシェル・モナハン)まで復帰するというオールスターキャストである。

加えて謎の女“ホワイト・ウィドウ”やらCIAから派遣された監視役のウォーカー(ヘンリー・カヴィル)やらという正体不明のキャラクターがゴソゴソ出てくるので、ストーリーについていくのが大変だ。登場人物たちのセリフをしっかり追っていかないと取り残されてしまう。

(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.拡大
 
第176回:旧型のM5でパリの凱旋門を駆けぬける歓び『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の画像拡大
 
第176回:旧型のM5でパリの凱旋門を駆けぬける歓び『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の画像拡大
 
第176回:旧型のM5でパリの凱旋門を駆けぬける歓び『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事