ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(後編)

2018.08.02 谷口信輝の新車試乗 ピュアスポーツカー「Fタイプ」と共通のディテールが与えられた、ジャガーのSUV「Eペース」。そのルックスや居住性に対して谷口信輝はどんな印象をいだいたのか、率直な感想をお伝えする。

ひと工夫で美人になれる

走りの質をチェックした前編は、やや厳しい内容となった谷口信輝の「ジャガーEペース」評。後編では、そのデザインやスペースユーティリティーなどについて話を聞こう。

「うーん、ちょっと殺風景じゃないですか」

ダッシュボード周辺を眺めながら、谷口はそう語った。「どこか間が抜けているというか、なにかが足りないというか。なんか、最近デビューしたクルマとは思えないですね」

いやいや、Eペースはジャガーの新作、2018年になってから国内デビューを果たしたばかりのニューモデルである。とはいえ、谷口が言いたいこともわからなくはない。特に助手席正面のグローブボックス周りには何かしらのアクセントがあってもいいだろう。

これもまた私の経験談ながら、以前試乗した赤と黒の2トーンインテリアは色合いのコントラストも明快で実にスタイリッシュに思えた。また、試乗車の「R-DYNAMIC SE」よりもうひとつ上の「R-DYNAMIC HSE」というグレードであればシートに用いられているレザーの手触りもソフトで質感は高い。いずれにせよ、最近ジャガーはエクステリアやインテリアのカラー、素材、装備などを自分好みにチョイスできるカスタマイズ(パーソナライゼーション)にも力を入れているので、この辺の印象はオーダー次第で大きく変化する可能性があることを付け加えておきたい。

続いてエクステリアデザインについて語ってもらった。
「うーんと、もうちょっと格好よくしたいかな」

 
ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(後編)の画像拡大
 
ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(後編)の画像拡大
 
ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(後編)の画像拡大
 
ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(後編)の画像拡大

ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4410×1900×1650mm/ホイールベース:2680mm/車重:1910kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:9段AT/最高出力:249ps(183kW)/5500rpm/最大トルク:365Nm(37.2kgm)/1300-4500rpm/タイヤ:(前)235/55R19 105W/(後)235/55R19 105W(グッドイヤー・イーグルF1アシンメトリック3)/価格:650万円


	ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4410×1900×1650mm/ホイールベース:2680mm/車重:1910kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:9段AT/最高出力:249ps(183kW)/5500rpm/最大トルク:365Nm(37.2kgm)/1300-4500rpm/タイヤ:(前)235/55R19 105W/(後)235/55R19 105W(グッドイヤー・イーグルF1アシンメトリック3)/価格:650万円
	拡大

関連キーワード:
Eペース, ジャガー

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.27 試乗記 ジャガーブランドの新型SUV「Eペース」は、ほかのメーカーが手がけるコンパクトSUVと何が違う? 新世代のガソリンターボエンジンを搭載する「R-DYNAMIC SE P250」に試乗して、その乗り味をチェックした。
  • 2代目となる新型「レンジローバー イヴォーク」がデビュー 2018.11.23 自動車ニュース 英ジャガー・ランドローバーが新型「レンジローバー イヴォーク」を発表した。デザインは従来モデルのクーペスタイルをよりモダンに進化させたもの。シャシーには新世代のエンジン横置きプラットフォームを採用しており、将来的にはPHEVの導入も予定している。
  • 「日産リーフe+」発表会の会場から 2019.1.9 画像・写真 ノーマルモデルからバッテリー容量が55%、一充電あたりの航続可能距離が43%、モーターの最高出力が45%それぞれアップした、2代目「日産リーフ」の真打ちともいえる「リーフe+(イープラス)」がいよいよデビュー! 発表会の様子を写真とともにリポートする。
  • メルセデス・ベンツC220dステーションワゴン アバンギャルド(FR/9AT)【試乗記】 2018.12.12 試乗記 フルモデルチェンジに匹敵するほどの大幅改良を受けた「メルセデス・ベンツCクラス」。新世代ディーゼルエンジンが搭載された「C220dステーションワゴン」の試乗を通し、新しい技術や装備を矢継ぎ早に投入する、メルセデス・ベンツの戦略に触れた。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.4 試乗記 ジャガー・ランドローバーのビスポーク部門「スペシャルヴィークルオペレーションズ(SVO)」が手がけた、同社史上最強のSUVが「レンジローバー スポーツSVR」である。従来モデルを出力で25ps上回る、過給機付き5リッターV8エンジンの実力を確認する。
ホームへ戻る