第565回:朽ち果てたボディーに往時の姿を巡らせる
イタリア版・廃車のある風景

2018.08.03 マッキナ あらモーダ!

未再生が流行中

ヨーロッパのヒストリックカー界では「未再生車」が流行中である。きっかけは2015年のパリにおけるヒストリックカーショー「レトロモビル」で、死蔵されていた車両59台がオークションで一気に放出されたことだろう。

車両の元オーナーであるバイヨン家は第2次大戦後、危険物輸送の排他的営業権をもとに莫大(ばくだい)な利益を得た。一族は自動車博物館を建てるべく、1950年代からこつこつとクルマを収集した。しかし後年事業が行き詰まり、以後40年近くコレクションは草に埋もれてしまっていたのだ。

2018年5月にドイツ・エッセンで行われた「テヒノクラシカ」では、前年までの「ポルシェ911」市場の熱狂にかわり、未再生車がスターとなった。同年5月にイタリア・コモで開催された「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」でも、「自動車考古学の80年」という名前で未再生車の部門が設けられ、5台がエントリーした。

今や多くのオークショネアーたちが、知られざるコレクションを発掘すべく、情報のアンテナを貼り巡らせているに違いない。

2015年の「レトロモビル」で。59台の未再生車が一気にオークションにかけられた。写真はソーチックボディーの1949年「タルボ・ラーゴT26」。
2015年の「レトロモビル」で。59台の未再生車が一気にオークションにかけられた。写真はソーチックボディーの1949年「タルボ・ラーゴT26」。拡大
2018年のエッセン・テヒノクラシカで。1951年「フォルクスワーゲン・ビートル」には3万9000ユーロ(約510万円)のプライスタグが。
2018年のエッセン・テヒノクラシカで。1951年「フォルクスワーゲン・ビートル」には3万9000ユーロ(約510万円)のプライスタグが。拡大
同じ会場で。アメリカ製キットカー、1964年「デヴィン」は、3万4500ユーロ(451万円)。
同じ会場で。アメリカ製キットカー、1964年「デヴィン」は、3万4500ユーロ(451万円)。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。、(ともに二玄社)、、(ともに光人社)、(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事