第516回:電動化は? スピードスターの発売は?
ポルシェ911の気になる“これから”をキーマンに聞いた

2018.08.09 エディターから一言
ポルシェミュージアムで発表された「ポルシェ911スピードスター コンセプト」。
ポルシェミュージアムで発表された「ポルシェ911スピードスター コンセプト」。拡大

満を持して“ピュアEV”の市販車名を発表すると同時に、古典的な走る楽しさを追求した「911スピードスター」の発売も示唆。未来を見据えつつ、クルマ本来の魅力も大切にするポルシェの“これから”を、スポーツカー戦略のキーマンに聞いた。

ポルシェのスポーツカー誕生70周年に合わせ、シュトゥットガルトのポルシェミュージアムでは、特別展を含むさまざまなイベントが行われた。
ポルシェのスポーツカー誕生70周年に合わせ、シュトゥットガルトのポルシェミュージアムでは、特別展を含むさまざまなイベントが行われた。拡大
特別展が行われた館内の様子。写真手前に写るのは、1948年に誕生したポルシェ初のスポーツカー「356」の“第1号車”である。
特別展が行われた館内の様子。写真手前に写るのは、1948年に誕生したポルシェ初のスポーツカー「356」の“第1号車”である。拡大
70周年イベントでは、これまで「ミッションE」と呼ばれていたピュアEVの市販車名が、「タイカン」となることがアナウンスされた。
70周年イベントでは、これまで「ミッションE」と呼ばれていたピュアEVの市販車名が、「タイカン」となることがアナウンスされた。拡大
「911スピードスター コンセプト」について、ポルシェは「反響によっては市販化するかもしれない」としているが……。
「911スピードスター コンセプト」について、ポルシェは「反響によっては市販化するかもしれない」としているが……。拡大

70周年に合わせて発表された2つのサプライズ

2018年6月8日、ドイツ・シュトゥットガルトにあるポルシェミュージアムで、ポルシェのスポーツカー誕生70周年を記念したイベントが盛大に行われた。そこでは、2つのサプライズが用意されていた。

70周年イベントでポルシェAGのオリバー・ブルーメ社長が発表した1つ目のサプライズは、ポルシェ初の純粋な電気自動車「ミッションE」の市販車名が「Taycan(タイカン)」であることだった。そして2つ目は、イベントの終盤で行われた「911スピードスター コンセプト」のワールドプレミア(世界初公開)だった。

“スピードスター”は単なるオープンカーではない。オープントップと優れたドライビングダイナミクスを兼ね備えた特別なモデルにのみ与えられる名称だ。1952年に誕生した「356 1500アメリカロードスター」を起源とし、1957年の「356A 1500GSカレラGTスピードスター」、1988年の初代「911スピードスター」、2010年に356台のみ生産された“タイプ997”の「911スピードスター」など、過去に8つのモデルが“スピードスター”の名で造られた。

最新の911スピードスター コンセプトは、傾斜が強くなったフロントウィンドウや縮められたサイドウィンドウ、ダブルバブルのリアカバーなど、356にはじまる過去のスピードスターの特徴を再現。徹底した軽量化のため、リアカバーはカーボンファイバー製で、内装からはナビゲーションやラジオに加え、エアコンまでもが省かれている。

シャシーやエンジンは「911 GT3」に由来するもので、最高出力500psを発生する水平対向6気筒に6段マニュアルトランスミッションを組み合わせる。そして、伝統的なフックスデザインのセンターロック式21インチホイールや、チタン製マフラーを装着していた。

会場を訪れていた“ミスター911”と呼ばれる911、718モデルライン担当副社長アウグスト・アッハライトナー氏に、このコンセプトカーに込めた思いを聞いた。

あなたにおすすめの記事
新着記事