第517回:マクラーレンのキーマンが語る
新型車「600LT」の魅力とこれからの日本戦略

2018.08.10 エディターから一言
「マクラーレン600LT」と、今回話を伺った英マクラーレン・オートモーティブのアレックス・ロング氏(右)、マクラーレン・オートモーティブ・アジアの正本嘉宏氏(左)。
「マクラーレン600LT」と、今回話を伺った英マクラーレン・オートモーティブのアレックス・ロング氏(右)、マクラーレン・オートモーティブ・アジアの正本嘉宏氏(左)。拡大

2018年7月30日、英グッドウッドで発表されたばかりの「マクラーレン600LT」が東京・渋谷でアジア初公開された。ニューモデルの600LTとはどんなクルマで、マクラーレンは日本をどのような市場と捉えているのか? 2人のキーマンに聞いた。

「540C」や「570S」などが属する“スポーツシリーズ”のなかでも、特に動力性能に特化したモデルとして登場した「600LT」。2018年の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で世界初公開された。
「540C」や「570S」などが属する“スポーツシリーズ”のなかでも、特に動力性能に特化したモデルとして登場した「600LT」。2018年の「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で世界初公開された。拡大
インテリアで特に目を引くカーボンファイバー製のシート。「600LT」はエンジンの出力アップに加え、大幅な軽量化と空力性能の向上によってパフォーマンスを高めたモデルなのだ。
インテリアで特に目を引くカーボンファイバー製のシート。「600LT」はエンジンの出力アップに加え、大幅な軽量化と空力性能の向上によってパフォーマンスを高めたモデルなのだ。拡大
マクラーレン・オートモーティブのアレックス・ロング コマーシャルオペレーションズダイレクター。コマーシャルとプロダクトの両方に関わる人物で、商品戦略から商品開発の監修、発表にいたる広範な分野において責任者を担っている。
マクラーレン・オートモーティブのアレックス・ロング コマーシャルオペレーションズダイレクター。コマーシャルとプロダクトの両方に関わる人物で、商品戦略から商品開発の監修、発表にいたる広範な分野において責任者を担っている。拡大

“LT”が示した新しいマクラーレンの魅力

――アレックス・ロングさんに伺います。600LTを世に送り出すうえで、アレックスさんはどんな役割を果たしたのですか?

アレックス・ロング氏(以下、ロング):弊社には7人で構成される「ジュリーパネル」(評価委員会)があり、私はセールス&マーケティングの立場でこの委員会に参加しています。他の商品もそうですが、600LTが最初の企画書どおりに開発が進められているかどうかを常に検証するのがジュリーパネルの役割です。

――600LTの構想はいつごろ持ち上がったのですか?

ロング:「570S」を発売した2015年に、ロングテールの「675LT」を発表しました。この675LTは発表からわずか2週間で完売する成功作になりました。と同時に、マクラーレンの新たな一面を示すことになったのです。LTの特徴であるよりパワフルなエンジンや優れたエアロダイナミクス、そして軽量化が、もともとマクラーレンが誇る精緻さ、正確さに加えて、運転する楽しさ、ドライバーの高揚感を浮き彫りにしたのです。そこで、570Sのモデルサイクルの終わりに、新たなLTモデルを発売しようと考えました。そしていま、この600LTの発売にこぎ着けたというわけです。

――車両開発におけるマクラーレンらしさはどこにありますか?

ロング:それは開発のスピードです。少人数のテストドライブチーム、エンジニアのチームで開発を行っているため、最新技術を素早く次の開発車両に取り入れることができます。実際、昨年発売した「720S」や今年発売した「セナ」で培った技術をこの600LTに盛り込むことができました。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マクラーレン・セナ 2018.2.13 画像・写真 英マクラーレンはジュネーブショー2018で“アルティメットシリーズ”の最新作「セナ」を発表する。800psの4リッターV8ツインターボエンジン搭載。500台の限定車で、車両価格は67万5000ポンド(約1億0100万円)。その姿を画像で紹介する。
  • ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.4.3 試乗記 ベントレーの4シーターオープン「コンチネンタルGTコンバーチブル」の3代目がデビュー。同じグループ内のポルシェが手がけたというモジュールプラットフォームを採用した新型は、どのような進化を遂げたのだろうか。スペイン・アンダルシアで試乗した。
  • ジャガーIペース ファーストエディション(4WD)/IペースSE(4WD)【試乗記】 2019.4.4 試乗記 いよいよ日本に導入された、ジャガーの100%電気自動車(EV)「Iペース」。エンジンを搭載しないEVならではのスタイリングをまとうニューモデルは、スポーツカーを出自とするジャガーの名に恥じないクルマに仕上がっていた。
  • ベントレー・コンチネンタルGTコンバーチブル(4WD/8AT)【海外試乗記】 2019.3.12 試乗記 「ベントレー・コンチネンタルGT」をベースとしたオープントップモデルが、3代目にモデルチェンジ。名称も新たに「GTコンバーチブル」となった4シーターフルオープンは、どのような進化を遂げているのか? スペインはアンダルシアで西川 淳が試した。
  • マクラーレン720Sスパイダー(MR/7AT)【海外試乗記】 2019.3.1 試乗記 マクラーレンの新たなオープントップモデル「720Sスパイダー」に試乗。先行デビューしたクーペ「720S」とは違ったドライビングプレジャーや、両車に共通する走りの特徴について、アメリカ・アリゾナ州から報告する。
ホームへ戻る