トヨタ・クラウン2.5 G(前編)

2018.08.09 谷口信輝の新車試乗 「さらなる走りの進化」をうたう15代目「トヨタ・クラウン」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。長年にわたり販売されてきた高級セダンの最新型を、第一線で活躍するプロはどのように評価する?

この乗り味を例えるなら……

今回、谷口信輝に試乗してもらうのは、先ごろ15代目に生まれ変わったばかりのトヨタ・クラウンである。

従来、「ロイヤル」「アスリート」「マジェスタ」とあったラインナップを6ライトの4ドアセダンで一本化した新型クラウンだが、パワートレインは2リッター直4ターボ、2.5リッター直4ハイブリッド、3.5リッターV6マルチステージハイブリッドの3種類が用意される。

今回は、この中で主力となることが期待されている2.5リッター直4ハイブリッドを積む「2.5 G」というグレードを用意した。車両本体価格は562万1400円。シートベンチレーションを含む「レザーシート・パッケージ」(約30万円)、高度な運転支援装置(12万5000円ほど)などのオプションを含んだ総価格は641万2500円となる。

本連載の取材では、カメラマンが撮影ポイントに立つと谷口が試乗を開始し、撮影が終わったところで谷口が試乗基地に帰着。そこで試乗車に関するコメントを語ってもらう段取りになっているが、クラウンの試乗では撮影が終了していったんは基地に戻ってきたものの、「やっぱり、もうちょっと乗りたい」と言って谷口が再びワインディングロードに戻るという珍しい事態が起きた。いったい、谷口はクラウンからなにを感じ取ったのだろうか?

「あらためて乗り直したのは、最初の試乗だけではこのクルマのよさがつかみとれなかったからです」

では、2度目の試乗を終えたいまは、新型クラウンの特徴を把握できたのだろうか?
「はい、見つけましたよ。このクルマのいいところを……」

 
トヨタ・クラウン2.5 G(前編)の画像拡大
 
トヨタ・クラウン2.5 G(前編)の画像拡大
 
トヨタ・クラウン2.5 G(前編)の画像拡大
 
トヨタ・クラウン2.5 G(前編)の画像拡大
トヨタ・クラウン2.5 G
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4910×1800×1455mm/
ホイールベース:2920mm/車重:1750kg/駆動方式:FR/エンジン:2.5リッター直4 DOHC 16バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:184ps(135kW)/6000rpm/エンジン最大トルク:221Nm(22.5kgm)/3800-5400rpm/モーター最高出力:143ps(105kW)/モーター最大トルク:300Nm(30.6kgm)/システム総合出力:226ps(166kW)/タイヤ:(前)215/55R17 94V/(後)215/55R17 94V(ヨコハマ・ブルーアースGT)/価格:562万1400円
トヨタ・クラウン2.5 G
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4910×1800×1455mm/
	ホイールベース:2920mm/車重:1750kg/駆動方式:FR/エンジン:2.5リッター直4 DOHC 16バルブ/モーター:交流同期電動機/トランスミッション:CVT/エンジン最高出力:184ps(135kW)/6000rpm/エンジン最大トルク:221Nm(22.5kgm)/3800-5400rpm/モーター最高出力:143ps(105kW)/モーター最大トルク:300Nm(30.6kgm)/システム総合出力:226ps(166kW)/タイヤ:(前)215/55R17 94V/(後)215/55R17 94V(ヨコハマ・ブルーアースGT)/価格:562万1400円拡大

関連キーワード:
クラウン ロイヤル, クラウン アスリート, クラウン マジェスタ, トヨタ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン2.0 RSアドバンス(FR/8AT)【試乗記】 2018.9.4 試乗記 新しいユーザー層に訴求すべく、従来モデルとは趣を異にするパーソナル志向のセダンとして登場した15代目「トヨタ・クラウン」。その中でも、最もドライバーオリエンテッドな2リッターターボの「RSアドバンス」に試乗し、変革の成果を確かめた。
  • トヨタ・クラウン2.5 G(FR/CVT)【試乗記】 2018.9.25 試乗記 トヨタの王道を行くモデルとして1955年以来という長い歴史を持つ「クラウン」が、15代目にして大きな方向転換を行った。クーペライクなエクステリアデザインからも分かるように、狙いはズバリ“ユーザーの若返り”である。覚悟を持って断行したモデルチェンジは成功したのか?
  • トヨタ・カローラ スポーツG(FF/CVT)【試乗記】 2018.8.15 試乗記 歴史ある「カローラ」の名が与えられた、トヨタの新型ハッチバック「カローラ スポーツ」。先進の装備がセリングポイントであるものの、試乗して何より感心したのは、クルマとしての基本的な作りのよさだった。
  • トヨタ・クラウン2.5 G/クラウン3.5 Gエグゼクティブ/クラウン2.0 RSアドバンス【試乗記】 2018.7.11 試乗記 先代まではオーナーの平均年齢が60歳を軽く超えていたという「トヨタ・クラウン」。このほど発売された新型には、ユーザーの若返りという使命が託された。40代半ばを超えたばかりのモータージャーナリスト塩見 智は、新型をどう評価する?
  • トヨタ・プリウスA“ツーリングセレクション”(FF/CVT)/プリウスE(FF/CVT)【レビュー】 2016.1.22 試乗記 ハイブリッドカーの先駆けである「トヨタ・プリウス」が4代目にフルモデルチェンジ。シリーズ最高で40.8km/リッター(JC08モード)という燃費性能や、このクルマで初採用されたトヨタの次世代技術「TNGA」など、話題満載の新型の走りをリポートする。
ホームへ戻る