日本が生んだ孤高のサルーン
新型「センチュリー」はここがすごい!

2018.08.10 デイリーコラム

2018年7月、トヨタ自動車の東京本社で新型「センチュリー」の車両説明会が開かれ、後席の体験試乗も行われた。その説明会に参加して思ったことは……。

世界屈指の大型セダン

新型「トヨタ・センチュリー」のボディーサイズは全長×全幅×全高=5335×1930×1505mm、ホイールベース3090mm。先代(5270×1890×1475mm、3025mm)より長く、幅広く、高くなり、ホイールベースこそ現行「レクサスLS」(3125mm)より短いが、絶対的なサイズでは文句なしに国産量産乗用車史上最大である。そしてセダンとしては、今や世界規模で見ても相当に大きな部類なのだ。

アメリカ車のフラッグシップがセダンからSUVに移り、アメリカ製大型セダンが消えつつある今、世界最大のセダンは全長5770mmの「ロールス・ロイス・ファントム」だろう。「ファントム」の下に位置する通称ベビー・ロールスこと「ゴースト」の標準ボディーでさえ、全長×全幅×全高=5400×1950×1550mmとセンチュリーより少々大きい。やはりロールスは別格的存在なのである。

ファントムに次ぐのは「ベントレー・ミュルザンヌ」(全長5575mm)と「メルセデス・マイバッハSクラス」(同5465mm)だが、現在のマイバッハは先代にあたる専用ボディーを持つ「マイバッハ57/62」とは異なり、「メルセデス・ベンツSクラス」のストレッチ版。絶対的な寸法ではセンチュリーを上回るものの、位置づけとしては微妙である。というわけで、新型センチュリーは専用ボディーを持つセダンとしては、今や世界屈指の大きさを誇るモデルなのだ。

また新型センチュリーは、正面からショーファーカー(運転手付きのクルマ)専用モデルとうたっており、実際の需要もほぼ100%がショーファーカーである。ちなみにロールス・ロイスの場合は、ゴーストでは半分近くがドライバーズカーで、ファントムでもドライバーズカーとして使われている例があるという。つまり、ショーファーカー専用モデルという意味でも、センチュリーは世界有数のモデルなのである。

今や世界的にもレアな存在である、ショーファーカー専用モデルの新型「トヨタ・センチュリー」。2018年6月にデビューした。
今や世界的にもレアな存在である、ショーファーカー専用モデルの新型「トヨタ・センチュリー」。2018年6月にデビューした。拡大
新型「センチュリー」のリアビュー。
新型「センチュリー」のリアビュー。拡大
現在世界最大のセダンは、全長5770mmの「ロールス・ロイス・ファントム」。写真はそのストレッチ版となる「ファントム エクステンデッドホイールベース」で、ボディーサイズは全長×全幅×全高=5990×2020×1645mm。
現在世界最大のセダンは、全長5770mmの「ロールス・ロイス・ファントム」。写真はそのストレッチ版となる「ファントム エクステンデッドホイールベース」で、ボディーサイズは全長×全幅×全高=5990×2020×1645mm。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る