トヨタの「オーリス」と「エスティマ」が兄弟車!?
プラットフォームの共通化について考える

2018.08.22 デイリーコラム

どこからどこまでがプラットフォーム?

最近よく、「プラットフォームの共通化」という言葉が聞かれる。トヨタとBMWが共同で開発を進めている次期型「スープラ」と「Z4」も、同じプラットフォームを使う。

プラットフォームは「車台」などと訳されるが、その定義は意外と曖昧だ。チーフエンジニアと商品開発担当者は「プラットフォームを一新した」というのに、同じ車種の足まわり担当者は「プラットフォームは先代型を踏襲して、サスペンションは新規開発」と表現することもある。

これは解釈の違いだ。ボディーの底面には骨格が配置され、前後方向のサイドメンバーと左右方向のクロスメンバーがある。この部分だけをプラットフォームとすれば、サスペンションとその取り付け部分の変更は、プラットフォームの一新にならない。

しかしサスペンションまでプラットフォームに含めると、サイドメンバーやクロスメンバーが先代型と同じでも、プラットフォームの一新と表現される。

ちなみにプラットフォームという言葉が使われ始めたのは1990年代の後半だ。走行安定性や衝突安全性など、安全面への関心が高まってプラットフォームという言葉が使われるようになった。1998年に発売された9代目の「日産サニー」では、プラットフォームをエンジンまで含めた走行メカニズム全般を示す言葉としていた。

このようにプラットフォームの解釈が分かれる理由は、厳密に定義しても意味がないからだ。抜本的に軽量化する時などは車両のすべてを造り変えるから、プラットフォームの一新になる。

しかし実際は、ボディー底面の前輪よりも前側だけとか、後輪よりも後ろ側など、足まわりを含めて部分的に変更することも多い。この場合、プラットフォームの一新なのか違うのか、言い争うことにメリットはない。

英国で開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2018」でお披露目された新型「トヨタ・スープラ」の試作車。1.9kmのヒルクライムを走行した。
英国で開催された「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2018」でお披露目された新型「トヨタ・スープラ」の試作車。1.9kmのヒルクライムを走行した。拡大
テストコースを周回する新型「BMW Z4」。2018年の「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」での正式発表がうわさされている。
テストコースを周回する新型「BMW Z4」。2018年の「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス」での正式発表がうわさされている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事