アルファ・ロメオ・ステルヴィオ ファーストエディション(前編)

2018.08.23 谷口信輝の新車試乗 今回ワインディングロードに持ち込んだのは、「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」。“スポーツセダンを凌駕(りょうが)する操縦性能”がセリングポイントの新型SUVを、レーシングドライバー谷口信輝はどう評価する?

予想外にクセがある

ステルヴィオはアルファ・ロメオ初のSUVにして、“縦置きエンジン+FRレイアウト”を機軸とする新世代アルファ・ロメオの第2弾にあたるモデル。今回は、その日本導入を記念する限定車「ステルヴィオ ファーストエディション」を谷口信輝に試乗してもらった。

ちなみに、そのエンジンは「ジュリア ヴェローチェ」と共通の2リッター直4 ターボで最高出力は280ps。ギアボックスはZF製8段オートマチックで、「Q4」と呼ばれる可変トルク配分機構を用いたフルタイム4WDが組み合わされる。価格は689万円。

いつものワインディングロードでの試乗を終えた谷口に、まずはその印象を語ってもらった。

「うーん、ひとことで言うと、苦手なクルマですね」 
なんと大胆にも、谷口はアルファの自信作にいきなりダメ出しをしたのである。

ステルヴィオのどこが谷口の好みではなかったのだろうか?
「自分の意思とクルマが曲がり始めるポイントが、まったくもってかみ合いませんでした!」

それはいったい、どういうことか。もう少し詳しく谷口に説明してもらおう。

 
アルファ・ロメオ・ステルヴィオ ファーストエディション(前編)の画像拡大
 
アルファ・ロメオ・ステルヴィオ ファーストエディション(前編)の画像拡大
 
アルファ・ロメオ・ステルヴィオ ファーストエディション(前編)の画像拡大
 
アルファ・ロメオ・ステルヴィオ ファーストエディション(前編)の画像拡大
アルファ・ロメオ・ステルヴィオ ファーストエディション
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1905×1680mm/ホイールベース:2820mm/車重:1810kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 SOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:280ps(206kW)/5250rpm/最大トルク:400Nm(40.8kgm)/2250rpm/タイヤ:(前)255/45R20 105V/(後)255/45R20 105V(ミシュラン・ラティチュードスポーツ3)/ 燃費:11.8km/リッター(JC08モード)/価格:689万円
アルファ・ロメオ・ステルヴィオ ファーストエディション
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4690×1905×1680mm/ホイールベース:2820mm/車重:1810kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター直4 SOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:8段AT/最高出力:280ps(206kW)/5250rpm/最大トルク:400Nm(40.8kgm)/2250rpm/タイヤ:(前)255/45R20 105V/(後)255/45R20 105V(ミシュラン・ラティチュードスポーツ3)/ 燃費:11.8km/リッター(JC08モード)/価格:689万円拡大

関連キーワード:
ステルヴィオ, アルファ・ロメオ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオが「ステルヴィオ クアドリフォリオ」の受注を開始 2018.11.29 自動車ニュース FCAジャパンが「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ クアドリフォリオ」の受注を開始。最高出力510psを発生する2.9リッターV6ターボエンジンを搭載する高性能SUVで、0-100km/h加速が3.8秒、最高速が283km/hという動力性能を実現している。
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ 2017.3.31 画像・写真 アルファ・ロメオ初のSUV「ステルヴィオ」の画像を紹介する。2.9リッターV6ツインターボ(510ps)搭載車をラインナップの頂点とし、その下に2リッター直4ガソリンターボや2種類の2.2リッター直4ディーゼルターボが設定されている。
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.7.27 試乗記 ファンにとっても、メーカーにとっても待望の一台だった新型SUV「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」。ブランドの世界戦略を担うニューモデルは、新世代の“アルファらしさ”を体現した、作り手の強い意気込みを感じさせる力作となっていた。
  • アルファ・ロメオ・ステルヴィオ ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.10.17 試乗記 名門復権に向けた第2の矢として、市場に投入された新型SUV「アルファ・ロメオ・ステルヴィオ」。新生アルファならではのスポーティーなニューモデルは、果たして期待に応える出来栄えだったのか? “自慢の走り”を確かめた。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
ホームへ戻る