祝・デビュー60周年!
ホンダの名機「スーパーカブ」に思うこと

2018.08.24 デイリーコラム

はじめから型破り

エンジンオイルの代わりに食用油を入れられたかと思えば、ピザだのスイカだの総重量200kgにもおよぶ荷物を背負わされ、その挙げ句にビルの4階から放り投げられる。そんな悪逆非道の限りを尽くされても動き続けたバイクがホンダの「スーパーカブ」だ。

これはアメリカのテレビ番組で実際に行われた内容で、世界最強のバイクを決定する企画の一環だった。結果、スーパーカブは世界の名だたるモデルを抑えてブッチギリで1位を獲得。元GPチャンピオン、ケニー・ロバーツ・シニアは「防弾バイクと呼ぼう」と賛辞を送り、バイク研究家のポール・ガーソンは「まるでダーティハリーのようなタフさだ」と感嘆した。

番組が放送されたのは1970年代ではなくて2005年のことなので、ハリー・キャラハンよりもジョン・マクレーンかイーサン・ハントに例えた方が伝わりやすかったような気がするものの、それはさておき。ともかく、この時スーパーカブの名声があらためて高まったのである。

1958年8月に登場した“初代”こと「スーパーカブC100」は、低床のバックボーンフレームと50ccの空冷4ストロークのOHV単気筒が組み合わせられ、それ自体が他メーカーのバイクとはまるで違っていた。

というのも、当時のエンジンは構造が簡単な2ストロークが主流で、特にコスト重視の小排気量モデルはそれが当たり前だった。ところがホンダの創業者たる本田宗一郎はそれをよしとせず、「広く親しまれるべき庶民のバイクだからこそクリーンで静かで低燃費でメンテナンス性に優れる4ストロークであるべき」とこだわり、それを見事に実用化したのである。

そしてもうひとつ。「出前のお兄ちゃんが片手で乗れるように」と、クラッチ操作の必要がない自動遠心クラッチを完成させたことも手伝って爆発的な売り上げを記録したのだ。

「ホンダ・スーパーカブ50」。現行モデルは2017年10月にデビューしたもので、より排気量の大きな「スーパーカブ110」もラインナップされている。
「ホンダ・スーパーカブ50」。現行モデルは2017年10月にデビューしたもので、より排気量の大きな「スーパーカブ110」もラインナップされている。拡大
「スーパーカブ」の始祖にあたる「C100」。1958年8月に誕生した。
「スーパーカブ」の始祖にあたる「C100」。1958年8月に誕生した。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「第22回カフェカブミーティングin青山」の会場から 2018.11.13 画像・写真 ホンダの原付バイク「カブ」ユーザーの交流イベント「カフェカブミーティングin青山」が2018年11月3日と4日の2日間、東京・青山のHondaウエルカムプラザ青山で開催された。日本全国から300台以上のカブが集まった、イベントの様子を写真とともにリポートする。
  • ホンダ・スーパーカブC125(MR/4MT)【レビュー】 2018.12.10 試乗記 これまで1億台が生産された“小さな巨人”「ホンダ・スーパーカブ」。その誕生60周年の節目にデビューした「スーパーカブC125」とはどんなオートバイなのか? ホンダのこだわりがつまった小排気量車の魅力に触れた。
  • ホンダCRF450L(MR/6MT)【レビュー】 2018.12.28 試乗記 競技専用モデル「CRF450R」のロードバージョンとして登場した、ホンダのオフロードバイク「CRF450L」。普通の人でも楽しめる、公道も走れるモトクロッサーとして注目を集めているモデルだが、実際に走らせてみると、看過できない大きな課題を抱えていた。
  • 「ヤマハYZF-R25」ヴィンテージレーサーカスタム 2018.12.26 インターカラーよ 永遠なれ<PR> 現代のロードスポーツ「ヤマハYZF-R25」が、インターカラーの「YZR500」に変身。バイク全盛期に青春を過ごしたオーナーが仕上げたこだわりの一台に触れ、同世代のライダーである桐島ローランド氏が“大人だからできる、ちょっと違うバイクの楽しみ方”を語った。
  • ドゥカティ・スクランブラー1100(MR/6MT)【レビュー】 2018.12.22 試乗記 イタリア発のスクランブラーモデル「ドゥカティ・スクランブラー」シリーズに、最大排気量の「1100」が登場。リッターオーバーの空冷L型ツインエンジンを搭載した上級モデルには、他メーカーの空冷バイクにはないドゥカティならではの魅力が備わっていた。
ホームへ戻る