ファッションブランドとコラボした「MINIクラブマン」の限定車発売

2018.08.23 自動車ニュース
「MINIクラブマン モルトンエディション」
「MINIクラブマン モルトンエディション」拡大

BMWジャパンは2018年8月22日、ステーションワゴン「MINIクラブマン」に特別仕様車「MOLTON Edition(モルトンエディション)」を設定し、120台の台数限定で発売した。

 
ファッションブランドとコラボした「MINIクラブマン」の限定車発売の画像拡大
 
ファッションブランドとコラボした「MINIクラブマン」の限定車発売の画像拡大
 
ファッションブランドとコラボした「MINIクラブマン」の限定車発売の画像拡大
 
ファッションブランドとコラボした「MINIクラブマン」の限定車発売の画像拡大
 
ファッションブランドとコラボした「MINIクラブマン」の限定車発売の画像拡大

今回のMINIクラブマン モルトンエディションは、「クーパーDクラブマン」をベースとした、MINIクラブマンとしては初となる限定車である。イタリアのファッションブランド「SLOWEAR」とのコラボレーションによって開発されたオリジナルパーツを採用しているのが特徴だ。車名の「モルトン」はロンドン・メイフェア地区のサウスモルトンストリートに由来するもので、SLOWEARがロンドン第1号店を出店した場所にちなんでいる。

ボンネットとリアに配されたストライプは、SLOWEARのオリジナルパターンをベースにデザインされたもの。微妙なグラデーションを持たせたグレートーンに、赤いラインのアクセントが加えられる。リアのストライプには、SLOWEARのシンボルである亀を模したマークもあしらわれている。

Cピラーに備わる「MINI CLUBMAN MOLTON」のバッジは、サンドブラッシュ加工が施されたブラックのプレートに、メタリックの文字が輝くデザインとなっている。

安全装備も充実しており、アクティブクルーズコントロールや前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキなどを標準装備。タッチパネル機能とステアリングスイッチを備えたナビゲーションシステムやリアビューカメラ、パークディスタンスコントロール(リア)なども特別装備する。

主な装備内容は以下の通り。

  • MINIクラブマン モルトンエディション専用ボンネット&リアストライプ
  • MINIクラブマン モルトンエディション専用ネームバッジ
  • MINIクラブマン モルトンエディション専用ボディーカラー「ホワイトシルバーメタリック」
  • MINIクラブマン モルトンエディション専用レザレットシート「カーボンブラック」(スポーツシート)
  • シートヒーター(特別装備)
  • 17インチアロイホイール ネットスポークシルバー(特別装備)
  • ITSスポット対応ETC車載器システム内蔵自動防げんルームミラー(特別装備)
  • LEDヘッドライト/LEDデイライトリング(特別装備)
  • LEDフロントフォグランプ(特別装備)
  • リアビューカメラ(特別装備)
  • パークディスタンスコントロール<リア>(特別装備)
  • スルーローディングシステム(特別装備)
  • ドライビングアシスト(前車接近警告機能、衝突回避・被害軽減ブレーキ)
  • アクティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付き)
  • ナビゲーションシステム(8.8インチワイドカラーディスプレイ/タッチパネル)
  • コンフォートアクセス
  • MINIエキサイトメントパッケージ

価格は439万円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
MINIクラブマン, MINI, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.1.12 試乗記 モデルチェンジを機に、これまでより上位のプレミアムコンパクトクラスへと階級を移した「MINIクラブマン」。パワフルな「クーパーSクラブマン」に試乗してみると、大きく立派になったことで得られた新型の長所が見えてきた。
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • MINIジョンクーパーワークス クラブマン(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.10 試乗記 「MINIクラブマン」に追加されたホットモデル「ジョンクーパーワークス」に試乗。ワゴンボディーがもたらす高い利便性と、“JCW”専用チューニングによる高い走行性能は果たして両立するのか。340kmあまりのドライブで得られた結論とは?
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【レビュー】 2016.1.15 試乗記 2007年に登場したMINIのステーションワゴン「クラブマン」が2代目にフルモデルチェンジ。パワフルな2リッターターボを搭載した上級グレード「クーパーS」の試乗を通して、大幅なサイズアップの裏側に垣間見えるBMWの戦略を探った。
  • BMW X4 M40i(4WD/8AT)【試乗記】 2018.10.15 試乗記 単純に言えばBMWの「X4」は、「X3」のクーペ版だ。X3が最高出力326psの3リッター直6ディーゼルターボの「M40d」をトップモデルとするのに対して、X4は360psの3リッター直6ガソリンターボエンジンを搭載した「M40i」がトップに位置する。両モデル、それぞれの狙いはどこに?
ホームへ戻る