第31回:日本カー・オブ・ザ・イヤーの歴史
時代をリードしたクルマという栄誉

2018.08.30 自動車ヒストリー その一年でデビューした国内外のクルマの中から、モータージャーナリストが最も優秀なクルマを選び、その栄誉をたたえる日本カー・オブ・ザ・イヤー。1980年という節目の年に始まったその歴史を、印象的なイヤーカーとともに紹介する。

ジャーナリストが選ぶその年一番のクルマ

2017年の日本カー・オブ・ザ・イヤー(JCOTY)に輝いたのは、「ボルボXC60」だった。「スズキ・スイフト」「トヨタ・カムリ」「ホンダN-BOX」などの強敵を打ち負かしての受賞である。JCOTYで輸入車がイヤーカーに選ばれるのは2度目のこと。2013年に「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が受賞したのが初めてだった。1994年から輸入車は別枠のインポート・カー・オブ・ザ・イヤーとして扱われていたが、2002年から国産・輸入の区別なく選考が行われるようになっていた。

年間で最も優秀なクルマを選んで栄誉をたたえるというイベントは、ヨーロッパから始まった。第1回ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー(ECOTY)が開催されたのは1964年である。現在では北米カー・オブ・ザ・イヤー(NACOTY)、世界カー・オブ・ザ・イヤー(WCOTY)も開催されている。

これらのカー・オブ・ザ・イヤーでは、日本車も選考対象となる。ECOTYでは「日産マイクラ」(日本名「マーチ」、1993年)、「トヨタ・ヤリス」(日本名「ヴィッツ」、2000年)、「トヨタ・プリウス」(2005年)、「日産リーフ」(2011年)、NACOTYでは乗用車部門で「日産アルティマ」(2002年)、「トヨタ・プリウス」(2004年)、「ホンダ・シビック」(2006年、2016年)、トラック部門で「日産エクステラ」(2000年)、「アキュラMDX」(2001年)、「ホンダ・リッジライン」(2006年、2017年)、「マツダCX-9」(2008年)、WCOTYでは「マツダ・デミオ」(2008年)、「日産リーフ」(2011年)、「マツダ・ロードスター」(2016年)が受賞した。

いずれのCOTYでも、選考にあたるのは自動車ジャーナリストが主となる。JCOTYでは自動車雑誌を中心とするメディアが実行委員会を構成し、選考委員は実行委員の推薦により60名を上限として選任される。各選考委員がそれぞれの持ち点を候補車に割り振り、最も高得点だったクルマがカー・オブ・ザ・イヤーを受賞する。

2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた「ボルボXC60」と、ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長(左)、日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員長の荒川雅之氏(右)。
2017-2018 日本カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた「ボルボXC60」と、ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長(左)、日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員長の荒川雅之氏(右)。拡大
第1回ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたのは、英ローバーの4ドアセダン「2000」だった。
第1回ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーに輝いたのは、英ローバーの4ドアセダン「2000」だった。拡大
1993年のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた「日産マイクラ」(日本名「マーチ」)。
1993年のヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤーに輝いた「日産マイクラ」(日本名「マーチ」)。拡大
2016年の世界カー・オブ・ザ・イヤーにおいて、「マツダ・ロードスター」はイヤーカーに選出されただけでなく、世界カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーも受賞している。
2016年の世界カー・オブ・ザ・イヤーにおいて、「マツダ・ロードスター」はイヤーカーに選出されただけでなく、世界カー・デザイン・オブ・ザ・イヤーも受賞している。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事