第525回:スゴ腕テスターの走りを体験!
助手席で知った新型メガーヌ ルノースポールの魅力と実力

2018.08.31 エディターから一言
新型「メガーヌ ルノースポール」と、同車の開発に携わったルノー・スポールのロラン・ウルゴン氏(左)とフィリップ・メリメ氏(右)。
新型「メガーヌ ルノースポール」と、同車の開発に携わったルノー・スポールのロラン・ウルゴン氏(左)とフィリップ・メリメ氏(右)。拡大

新型「ルノー・メガーヌ ルノースポール」(以下、メガーヌR.S.)の日本導入に合わせ、ルノースポールの“走り”を決めるキーマンが来日。驚きのドライビング技術を持つ2人の運転を通し、新しいメガーヌR.S.の実力を体験した。

いよいよ日本に導入された「ルノー・メガーヌR.S.」。メガーヌR.S.としては3代目のモデルにあたる。
いよいよ日本に導入された「ルノー・メガーヌR.S.」。メガーヌR.S.としては3代目のモデルにあたる。拡大
ルノー・スポールでテストドライバーを務めるロラン・ウルゴン氏。ニュルブルクリンクや鈴鹿サーキットなどでのタイムアタックも担当する、“FF車最速タイム請負人”である。
ルノー・スポールでテストドライバーを務めるロラン・ウルゴン氏。ニュルブルクリンクや鈴鹿サーキットなどでのタイムアタックも担当する、“FF車最速タイム請負人”である。拡大
フィリップ・メリメ氏の肩書は「RIDE AND HANDLING CHIEF ENGINEER」。本人いわく「シャシー全般が私の担当」とのこと。ハンドリングが身上のルノー・スポールにとっては、重要人物である。
フィリップ・メリメ氏の肩書は「RIDE AND HANDLING CHIEF ENGINEER」。本人いわく「シャシー全般が私の担当」とのこと。ハンドリングが身上のルノー・スポールにとっては、重要人物である。拡大
「メガーヌR.S.」のテールゲートに装着された「R.S.」のバッジ。
「メガーヌR.S.」のテールゲートに装着された「R.S.」のバッジ。拡大

R.S.の実力をスゴ腕ドライバーの走りで知る

例えばスポーツカーなんかだと、いくら取材で借りたとしても公道では……というか、レーサーでもテストドライバーでもないぺーぺー編集部員の私では、実力を引き出せる範囲に限度ってものがある。メーカーのブランドイメージをけん引するハイパフォーマンスモデルともなれば、なおのことだ。

だからこそ、今回ルノー・ジャポンが開いたイベントは、個人的にもホントに興味深いものだった。タイトルは「新型メガーヌ ルノースポール ワークショップ」。いよいよ日本で発表&発売された新型メガーヌR.S.の実力を、同車を鍛えた2人のキーマンのドライビングで体感できるというものだ。しかもステアリングを握るのは、かつてニュルブルクリンク北コースで“FF車最速タイム”を記録したテストドライバーのロラン・ウルゴン氏と、ルノースポールのキモ中のキモであるシャシーのチーフエンジニア、フィリップ・メリメ氏である。記者は普段の試乗会とはまた違う緊張感をもって、会場である日本サイクルスポーツセンターへと向かった。

早速、助手席で感じたメガーヌR.S.の走りと、ウルゴン氏&メリメ氏のドラテクについて語りたいのだが、その前に新型メガーヌR.S.のおさらいをさせていただく。

2代目ルノー・メガーヌの時代に誕生したメガーヌR.S.は、今回の新型で3代目。2017年9月のフランクフルトショーで世界初公開され、日本でも同年の東京モーターショーでお披露目された。それから実に10カ月。ルノーファンをジラしにジラして日本導入が開始された新型メガーヌR.S.は、業界随一のハンドリングオタク軍団として誉れ高い(失礼!)、ルノー・スポールの面目躍如なクルマに仕上がっていた。ポイントはもちろん、マニアックな足まわりだ。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メガーヌ ルノー・スポール 2019.1.17 実力検証! 新型メガーヌR.S.<PR> “最速のFF車”を目指して開発された、ルノーのハイパフォーマンスモデル「メガーヌ ルノー・スポール」。その走りを、第一線で活躍するレーシングドライバー谷口信輝はどう評価するのか? ワインディングロードにおける印象を報告する。
  • マツダCX-8 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.1.25 試乗記 「マツダCX-8」に追加された、2.5リッターダウンサイジングターボエンジン搭載の新グレード「25T」。新エンジンの出来栄えを確かめるべく試乗に臨んだのだが、このクルマにはパワープラントとは別に気にかかる課題が潜んでいた。
  • 東京オートサロン2019(ルノー) 2019.1.11 画像・写真 人気の「メガーヌ ルノースポール」にMTが登場!? 東京オートサロン2019の会場より、「ルーテシア ルノースポール」の限定モデルに「トゥインゴGT」「メガーヌ スポーツツアラーGT」などなど、見どころ満点のルノーブースを紹介。
  • ポルシェ911カレラT(RR/7AT)【試乗記】 2019.1.8 試乗記 「ガレージを飾るのではなく、コーナーを攻め込むための一台」とアピールされる「ポルシェ911カレラT」。ワインディングロードでむちを当ててみると、たしかに「これぞ911」というピュアな走りを楽しむことができた。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
ホームへ戻る