ホンダS660モデューロX(前編)

2018.09.06 谷口信輝の新車試乗 谷口信輝が今回試乗したのは、「ホンダS660モデューロX」。専用パーツを多数組み込んだ“軽スポーツ”への、プロフェッショナルの評価やいかに? ワインディングロードにおける走りの印象を報告する。

プロフェッショナルも驚嘆

モデューロXとは、ホンダ車の純正用品を手がけるホンダアクセスが開発したカスタマイズパーツをベース車と同じ工場で装着したコンプリートカーのこと。現在はこのS660のほか、「フリード」、「ステップワゴン」の計3モデルがラインナップされている。メーカーお墨付きだから通常の新車と同じようにディーラーで購入でき、メンテナンスなどもすべてディーラーで面倒を見てもらえる、安心感の強いチューニングカーといえる。

今回、谷口信輝に試乗してもらったS660モデューロXは、専用のスプリング/ダンパー、ドリルドブレーキローター/スポーツブレーキパッド、専用アルミホイール、リアのアクティブスポイラー、空力性能を磨いた前後バンパーなどを装備。インテリアもシートやステアリングの素材にレザーを用いたり、チタン製シフトノブ(6段MTの場合。CVTモデルでは専用セレクトノブ)、専用サイドブレーキカバー、専用インパネソフトパッドを盛り込んだりして特別感を演出している。価格はS660の上級グレード「α」よりも66万円ほど高い285万0120円。

いつものワインディングロードでS660モデューロXの試乗を終えた谷口は、クルマから降りると後ろ手でドアをバンと閉めたものの、それから数秒間ほどは奇妙な沈黙を守っていた。

「ひょっとして『レーシングドライバーのオレをこんなにパワーの小さなクルマに乗せるな!』と怒っているのだろうか?」とスタッフが心配し始めたとき、谷口が口火を切った。

「メチャメチャ楽しいですね、このクルマ」 

このひと言で、スタッフの間に漂った緊張感はすっと消えてなくなった。

 
ホンダS660モデューロX(前編)の画像拡大
 
ホンダS660モデューロX(前編)の画像拡大
 
ホンダS660モデューロX(前編)の画像拡大
 
ホンダS660モデューロX(前編)の画像拡大
ホンダS660モデューロX
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1180mm/ホイールベース:2285mm/車重:830kg/駆動方式:MR/エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/ トランスミッション:6段MT/最高出力:64ps(47kW)/6000rpm/最大トルク:104Nm(10.6kgm)/2600rpm/タイヤ:(前)165/55R15 75V/(後)195/45R16 80W(ヨコハマ・アドバンネオバAD08R)/ 燃費:21.2km/リッター(JC08モード)/ 価格:285万0120円
ホンダS660モデューロX
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1180mm/ホイールベース:2285mm/車重:830kg/駆動方式:MR/エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/ トランスミッション:6段MT/最高出力:64ps(47kW)/6000rpm/最大トルク:104Nm(10.6kgm)/2600rpm/タイヤ:(前)165/55R15 75V/(後)195/45R16 80W(ヨコハマ・アドバンネオバAD08R)/ 燃費:21.2km/リッター(JC08モード)/ 価格:285万0120円拡大

関連キーワード:
S660, ホンダ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダS660モデューロX(MR/6MT)【試乗記】 2018.9.2 試乗記 ホンダの軽スポーツカー「S660」に純正オプションをたっぷりと組み込んだ、コンプリートカー「S660モデューロX」に試乗。自らS660を所有していた清水草一が、その乗り味の特徴をリポートする。
  • 日産が公約通り、テニスの大坂なおみ選手に「GT-R」を贈呈 2018.11.14 自動車ニュース 日産自動車は2018年11月13日、同社のブランドアンバサダーを務めるプロテニスプレーヤー大坂なおみ選手に、2018年モデルの「日産GT-R NISMO」を贈呈したと発表した。贈呈されたのは、アルティメイトメタルシルバーのボディーカラーの左ハンドルモデルである。
  • 「積めればいい」は過去の話
    軽トラックの最前線を追う
    2018.11.14 デイリーコラム 「とにかく積めればいい」「キャビンの使い勝手は二の次」と、レーシングカーとはまた違った“スパルタンさ”が当然だった軽トラックだが、最近は少々事情が異なる。先進安全装備だけでなく、クルマをオシャレに飾るアイテムがふんだんに用意されているのだ。その最前線を追った。
  • 「ホンダ・インサイト」が帰ってくる
    ズバリ、日本市場での勝算は?
    2018.11.7 デイリーコラム 2018年内に国内で復活販売されることが発表された「ホンダ・インサイト」。新たにセダンボディーを手にした新型に、果たして日本市場での勝算はあるのだろうか。識者が解説する。
  • トヨタがコンパクトカー「ルーミー/タンク」の安全装備を強化 2018.11.1 自動車ニュース トヨタがコンパクトカー「ルーミー/タンク」を一部改良。運転支援システム「スマートアシストIII」やコーナーセンサーを、エントリーグレードを除く全車に標準装備した。同時に特別仕様車「G“Cozy Edition(コージーエディション)”」も発売している。
ホームへ戻る