「メガーヌR.S.」復権なるか!?
ニュルの最速バトルに注目せよ

2018.09.07 デイリーコラム

戦う舞台は“緑の地獄”

2018年8月、第3世代となる新型「ルノー・メガーヌ ルノースポール(R.S.)」が国内で発売された。いまの段階ではまだ正式発表されていないが、このメガーヌR.S.にはあるミッションが与えられている。それはニュルブルクリンク北コースで“FF車最速タイム”をたたき出すことだ。

「ニュルブルクリンク」は、ドイツ北西部の田舎町ニュルブルクにあるリンク(=サーキット)の名称だ。そもそもは1927年に、第1次大戦に敗れたドイツが国策としてモータースポーツや自動車開発の促進、周辺地域の活性化のために建設したサーキットだった。1980年代にはマツダや日産など日本車メーカーも実験場として活用を開始。当時はクルマ好きのみぞ知る場だったが、近年ではトヨタが「クラウン」のCMに使うまでに知名度が上がった。

コースは一周約5.1kmの「グランプリコース(南コース)」と、一周約20.8km、コーナー数170以上、高低差は約300mという「ノルドシュライフェ(北コース)」の2つによって構成されている。ちなみにニュルブルクリンク24時間レースは、この2つを組み合わせた約25kmの特設コースで競われる。

南コースは道幅広く、フラットで路面状況もいい、いわゆる普通のサーキット。それに対し北コースは、道幅狭く、エスケープゾーンはほとんどなく、サーキット用ではない一般的なアスファルト路面で、一部コンクリート路面まで存在し、ほとんどがブラインドコーナーだ。天候も変わりやすく、コースの一部で霧や雨、時にひょうが降ることもある。その過酷さからついたあだ名は“グリーンヘル(緑の地獄)”だ。

日本で新型「ルノー・メガーヌR.S.」が発売されたのは2018年8月30日。本国では、それより1カ月ほど前の7月19日に、さらなる高性能モデル「メガーヌR.S.トロフィー」(写真)が発表された。ルノーは同車か、より高性能なモデルでニュルブルクリンクの新記録樹立に挑戦するのではないかとうわさされている。
日本で新型「ルノー・メガーヌR.S.」が発売されたのは2018年8月30日。本国では、それより1カ月ほど前の7月19日に、さらなる高性能モデル「メガーヌR.S.トロフィー」(写真)が発表された。ルノーは同車か、より高性能なモデルでニュルブルクリンクの新記録樹立に挑戦するのではないかとうわさされている。拡大
「メガーヌR.S.トロフィー」のコックピット周辺部。ところどころが赤の差し色でドレスアップされている。
「メガーヌR.S.トロフィー」のコックピット周辺部。ところどころが赤の差し色でドレスアップされている。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.11.6 試乗記 FF市販車ニュル最速の座を奪還すべく、新たなエンジンやデュアルクラッチ式AT、4輪操舵システムなどを手にした新型「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。富士山麓のワインディングロードで、その進化のほどを探った。
  • 6段MTの「ルノー・メガーヌR.S.カップ」限定発売 2019.2.21 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2019年2月21日、「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」のハイパフォーマンスバージョン「メガーヌR.S.カップ」を、100台の台数限定で導入すると発表した。同年3月22日に発売する。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール(FF/6AT)【試乗記】 2018.9.8 試乗記 “FF最速”の称号を賭け、日独のライバルとしのぎを削るフランスの高性能ホットハッチ「ルノー・メガーヌ ルノースポール」。その新型がいよいよ日本に導入された。よりマニア度を増した足まわりと、新開発の直噴ターボエンジンが織り成す走りを報告する。
  • ルノー・メガーヌ ルノースポール カップ(FF/6MT)【試乗記】 2019.3.14 試乗記 ルノーのホットハッチ「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」に、辛口バージョン「カップ」が登場。日本ではわずか100人の幸せなファン(マニア!?)のみが楽しめるハードな乗り味を、発売に先駆けてテストした。
  • マツダCX-8 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.1.25 試乗記 「マツダCX-8」に追加された、2.5リッターダウンサイジングターボエンジン搭載の新グレード「25T」。新エンジンの出来栄えを確かめるべく試乗に臨んだのだが、このクルマにはパワープラントとは別に気にかかる課題が潜んでいた。
ホームへ戻る