第103回:大型車には大型車の事情がある

2018.09.18 カーマニア人間国宝への道

トラックドライバー万歳!

昔のモテないカーマニア仲間(現中年ドリフト愛好者)は、いつのまにか、13tという大型車を転がす運転手になっていた! ということで今回は、トラックドライバーの実態に迫ってみた。

清水(以下 清):9年前は確か、小型トラックに乗ってたよね?

クマ(以下 ク):最初は2t車でした。そのうち4tになって、今は大型です。

清:大型二種って、取るのすごく大変だって聞いたけど。

ク:僕は一種です。トラックは一種でいいんで、合宿で取りました。ラクでしたよ。

清:あ、二種はバスか。その費用って、会社が出してくれるの?

ク:いや、自腹でした。休暇取って勝手に取ったんで。

清:ナゼ!?

ク:やっぱり大型の方がカネがいいですから。月に10万くらい違うかな。

清:そうか~、そうなのか~。大型車ってことは長距離?

ク:僕はそんなに長距離はないです。新潟にたまに行くくらいで、泊まりはないですね。

清:でも、荷物の積み下ろしも、運転手がやるんでしょ。

ク: それはマジ死にます(笑)。13tぶん、全部自分でやらなきゃならないんで。フォークリフト使っていい荷物の時もありますけど。そのためにフォークリフトの免許も取りました。

清:大型の方が給料は良くても、そのぶん荷物の積み下ろし量が劇的に増える。で、それを60過ぎの運転手も全然やってるよね?

ク:やってますよ。僕は体力的にムリになったんで、今はタンクローリーです。

清:そういうのって、希望が通るの!?

元カメラマンでカーマニア仲間の“クマ”と筆者。
元カメラマンでカーマニア仲間の“クマ”と筆者。拡大
ドリフトの聖地・エビスサーキットにて。ハチロクで走行中のクマ。
ドリフトの聖地・エビスサーキットにて。ハチロクで走行中のクマ。拡大
クマが買った初めてのBMW、「330ci」をツレは気に入っているという。やはりBMWは女性ウケがいい。
クマが買った初めてのBMW、「330ci」をツレは気に入っているという。やはりBMWは女性ウケがいい。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事