スバルが「レガシィ アウトバック/B4」を改良し発売

2018.09.10 自動車ニュース
「スバル・レガシィ アウトバックX-BREAK」
「スバル・レガシィ アウトバックX-BREAK」拡大

スバルは2018年9月10日、「レガシィ アウトバック/B4」の改良モデルを発表した。同年10月4日に販売を開始する。今回、全グレードでアイサイトのプリクラッシュブレーキ制御を改良したほか、スバル60周年記念モデルとして「レガシィ アウトバックX-BREAK」を追加設定している。

「レガシィB4リミテッド」
「レガシィB4リミテッド」拡大
「レガシィ アウトバック リミテッド」
「レガシィ アウトバック リミテッド」拡大
 
スバルが「レガシィ アウトバック/B4」を改良し発売の画像拡大
スバルが「レガシィ アウトバック/B4」を改良し発売の画像拡大

アイサイトの改良では、認識対象が歩行者や自転車であった場合(車両と同一方向に進行中)、減速制御の作動タイミングを早めることで衝突回避の可能性を向上させた。さらに、低速走行中、前方に障害物がある状態で誤ってアクセルを踏み込んだとアイサイトが判断した場合には、プリクラッシュブレーキが作動。衝突回避をアシストする機能を加えた。

その他、ボディーカラーの新色としてマグネタイトグレー・メタリックとストームグレー・メタリック(レガシィ アウトバックのみ)を設定。また、停車した際にブレーキから足を離しても車両の停止状態を維持するオートビークルホールド(AVH)、セキュリティーフードアラームも追加している。

価格は以下の通り。

  • レガシィ アウトバック:329万4000円
  • レガシィ アウトバック リミテッド:356万4000円
  • レガシィB4:302万4000円
  • レガシィB4リミテッド:324万4000円

アウトドアテイストの装備を採用した特別仕様車

今回スバル60周年特別記念車として追加された「レガシィ アウトバックX-BREAK」は、「フォレスター」に次ぐ設定となる、アウトドアスポーツギアのファッション性と機能性を融合させたグレードである。

エクステリアでは、ブラックとイエローグリーンを組み合わせたフロントグリルとドアサイドクラッディングのほか、ダークメタリックカラーの18インチアルミホイールやブラックのドアミラーカバーを採用。可動式クロスバーを内蔵した大型ブラックルーフレールも標準で装備する。

インテリアもエクステリアに合わせブラックの加飾パネルやイエローグリーンステッチでカラーコーディネートしたほか、アウトドアユースで便利なはっ水ファブリックと合成皮革を組み合わせた専用シートを採用している。

X-BREAKの特別装備は下記の通り。

  • フロントグリル(ピアノブラック調/ラスターブラック塗装+イエローグリーン加飾)
  • ブラックカラードドアミラー
  • フロント/リアドア・サイドクラッディング(フロントは「OUTBACK」ロゴ入り/イエローグリーン)
  • 「OUTBACK」リアオーナメント(ラスターブラック)
  • 「シンメトリカルAWD」リアオーナメント(ラスターブラック)
  • 18インチアルミホイール(ダークメタリック塗装、225/60R18)
  • ルーフレール(クロスバービルトインタイプ)
  • はっ水ファブリック/合成皮革シート(グレー/グレー/ブラック+イエローグリーンステッチ)
  • フロントセンターアームレスト(イエローグリーンステッチ)
  • メタルメッシュ+ブラック塗装加飾パネル(インパネ、ドアトリム)
  • レザー調素材巻ドアトリム/ドアアームレスト(イエローグリーンステッチ)
  • インパネアッパートリム(イエローグリーンステッチ)
  • 高触感本革巻きステアリングホイール(イエローグリーンステッチ+ブラック加飾、ステアリングヒーター付き)
  • シフトブーツ(イエローグリーンステッチ+ピアノブラック調加飾パネル)
  • 大型マルチインフォメーションディスプレイ付きメーター(X-BREAK用ホワイトリング照明付き)
  • フロント/リアドア・プルハンドル照明(X-BREAK用ホワイト)
  • センタートレイ(X-BREAK用ホワイト照明付き)
  • カーゴフロアボード(ラゲッジスムーザー機能付き)

X-BREAKの価格は340万2000円。

(Clubpyme)

関連キーワード:
レガシィB4, レガシィアウトバック, スバル, 自動車ニュース

スバル レガシィB4 の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
  • 第30回:スバル・レガシィ 2019.4.17 カーデザイナー明照寺彰の直言 シカゴショーで発表された7代目「スバル・レガシィ」(セダン)。「日本では販売されないかも」などと悲しいウワサも流れているが、このクルマがスバルの象徴的存在であることに変わりはない。現役のカーデザイナー明照寺彰が、そのデザインと“セダンの今後”を語る。
  • BMW 330i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2019.3.28 試乗記 フルモデルチェンジで第7世代となった「BMW 3シリーズ セダン」に試乗。ずばり、新型は“買い”なのか? 先代「F30」型を日常の足とするモータージャーナリスト清水草一が、走りの印象を報告する。
  • スバル・レガシィ 2019.2.8 画像・写真 2019年2月7日、7代目「スバル・レガシィ」がシカゴモーターショーでデビュー。これまでのレガシィの価値を色濃く受け継ぎつつ、さらなる進化を遂げたという新型の姿を、写真で紹介する。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
ホームへ戻る