第32回:本田宗一郎
技術一筋で身を立てた男の夢と美学

2018.09.13 自動車ヒストリー 創立から短期間のうちに世界最大の二輪メーカーに上り詰め、四輪メーカーとしても、さまざまな製品や革新技術で世界を驚かせてきたホンダ。“世界のHONDA”を築き上げた偉人、本田宗一郎の半生を、さまざまなエピソードとともに振り返る。

テストライダーはモンペ姿

1946年、浜松の街をけたたましい音を立てて自転車が走った。乗っているのはモンペ姿の女性で、車体の後部には湯たんぽが取り付けられている。中には代用ガソリンの松根油が入っていて、陸軍の無線機発電用エンジンを動かしていた。これが、本田宗一郎が作った最初の“自動車”である。焼け野原の中でこのエンジン付き自転車は大人気となり、爆音のうるささから“バタバタ”と呼ばれるようになった。

本田宗一郎は、高等小学校を卒業後すぐに上京して自動車修理工場ででっち奉公を始める。浜松の農村で生まれた宗一郎は、8歳の時に初めて自動車を見て自分でもいつか作ってみたいと思っていた。東京の本郷湯島にあったアート商会は、その夢を実現するための第一歩だった。最初は子守ばかりさせられていたが、修理をまかされるようになると上達は早かった。彼は小学校6年生の時に蒸気機関を作って動かしたほどの機械マニアである。鍛冶屋のかたわら自転車屋を開業していた父の手伝いで、修理にも慣れていた。

自動車修理の技術を会得したことが認められ、21歳の若さでのれん分けを受ける。宗一郎は故郷に帰り、アート商会浜松支店を開業した。鉄製スポークの発明などで特許料を稼ぐようにもなり、25歳の時には50人もの従業員を抱える大工場に発展していた。本人の言うところの“第1次黄金期”なのだが、これから何度も浮き沈みを経験することになる。

修理業だけに満足できなくなってしまった宗一郎は、ピストンリングの製造に乗り出す。エンジンの内部で潤滑油を制御する部品で、高い精度と耐久性を求められる。周囲には猛反対を受けたが、彼は別会社の東海精機重工業を設立して日夜研究にいそしむ。3年後にようやく実用化のめどがつき、トヨタから3万本の注文が入った。しかし、サンプルとして提出した50本のピストンリングのうち、47本が不良品として突き返されてしまう。研究を重ねて28件もの特許を取得し、安定した製品を送り出せるようになったのはさらに2年後である。

“バタバタ”と呼ばれたエンジン付き自転車(1946年10月)。写真の個体では、燃料タンクは車体中央に装着されている。
“バタバタ”と呼ばれたエンジン付き自転車(1946年10月)。写真の個体では、燃料タンクは車体中央に装着されている。拡大
“バタバタ”に装備されたエンジンは、旧陸軍6号無線機発電用小型エンジンを改良したものだった。
“バタバタ”に装備されたエンジンは、旧陸軍6号無線機発電用小型エンジンを改良したものだった。拡大
「スーパーカブ」にまたがる本田宗一郎(1906-1991)。写真は1971年に鈴鹿製作所で行われた、二輪累計生産1000万台達成セレモニーでのもの。
「スーパーカブ」にまたがる本田宗一郎(1906-1991)。写真は1971年に鈴鹿製作所で行われた、二輪累計生産1000万台達成セレモニーでのもの。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事