ポルシェ718ケイマンGTS(後編)

2018.09.27 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバー谷口信輝が今回試乗したのは、「ポルシェ718ケイマン」の高性能モデル「GTS」。独自の仕立てが施された操作系やエクステリアデザインなどの印象を報告する。

スポーツカーの作り方がわかっている

試乗を終えた直後の谷口信輝に「欲しい!」と叫ばせた「ポルシェ718ケイマンGTS」。後編ではクルマを止めた状態でその内外装をじっくりと観察してもらうことにしよう。

まずは運転席から。
「前編でもお話ししましたが、シートに腰掛けただけでテンションが上がっちゃうくらい、このクルマのインテリアは僕の好みです」

718ケイマンのキャビンのどこをそんなに気に入ったのだろうか?
「ダッシュボードに埋め込まれているこのカーボンの感じもいいし、ぎゅっと引き締まった印象のステアリングもかっこいいですよね」

718ケイマンGTSには当然のようにパドルシフトが装備されているが、手の大きな谷口は時にステアリングを握る指とパドルが干渉してドライビングの妨げになると指摘することがある。718ケイマンの場合はどうなのか?

「ステアリングとパドルの間隔は狭めですが、718のパドルはステアリングホイールと一緒に回転するタイプだから操舵の邪魔にならないし、指がこすれることもない。それにパドルがステアリングコラム側に固定されていると、大きく操舵したときに指が届かなくなるけれど、ステアリングホイールと一緒に回るこのタイプだったらその心配はありません。僕はこのデザインのほうが正しいと思いますよ」

ただし、スエード風のステアリングは使い続けると手の脂がこびりついて汚くなることから谷口が苦手にしているものだ。
「スエード風は見た目や手触りはいいんですけど、長く乗っていると、ねえ……(苦笑)。人に運転してもらうときには『手袋してよね!』と言いたくなっちゃいます」

 
ポルシェ718ケイマンGTS(後編)の画像拡大
 
ポルシェ718ケイマンGTS(後編)の画像拡大
 
ポルシェ718ケイマンGTS(後編)の画像拡大
 
ポルシェ718ケイマンGTS(後編)の画像拡大

ポルシェ718ケイマンGTS
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4385×1800×1286mm/ホイールベース:2475mm/車重:1430kg/駆動方式:MR/エンジン:2.5リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ターボ/ トランスミッション:7段AT/最高出力:365ps(269kW)/6500rpm/最大トルク:430Nm(43.8kgm)/1900-5000rpm/タイヤ:(前)235/35ZR20 92Y/(後)265/35ZR20 99Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4S)/ 燃費:8.2リッター/100km(約12.2km/リッター、NEDC複合モード)/ 価格:1053万2000円


	ポルシェ718ケイマンGTS
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4385×1800×1286mm/ホイールベース:2475mm/車重:1430kg/駆動方式:MR/エンジン:2.5リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ターボ/ トランスミッション:7段AT/最高出力:365ps(269kW)/6500rpm/最大トルク:430Nm(43.8kgm)/1900-5000rpm/タイヤ:(前)235/35ZR20 92Y/(後)265/35ZR20 99Y(ミシュラン・パイロットスポーツ4S)/ 燃費:8.2リッター/100km(約12.2km/リッター、NEDC複合モード)/ 価格:1053万2000円
	拡大

関連キーワード:
718ケイマン, ポルシェ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラT(RR/7AT)【試乗記】 2019.1.8 試乗記 「ガレージを飾るのではなく、コーナーを攻め込むための一台」とアピールされる「ポルシェ911カレラT」。ワインディングロードでむちを当ててみると、たしかに「これぞ911」というピュアな走りを楽しむことができた。
  • BMWアルピナB4 Sビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.12.27 試乗記 ドイツの小さな自動車メーカー「アルピナ」が生産する市販車は、年間わずか1700台ほど。今回、車名に「S」を冠した「B4ビターボ」の高性能版クーペをワインディングロードに連れ出し、21世紀になった今も変わらず貴重な存在であり続ける、その魅力を味わってみた。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
  • 新型「トヨタ・スープラ」(その1) 2019.1.14 画像・写真 トヨタのスポーツクーペ「スープラ」が17年ぶりに復活。2019年春の日本導入が予定されている新型は5代目のモデルにあたり(日本では3代目)、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボを筆頭に、3種類のエンジンが用意されている。内外装の詳細を写真で紹介する。
  • アルピーヌA110リネージ(MR/7AT)【試乗記】 2019.1.5 試乗記 これぞフランス車と思わせる、しなやかな乗り心地。そして、思わずワインディングロードに行きたくなる軽快な身のこなし。復活した「アルピーヌA110」は、ポルシェやロータスとはひと味違うドライビングプレジャーに満ちていた。
ホームへ戻る