BMW X2 キービジュアル BMW X2 キービジュアル

未知なる領域へ BMW W2 Debut 未知なる領域へ BMW W2 Debut

都会的なスタイリングをまとい、優れた走破性と機能性を併せ持つ、BMWのスポーツ・アクティビティ・クーペ「X2」。その新たなる世界観とはどのようなものなのか、さまざまな角度から検証した。 都会的なスタイリングをまとい、優れた走破性と機能性を併せ持つ、BMWのスポーツ・アクティビティ・クーペ「X2」。その新たなる世界観とはどのようなものなのか、さまざまな角度から検証した。
Chapter.1 メイン写真 Chapter.1 メイン写真

Chapter.1 Introduction X2ならではの先進性を知る Chapter.1 Introduction X2ならではの先進性を知る

伝統と創造性の融合

BMWのXモデルは、オンロードでもオフロードでも優れた走行性能と、洗練された存在感あるデザインが特徴のSUVだ。その始まりは1999年登場の「X5」で、オーソドックスなスポーツ・アクティビティ・ヴィークル(SAV)と、クーペのようなスタイリッシュさが魅力のスポーツ・アクティビティ・クーペ(SAC)合わせて、これまでに540万台以上が販売され、XモデルはいまやBMWのセールス全体の3分の1を占めるほど重要なモデルに成長している。

その最新モデルとして加わったのが、SACとしては最もコンパクトな「X2」だ。SACには、ほかに「X6」や「X4」があるが、X2はそれらの単なる小型版ではなく、新しいデザインによって強い個性を示す意欲的なモデルに仕上げられている。

X2らしさは、例えばそのルーフラインにも表れている。X6やX4がなだらかに傾斜するクーペスタイルのルーフラインを採用するのに対し、X2ではどちらかといえば「X1」や「X3」に近い力強さを強調するデザインとなっている。一方、全高を1535mmと低く抑えるとともに、BMWの特徴である“ホフマイスター・キンク”をCピラーに組み込んだり、グリーンハウスを薄く見せたりして、SACとしての躍動感を表現している。また、往年の「2000CS」をはじめ、BMWのクーペにはBMWブランドロゴがCピラーに掲げられてきたが、そのスタイルを受け継ぐことで、BMWの伝統と新しい時代に向かう創造性を融合させている。

新しい試みはほかにも数多く見られる。BMWの象徴ともいえるキドニーグリルを、下部の幅を広げたデザインとしたのもそのひとつだ。さらにその下に大型のエアインテークを配置することで、このクルマのダイナミックさを印象づけている。

さらにX2では、スタンダードモデルに加えて、エクストリームスポーツにインスピレーションを受けた「M Sport X」を新設。人気の「M Sport」がサーキットをイメージしているのに対し、M Sport Xではオフロード性を強調しているのが大きく異なるところだ。バンパーやボディーサイドを「フローズン・グレー」のコントラストカラーで目立たせるとともに、標準で19インチ、オプションで20インチのMライト・アロイ・ホイールを用意することでダイナミックな印象を強めている。

  • 個性的なデザインをまとうBMWの新型SAC「X2」。その姿は、都会の建築群の中でも強烈な存在感を放つ。

    個性的なデザインをまとうBMWの新型SAC「X2」。その姿は、都会の建築群の中でも強烈な存在感を放つ。

  • 伝統のキドニーグリルと大型エアインテークが目を引くフロントまわり。BMWの「Xモデル」らしい表情を見せる。

    伝統のキドニーグリルと大型エアインテークが目を引くフロントまわり。BMWの「Xモデル」らしい表情を見せる。

  • 「X2」のシャープで力強いフォルムは、静止時、走行時に関わらず、躍動的な印象を与えてくれる。

    「X2」のシャープで力強いフォルムは、静止時、走行時に関わらず、躍動的な印象を与えてくれる。

先進の安全装備も充実

インテリアは、BMW特有のドライバーオリエンテッドなデザインを採用することで、ドライバーにとって居心地の良い空間を実現。一方、全高は一般的なSUVとしては低めだが、上級モデルのX4に勝るとも劣らない後席のヘッドルームを確保するなど、4、5人で乗車する場面でも高い実用性を誇る。全高を1535mmに抑えたことで、一般的な機械式駐車場に収まるのもうれしいところだ。

X2には2種類のパワートレインが用意される。FFのsDrive18iは、1.5リッター直列3気筒ターボ(最高出力140ps/最大トルク220Nm)と7段デュアルクラッチトランスミッションの組み合わせ。一方、4WDのxDrive20iは2リッター直列4気筒ターボ(同192ps/同280Nm)と8段オートマチックトランスミッションが搭載される。

BMWの「ドライビング・アシスト」により、安全機能・運転支援システムも充実。歩行者検知機能が付いた「衝突回避・被害軽減ブレーキ機能」や、車線逸脱を知らせる「レーン・ディパーチャー・ウォーニング」、前車に追突する危険性を知らせる「前車接近警告機能」などを標準装備。また、オプションのACC(アクティブ・クルーズ・コントロール)は低速時の車両停止にも対応する。さらに、「BMWコネクテッド・ドライブ」を標準装着し、「BMW SOSコール」や「BMWテレサービス」により安心のカーライフを支えている。

国内のモデルバリエーションは、全部で4種類。先行販売されていたxDrive20iに加えて、2018年8月末にはエントリーグレードにあたるsDrive18iのデリバリーもスタートし、選べるラインナップが広がった。個性的なコンパクトSUVが気になっている人にとって、X2は今後、ますます見逃せない存在になりそうだ。

・sDrive18i:436万円
・sDrive18i M Sport X:481万円
・xDrive20i:474万円
・xDrive20i M Sport X:515万円

(文=生方 聡/写真=郡大二郎)

  • スポーティーなインテリアは、アルカンターラとマイクロ・ヘキサゴン・クロスで仕立てられている。

    スポーティーなインテリアは、アルカンターラとマイクロ・ヘキサゴン・クロスで仕立てられている。

  • 力感のあるトルク特性と優れた燃焼効率を両立させるターボエンジン。2リッター(写真)のほか、1.5リッターユニットも用意される。

    力感のあるトルク特性と優れた燃焼効率を両立させるターボエンジン。2リッター(写真)のほか、1.5リッターユニットも用意される。

  • 「X2」には、先進の安全装備が多数搭載される。ドライブの利便性を高めるさまざまな通信サービスも利用可能。

    「X2」には、先進の安全装備が多数搭載される。ドライブの利便性を高めるさまざまな通信サービスも利用可能。

Chapter.2 メイン写真 Chapter.2 メイン写真

Chapter.2 Impression 刺激あふれる走りを楽しむ Chapter.2 Impression 刺激あふれる走りを楽しむ

6番目の「X」は超個性派

6番目のXモデルとして登場した「BMW X2」は、車名に偶数の数字が与えられていることからもわかるように、スタイリッシュなデザインが特徴のスポーツ・アクティビティ・クーペ(SAC)だ。SACにはほかに「X6」と「X4」があり、X2はSACの末弟という位置づけだが、コンパクトなボディーサイズにもかかわらず、「UNFOLLOW」というコンセプトが表すとおり、存在感では兄貴たちに引けを取らない、強い個性の持ち主なのである。

今回試乗したのが「X2 xDrive20i M Sport X」だったということも、そんな印象を強める一因だ。X2に新たに設けられたM Sport Xは、若者に人気のエクストリームスポーツを強く意識したデザインを特徴としており、このことからも、より多くの若者にアピールしたいというBMWの意図がうかがえる。

その一方で、クーペという言葉に特別な思いを抱く私のようなアラフィフ男性にとっても、このX2は非常に気になる存在である。子育てが一段落し、もはや大きなクルマを特に必要としないいま、好みのデザインや走りを楽しむことのできるコンパクトSUVがあったら試してみたいと思っている人は、案外多いのではないだろうか。

そんなことを考えながら、あらためてX2を眺めてみると、“ガルバニック・ゴールド”のボディーカラーは自分には個性的過ぎるかなと思う一方、これまでのXモデルより若々しいエクステリアデザインに好感を抱いた。前後バンパーやボディーサイドのアクセントとなる“フローズン・グレー”のコントラストカラーもSUVらしい力強さを強調するが、洗練された仕上がりのおかげで“土”よりも都会をイメージさせるのがうれしいところだ。

  • 「X2」のボディーカラーは、鮮やかな「ガルバニック・ゴールド」を含む全9色がラインナップされる。

    「X2」のボディーカラーは、鮮やかな「ガルバニック・ゴールド」を含む全9色がラインナップされる。

  • ドライバーを中心にデザインされたインテリア。イエローのアクセントカラーが気分を盛り上げる。

    ドライバーを中心にデザインされたインテリア。イエローのアクセントカラーが気分を盛り上げる。

驚くほどに使えるクーペ

早速運転席に座ると、いつものドライバーオリエンテッドな、すなわち、センタークラスターなどが運転席側に向けられたドライバー中心のコックピットに、落ち着きを感じる。それでいてタイトさよりも開放的な印象を受けるのは、少し高めのアイポイントのおかげだろうか。見下ろせる位置にあるダッシュボードの上はステッチ付きの素材で覆われ、さらに、あちこちにM Sport X専用のイエローのステッチが施されるなど、スポーティーかつスタイリッシュな仕上がりもなかなかの好印象だ。

意外だったのは、X2のリアシート。クーペをうたうX2だけに、正直なところ後席の居住性には期待していなかった。ところが身長167cmの筆者が適切なドライビングポジションをとり、その後ろの席に着くと、20cm以上のニールームが確保され、足が組めるほどの余裕があった。ヘッドルームのクリアランスも10cmほどと十分で、窮屈さとは無縁である。

ラゲッジスペースもコンパクトSUVとしては不満のない広さを確保している。いざというときには後席を倒してスペースを広げることもできるし、床下には深さ約20cmの収納スペースがあるので、メンテナンス用品やツールなどを常備しておくのにも便利だ。このグレードではオートマチックテールゲートやハンズフリーでテールゲートの開閉が可能なコンフォートアクセスが標準装着となるのも見逃せないところ。クーペという言葉とは裏腹に、思いのほか便利なクルマに仕上がっているのだ。

  • クーペライクな外観にもかかわらず、室内は驚くほど広い。特に後席は余裕のニールームと頭上空間が確保されている。

    クーペライクな外観にもかかわらず、室内は驚くほど広い。特に後席は余裕のニールームと頭上空間が確保されている。

  • 荷室の容量は5人乗車時で470リッター。後席の背もたれを前方に倒すことで、3倍近くにまで拡大できる。

    荷室の容量は5人乗車時で470リッター。後席の背もたれを前方に倒すことで、3倍近くにまで拡大できる。

「駆けぬける歓び」を標準装備

BMWのXモデルといえば、オンロードでの爽快な走りが大きな魅力だが、このX2もその伝統をしっかりと受け継いでいる。試乗車は、2リッター直列4気筒直噴ガソリンターボと8段オートマチックを搭載する4WD仕様。排気量に余裕があるぶん動き出しはスムーズで、わずか1350rpmから最大トルクを発生させる2リッターエンジンは、低回転を多用する街中でもアクセルペダルを踏む右足の動きに素早く反応してくれる。一方X2は、都市高速の短い進入路など、ここぞという場面でも頼もしいパフォーマンスを発揮。フラットで力強いトルクを生かしながら、6000rpmまで伸びやかな加速を見せてくれるのだ。

FFベースの4WDということで直進安定性に優れるX2だが、ステアリング操作に対するクルマの動きは実に軽快で、さらに、SUV特有のロールがうまく抑えられることから、しばらく運転を続けているとSUVであることをまるで忘れてしまう。これには、M Sport X用に強化されたスポーツサスペンションも貢献しているのだろう。

ただ、首都高速特有の目地段差を越えたときには、オプション装備の大径20インチタイヤの影響もあってそれなりにショックは伝わってくるのだが、そのぶんレーンチェンジやカーブを曲がる場面での車体の挙動は安定しており、クルマと一体感のあるスポーティーな走りが味わえるのは確かだ。

  • 「X2」のターボエンジンは、低回転域から優れたピックアップを実現。どんな道でも爽快な走りが楽しめる。

    「X2」のターボエンジンは、低回転域から優れたピックアップを実現。どんな道でも爽快な走りが楽しめる。

  • 走行モードは標準の「COMFORT」のほか、スポーティーな走りを味わえる「SPORT」、燃費を優先させる「ECO PRO」が選べる。

    走行モードは標準の「COMFORT」のほか、スポーティーな走りを味わえる「SPORT」、燃費を優先させる「ECO PRO」が選べる。

とことんストレスフリー

そしてもうひとつ、X2の見どころといえるのが、ちょうどいいサイズ感。中でも、1535mmの全高はお気に入りの点だ。私の場合、日ごろのカーライフにおいて、1550mmが上限という機械式駐車場に止める機会が少なくない。クルマを選ぶときにはまず、全高が1550mm以下であるかどうかが条件になる。これまでなかなかSUVに手を出せなかったのは、これが原因だともいえる。

その点、このX2は1550mm制限の機械式駐車場で断られる心配がない。また、都心のコインパーキングや縦に並ぶパーキングスペースは、枠が狭くて駐車しにくいところが多いが、全長4375mmと比較的コンパクトなX2ならば取り回しも楽である。最低地上高も180mmと余裕あるクリアランスが確保されているので、未舗装路での使用はもちろんのこと、たとえ都会の駐車スペースにフロントから入っても、バンパーが輪留めに接触する心配がないのは助かる点だ。

クルマは、その運転が楽しいだけでなく、出掛けた先々で余計なストレスと無縁でいられるのも大事なポイント。私のようにこれまでSUVの購入に躊躇していた人も、このX2となら、新しいカーライフを歩み出すことができそうだ。

(文=生方 聡/写真=郡大二郎)

  • ボディーの全高が抑えられた「X2」は、スタイリッシュなだけでなく、高さが1550mm以下に制限される機械式駐車場でも安心して扱える。

    ボディーの全高が抑えられた「X2」は、スタイリッシュなだけでなく、高さが1550mm以下に制限される機械式駐車場でも安心して扱える。

  • 「X2」の全長は4375mm。狭い場所での取り回しや、都市部などでの縦列駐車も楽に行うことができる。

    「X2」の全長は4375mm。狭い場所での取り回しや、都市部などでの縦列駐車も楽に行うことができる。