新たに2列シート仕様が登場
「トヨタ・シエンタ」はマイナーチェンジでどこに向かう?

2018.09.26 デイリーコラム

新たに2列シート仕様を設定

今のクルマは安全装備や環境性能が向上したこともあり、価格が全般的に高くなった。平均給与所得はピークだった約20年前に比べると下がっているから、小さなクルマに乗り換えるユーザーが増えている。所得が増えていないのにクルマの値段がどんどん上がれば、ダウンサイジングするしかないだろう。

こうした市場動向を背景に、コンパクトミニバンの「トヨタ・シエンタ」「ホンダ・フリード」が堅調に売れている。1.5リッターのノーマルエンジンとハイブリッドの双方をラインナップするミニバンは実質的にこの2車種に絞られ、競争相手が少ないことも売れ行きが伸びた理由だ。

このうちシエンタが2018年9月11日にマイナーチェンジを受けた。

最も注目されるのは、2列シートの「ファンベース」を加えたことだ。3列目のシートを省いたから荷室が拡大され、専用のボードを使うことで、後席を畳むとフラットで広い荷室が得られる。荷室長の最大値は2065mmと十分に確保した。もともとシエンタは薄型燃料タンクの採用で床が低いから、2列シート仕様では、大容量の荷室にアレンジできる。

2列シート仕様を設定した背景には、複数の理由がある。

2018年9月11日に発売された「トヨタ・シエンタ」のマイナーチェンジモデル。外観ではフロントバンパーやグリル、ヘッドランプなどが新デザインとされている。
2018年9月11日に発売された「トヨタ・シエンタ」のマイナーチェンジモデル。外観ではフロントバンパーやグリル、ヘッドランプなどが新デザインとされている。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
ホームへ戻る