第573回:過激化が加速する!?
自動車ステッカー最前線inイタリア

2018.09.28 マッキナ あらモーダ!

クルマ全体を「系図」が覆いつくす日も!?

今回はイタリアで筆者が発見した面白ステッカーの最新版を紹介しよう。

2016年の本稿第467回で紹介した家族全員の名前をプリントしてくれるステッカーのサービスは、その後さらなる発展をみせている。今やカントリー風装束や、愛犬が加わったデザインまで選べるようになった(写真1)。

家族を大切にするイタリアゆえ、このまま親族を次々と記し始めると、やがてリアウィンドウ全体が「系図」になってしまうのではないか? というのが前回の締めだった。それとは別に、水平方向に向かってボディー全周を飾るようになってしまうこともありうるだろう。

写真2の「フィアット500」に乗る家庭は、すでにソフィアという女児がいるとみたが、それらの右には「お母さん乗ってます」というステッカーも確認できる。ただしそのお腹の形状から、妊婦であるとも想像できる。ふたたび家族が増えるのか、それとも剥がし忘れか。

参考までにインターネット上では、こうしたカスタムメイドのステッカーが、サイズにより日本円換算で約360円から1800円で販売されている。「絵がうまい人が多い日本なら、もう少し写実的な似顔絵とかできるのに」と思うと惜しい気もする。

前回は子供の写真&実名入りまであることを紹介したが、それに関連する新作としては、「気をつけろ、トマーゾ乗車中!!!」だ(写真3)。

これ、よく考えてみると子供の名前ではなく、ドライバー名でもいいわけだ。日本では宅配便トラックの後部扉に運転者名が明記してあったりするが、さすがに「気をつけろ」とは書かれていないことからして、まねて作ったら、それなりにウケるだろう。

写真1:「フォルクスワーゲン・ゴルフV」の後部。写真のブレはご容赦を。レオナルド&エレナ夫妻にジュリオ&ガブリエレという子供がいるもよう。ジュリオの頭が取れてしまっているのがやや悲しい。
写真1:「フォルクスワーゲン・ゴルフV」の後部。写真のブレはご容赦を。レオナルド&エレナ夫妻にジュリオ&ガブリエレという子供がいるもよう。ジュリオの頭が取れてしまっているのがやや悲しい。拡大
写真2:「フィアット500」。ロッキーと名づけられた飼い犬がいる。
写真2:「フィアット500」。ロッキーと名づけられた飼い犬がいる。拡大
写真3:「気をつけろ、トマーゾ乗車中!!!」
写真3:「気をつけろ、トマーゾ乗車中!!!」拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。、(ともに二玄社)、、(ともに光人社)、(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事