高性能SUV「マセラティ・レヴァンテ トロフェオ」の限定車発売

2018.09.26 自動車ニュース
「マセラティ・レヴァンテ トロフェオ ローンチエディション」
「マセラティ・レヴァンテ トロフェオ ローンチエディション」拡大

マセラティ ジャパンは2018年9月26日、高性能SUVの限定モデル「レヴァンテ トロフェオ ローンチエディション」を発表。同日、販売を開始した。

 
高性能SUV「マセラティ・レヴァンテ トロフェオ」の限定車発売の画像拡大
 
高性能SUV「マセラティ・レヴァンテ トロフェオ」の限定車発売の画像拡大

パフォーマンスも見た目も特別

レヴァンテ トロフェオ ローンチエディションは、2018年3月に米国・ニューヨークでデビューした「レヴァンテ トロフェオ」の導入を記念する特別仕様車。国内では、15台限定で販売される。

レヴァンテ初搭載となる3.8リッターV8ツインターボエンジンは、最高出力590ps、最大トルク734Nmを発生。ZF製の8段ATを介して4輪を駆動する。0-100km/h加速は3.9秒、最高速は304km/hと公表される。

シャシーには、2018年モデルの「ギブリ」に搭載された車両統合制御システム(IVC)を採用することで、走行安定性とドライビングダイナミクスを向上。さらにドライブモードには、従来の「ノーマル」「アイス」「スポーツ」「オフロード」に加えて「コルサ」が設定されている。

内外装のドレスアップも見どころで、レヴァンテの2019年モデルにはない日本限定の外板色「グリジオ・ヴルカーノ・マット」を採用。マセラティ史上最大となる22インチ鍛造アロイホイール「オリオーネ」やカーボンファイバー製のセンタースプリットおよびサイドベゼルブレード、4本出しのオーバルエキゾーストパイプなどが装着される。

インテリアは、最高級のフルグレインレザー「ピエノ・フィオーレ」で仕立てたスポーツシートのほか、17スピーカーのBowers & Wilkinsプレミアムサラウンドオーディオシステム、電動リアサイドサンブラインド、トランク用キックセンサーなどが特徴となっている。

価格は2370万円。

(Clubpyme)
 

関連キーワード:
レヴァンテ, マセラティ, 自動車ニュース

マセラティ レヴァンテ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • マセラティ・レヴァンテ トロフェオ(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.27 試乗記 スーパーカー並みのハイパワーを誇る、マセラティの高性能SUV「レヴァンテ トロフェオ」に試乗。どれだけ速いかは言わずもがな。むしろ驚かされたのは、その名門ブランドならではのエレガンスだった。
  • マセラティ・レヴァンテ ディーゼル(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.15 試乗記 いよいよデリバリーが始まった「マセラティ・レヴァンテ」のディーゼルモデルに試乗。いたるところにちりばめられたブランドシグネチャーとは裏腹に、巨大なボディーやエンジンのフィーリングなど、筆者の知る“マセラティ”とはまるで別物……。お前は一体何者だ? その正体がはっきりと見えたのは、伊豆のワインディングロードだった。 
  • メルセデス・ベンツCLA250 4MATIC(4WD/7AT)/CLA200d(FF/8AT)【海外試乗記】 2019.5.10 試乗記 2013年のデビュー以来、コンパクトな4ドアモデルとして人気を集めてきたメルセデス・ベンツの「CLAクーペ」。2代目となる新型は、基幹車種「Cクラス」の存在をおびやかすほどの完成度を見せてくれた。
  • アストンマーティンが「DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」を発表 2019.4.24 自動車ニュース アストンマーティンが「DBSスーパーレッジェーラ ヴォランテ」を発表。2018年6月に発表された「DBSスーパーレッジェーラ」のオープントップモデルで、0-100km/h加速3.6秒、最高速340km/hという動力性能と、オープンエアの心地よさを両立している。
ホームへ戻る