AMGの“公道を走れるF1マシン”の車名決定

2018.09.28 自動車ニュース
「メルセデスAMG ONE」と開発に関与しているメルセデスAMGチームのF1ドライバー、バルテリ・ボッタス。
「メルセデスAMG ONE」と開発に関与しているメルセデスAMGチームのF1ドライバー、バルテリ・ボッタス。拡大

独ダイムラーは、2018年10月に開催されるパリモーターショーにさきがけ、現在開発中のハイブリッドスーパーカーの正式車名を発表した。その名称は「メルセデスAMG ONE」。メルセデスAMGのF1での活躍を彷彿(ほうふつ)とさせる、シンプルで分かりやすいものとなった。

現在ドイツ・ミュンヘンのディーラーには「AMG ONE」の世界観を味わえる“The Future of Driving Performance”と名付けられたショールームも設置されている。
現在ドイツ・ミュンヘンのディーラーには「AMG ONE」の世界観を味わえる“The Future of Driving Performance”と名付けられたショールームも設置されている。拡大
「AMG ONE」のインテリア。こちらは現在も開発が進行中で、まだ最終仕様ではない。
「AMG ONE」のインテリア。こちらは現在も開発が進行中で、まだ最終仕様ではない。拡大
ショールームからは「AMG ONE」の最新情報が発信されるほか、車両説明用の映像が流され“公道走行可能なF1マシン”のパフォーマンスを知ることができる。
ショールームからは「AMG ONE」の最新情報が発信されるほか、車両説明用の映像が流され“公道走行可能なF1マシン”のパフォーマンスを知ることができる。拡大

2017年9月のフランクフルトモーターショーで、ダイムラーは“公道走行可能なF1マシン”を標榜(ひょうぼう)するハイブリッドスーパースポーツカーを製造・販売するという計画「プロジェクトONE」を発表。同会場では、F1マシンほぼそのままとなる1.6リッターのV6に4つのモーターを組み合わせ、システム最高出力1000psとなるハイブリッドのパワートレインを搭載することや、駆動方式が4WDであること、そして最高速度は約350km/h、0-200km/h加速は6秒と、市販車最速を目指すことなどが発表されたが、製造予定の車両名称は公表されていなかった。

現在、AMG ONEは、イギリスのサーキットで集中走行テストを行いながら、風洞設備においてエアロダイナミクス試験を実施中。AMG ONEに搭載されるアクティブエアロダイナミクスは、レースモードにおいて最大のダウンフォースを発生するために2段階で作動するリアウイングを備えており、開発陣はそうしたF1由来のテクノロジーを“公道走行可能なF1マシン”に生かすという目標に挑戦しているという。

(Clubpyme)

あなたにおすすめの記事
新着記事