ラインナップも販売台数も右肩上がり!
125ccクラスの隆盛がニッポンの二輪事情を変える

2018.10.08 デイリーコラム

地味で中途半端な存在だった125ccクラス

バイクの中でも、50ccのように手軽ではなく、250ccほど本格的ではない125ccという排気量は、長い間ツウというかマニアックというか地味というか、ちょっとハンパなカテゴリーとして存在していた。

だからというわけではないものの、125ccはバイクを取り巻く法規の中でもどっちつかずの存在で、道路交通法的には「小さい普通自動二輪」だが、道路運送車両法の中では「大きい原動機付自転車」となっている。(下記参照)

とても不思議である。不思議ついでに書いておくと、表中にある「軽二輪」は「二輪の軽自動車」、「小型二輪」は「二輪の小型自動車」をそれぞれ意味し、これもちょっとややこしい。1.8リッターの「ホンダ・ゴールドウイング」は誰がどう見ても「大きなバイク」なのに、道路運送車両法の下では「タイヤが2つの小さなクルマ」に区分されるからだ。

……ということを根掘り葉掘り書いていくとキリがないので話題を戻すと、これまであまり目立たない排気量だった「125ccクラス」が、ここにきてがぜん盛り上がりつつあるのだ。

ここで言う「125ccクラス」とは、黄色ナンバー(50cc超~90cc以下)とピンクナンバー(90cc超~125cc以下)をひっくるめた、50cc超~125cc以下の「原付第二種(=小型限定普通自動二輪免許)」のことを指す。黄色とピンクの違いはそれほどややこしくはない。両者の間にあるのは単に軽自動車税の金額の差で、前者が2000円、後者が2400円となる。適用される法律は同じだ。

およそ1年のタイムラグを挟みつつ、50ccだった従来モデルと入れ替わる形で登場した「ホンダ・モンキー125」。“50ccから125ccへ”という昨今の流れを象徴するモデルといえる。
およそ1年のタイムラグを挟みつつ、50ccだった従来モデルと入れ替わる形で登場した「ホンダ・モンキー125」。“50ccから125ccへ”という昨今の流れを象徴するモデルといえる。拡大
「モンキー125」と並ぶホンダの注目モデル「スーパーカブC125」。他のモデルとは異なる車体デザインや各部の装飾、切削光輝加工のアルミキャストホイールなどを特徴とする、スーパーカブの最上級モデルだ。
「モンキー125」と並ぶホンダの注目モデル「スーパーカブC125」。他のモデルとは異なる車体デザインや各部の装飾、切削光輝加工のアルミキャストホイールなどを特徴とする、スーパーカブの最上級モデルだ。拡大
ホンダの大型ツアラーである「ゴールドウイング」。1.8リッター(!)の大排気量6気筒エンジンを積むものの、道路運送車両法では「小型二輪」というくくりとなる。小型とは一体……。
ホンダの大型ツアラーである「ゴールドウイング」。1.8リッター(!)の大排気量6気筒エンジンを積むものの、道路運送車両法では「小型二輪」というくくりとなる。小型とは一体……。拡大
“黄色ナンバー”と“ピンクナンバー”の違いは、軽自動車税の税額程度。適用される法律は同じだ。写真はピンクナンバーを掲げた「ホンダ・スーパーカブ110」。(写真=荒川正幸)
“黄色ナンバー”と“ピンクナンバー”の違いは、軽自動車税の税額程度。適用される法律は同じだ。写真はピンクナンバーを掲げた「ホンダ・スーパーカブ110」。(写真=荒川正幸)拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事