クルマ好きなら毎日みてる Clubpyme 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ホンダCB125R(MR/6MT)

ベテランよ来たれ 2018.10.06 試乗記 オートバイ本来の楽しさを追求して開発された、ホンダのコンパクトスポーツバイク「CB125R」。トラディショナルでありながら新しいという“ネオスポーツカフェ”の走りは、これまでの小排気量モデルとどう違う?

ただいま人気のカテゴリー

最近、125ccスポーツバイクの人気が高くなってきている。「維持費が安いから若いライダーたちに人気なんだろう」なんて思ったのだけれど、話を聞くと収入の関係で1台しか所有できない若者たちは、ロングツーリングから普段の街乗りなど総合的に使えるマシンが必要になる。そうなるとどうしても高速道路に乗れる250を選ぶことになるらしい。

それじゃあ誰が125に注目しているのかというと、実はベテランライダーたち。平均年齢が高くなってきて軽いバイクを求める声が少しずつ大きくなってきた。といっても乗り換えるのではなく、普段気軽に走ることができるセカンドバイクを増車するケースが増えてきたのである。

125なら維持費もさほどかからない。そして最近、走っても楽しいマシンが増えてきたことで、このクラスの注目度ががぜん高くなっているわけだ。

そんな中にホンダが送り込んできたブランニューモデルがCB125Rだ。兄貴分の「CB1000R」や「CB250R」と共通のデザインとなっているこのマシンは、細かな部分の作り込みもしっかりしていて、安っぽさがまったくない。

エンジンも元気がいい。始動してスロットルを大きくあけた瞬間、鋭く吹け上がって驚かされるほど。今までの125とはずいぶん感じが違う。

フライホイールマスがとても小さい感じなのだが、だとすれば低回転でギクシャクしたり粘り強さがなくなったりしてしまうはずなのだけれど、そういう乗りにくさは皆無。意識的に低回転で急激にクラッチをつないでもエンストしたりすることもない。

パワーが出てくるのは8000rpmくらいから。排気音が甲高くなって1万0500rpmぐらいまできれいに回る。高回転を常用して走るのは楽しい。これくらいの排気量だと普通に街を走るだけでもエンジンの性能を引き出して走る楽しさを味わうことができるし、回し切った時のフィーリングも単気筒らしからぬ爽快感がある。

2018年3月に発売された、「CB」シリーズのエントリーモデル「ホンダCB125R」。原付二種に属するため、自動車保険のファミリーバイク特約で任意保険がまかなえるなど、ローコストでの維持が可能となっている。
2018年3月に発売された、「CB」シリーズのエントリーモデル「ホンダCB125R」。原付二種に属するため、自動車保険のファミリーバイク特約で任意保険がまかなえるなど、ローコストでの維持が可能となっている。拡大
排気量124ccの水平4ストロークエンジンは、1万rpmで最高出力13psを発生。ボディーカラー(試乗車の黒のほか、赤と白の計3色をラインナップ)に関わらず、エンジンの下方には銀色のアンダーパネルが装着される。
排気量124ccの水平4ストロークエンジンは、1万rpmで最高出力13psを発生。ボディーカラー(試乗車の黒のほか、赤と白の計3色をラインナップ)に関わらず、エンジンの下方には銀色のアンダーパネルが装着される。拡大
メーターパネルは液晶表示。シフトアップインジケーターやタコメーターのピークホールド機能も備わる。
メーターパネルは液晶表示。シフトアップインジケーターやタコメーターのピークホールド機能も備わる。拡大
マフラーは特徴的なショートタイプ。重量物を車体の中央に寄せることで、軽快感のあるハンドリングを追求した。
マフラーは特徴的なショートタイプ。重量物を車体の中央に寄せることで、軽快感のあるハンドリングを追求した。拡大
ブレーキシステムには、放熱性に優れる花弁型のブレーキディスクを採用。ホイールは前後とも17インチ。
ブレーキシステムには、放熱性に優れる花弁型のブレーキディスクを採用。ホイールは前後とも17インチ。拡大
高剛性かつ軽量な車体を持つ「CB125R」。後輪の浮き上がりを抑制するIMU付きのABSが標準で装備される。
高剛性かつ軽量な車体を持つ「CB125R」。後輪の浮き上がりを抑制するIMU付きのABSが標準で装備される。拡大
リアのサスペンションは、中央1本で支えるモノショックタイプ。赤いスプリングが存在を主張する。
リアのサスペンションは、中央1本で支えるモノショックタイプ。赤いスプリングが存在を主張する。拡大
同乗者用リアシートの下には、小物入れスペースが確保される。純正オプションとして容量13リッターの「リアシートバッグ」(8640円)も用意される。
同乗者用リアシートの下には、小物入れスペースが確保される。純正オプションとして容量13リッターの「リアシートバッグ」(8640円)も用意される。拡大

ハンドリングはマニアック

このバイク、超高回転型のツインエンジンを搭載した250スポーツバイクよりも街では使いやすく感じる。250はゆっくり走るか飛ばすかどちらかに限定すればいいのだけれど、普通に走っている状態から加速しようとした時、パワーバンドに入るまでに多少時間がかかって、それがストレスになってしまう。CB125Rは低速トルクもあるしパワーも低いところから盛り上がってくるから、タイムラグなく加速に移ることができるのだ。

メチャクチャにマニアックだなと思ったのがハンドリング。誰が乗っても乗りやすいのだけれど、サスペンションを含めた車体の方向性はとてもスポーティー。ステップ位置もスポーツライディングを意識した高さ。フロントフォークもしっかりしていて、ハードブレーキングしながらコーナーに突っ込んでいっても不安がない。スポーツバイク的に体重移動してステップやステアリングに荷重してやると、クイックに気持ちよく曲がっていく。

17インチタイヤでこの味付けだから、超低速でバイクを何となく倒そうとするような操作をすると、ステアリングがちょっと落ち着かない感じがするのだけれど、少し積極的にコントロールしていくと、どんどん楽しくなる性格だ。

ここまでスポーティーで本格的な125スポーツバイクは、これまでなかった。バイクにうるさいベテランオヤジライダー世代にぜひ乗っていただきたいモデルである。

(文=後藤 武/写真=三浦孝明/編集=関 顕也)

ホンダCB125R
ホンダCB125R拡大
ヘッドランプをはじめ、「CB125R」の灯火類はすべてLED式になっている。
ヘッドランプをはじめ、「CB125R」の灯火類はすべてLED式になっている。拡大

【スペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=2040×820×1055mm
ホイールベース:1345mm
シート高:815mm
重量:127kg
エンジン:124cc 水冷4ストローク単気筒 OHC 2バルブ
最高出力:13ps(9.8kW)/1万rpm
最大トルク:10Nm(1.0kgm)/8000rpm
トランスミッション:6段MT
燃費:53.0km/リッター(国土交通省届出値 定地燃費値)/47.2km/リッター(WMTCモード)
価格:44万8200円

関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

ご登録いただいた情報は、メールマガジン配信のほか、『Clubpyme』のサービス向上やプロモーション活動などに使い、その他の利用は行いません。

ご登録ありがとうございました。

あなたにおすすめの記事