第34回:北欧からの風――ボルボ&サーブ
グローバル化の中で保ち続けた独創性

2018.10.11 自動車ヒストリー 他のどの国のモデルとも趣を異にする、独創性が魅力の北欧の2ブランド、ボルボとサーブ。欧州屈指の工業国である、スウェーデンの自動車史そのものともいえる両社の変遷を、その歴史を彩ったあまたのモデルとともに振り返る。

金属加工会社から生まれたボルボ

1980年代後半から90年代にかけて、日本ではボルボとサーブの人気が高まりつつあった。バブル最盛期にはもてはやされたメルセデス・ベンツやBMWに代わるモデルが求められていたのだ。精密で高性能なドイツ車とは違った味わいを持つクルマということでクローズアップされたのが、北欧スウェーデンから清新な風をもたらした2つのメーカーである。どちらのモデルも、一目見ただけで他のヨーロッパ車とは明らかに違うことが見てとれた。

人気の高かったサーブのモデルが「900」である。強いラウンド型で立ち気味のフロントウィンドウとスラントノーズを備え、見たことのないプロポーションがスタイリッシュな印象を与えた。特に女性から好まれた派手なボディーカラーのカブリオレは、アメリカンな雰囲気さえ漂わせていた。

対照的なイメージで支持されたのがボルボである。「240」や「740」などの角張った形をしたモデルは、武骨さや真面目さを体現しているように見えた。とりわけ注目を集めたのは、ワゴンモデルである。実用に徹したフォルムが逆に新鮮で、クルマに荷物をたくさん積んでレジャーに出かけるというトレンドにも親和性があった。

目新しさが人気の背景にあったことは否定できない。世界的に見ても、スウェーデン車は自動車のメインストリームではなかった。ただ、この国は古くから工業国として知られており、特にスウェーデン鋼は上質な鉄鋼の代名詞とされていた。ボルボの誕生にも、金属加工の会社が関わっている。

1924年、ボールベアリング製造会社SKFの重役だったアッサール・ガブリエルソンが、エンジニアのグスタフ・ラーソンに自動車設計を依頼した。ガブリエルソンは自社の製品が高品質で価格競争力もあることを知り、技術力を生かしてスウェーデンに自動車工業を起こすべきだと考えたのだ。そこで以前SKFに勤めていたラーソンに声をかけ、プロトタイプの製作に乗り出した。基本理念として定められたのは、徹底したテストを行って高い品質を追求することである。

彼らはSKFの休眠ブランドになっていたボルボ(ラテン語で「回る」「転がる」の意味)の名を使って自動車製造を始めた。初の量産車は、1927年に発売された「PV4」である。PVとはPerson Vagnの略で、サルーンの意味を持つ。売れ行きはなかなか伸びなかったが、翌年から販売したトラックの成功で経営基盤が整っていった。1932年に累計生産台数1万台を達成した時、その内訳は乗用車が3200台、トラックが6800台という比率だった。

「サーブ900」は「99」に代わる主力モデルとして1978年にデビュー。フルモデルチェンジは1993年と、息の長いモデルとなった。
「サーブ900」は「99」に代わる主力モデルとして1978年にデビュー。フルモデルチェンジは1993年と、息の長いモデルとなった。拡大
豊富なバリエーションも「サーブ900」の魅力であり、3ドアと5ドアのハッチバックや、4ドアのノッチバックセダンに加え、後に2ドアセダンやコンバーチブルも追加された。
豊富なバリエーションも「サーブ900」の魅力であり、3ドアと5ドアのハッチバックや、4ドアのノッチバックセダンに加え、後に2ドアセダンやコンバーチブルも追加された。拡大
ボルボの新しい上級モデルとして1982年にデビューした「700」シリーズ。当初は6気筒の「760」のみだったが、2年後に4気筒のスタンダードモデル「740」が登場。後にベルトーネがデザインした高級クーペ「780」も追加されている。
ボルボの新しい上級モデルとして1982年にデビューした「700」シリーズ。当初は6気筒の「760」のみだったが、2年後に4気筒のスタンダードモデル「740」が登場。後にベルトーネがデザインした高級クーペ「780」も追加されている。拡大
自動車メーカー、ボルボの創業者である、アッサール・ガブリエルソン(左)とグスタフ・ラーソン(右)。
自動車メーカー、ボルボの創業者である、アッサール・ガブリエルソン(左)とグスタフ・ラーソン(右)。拡大
ボルボ最初期の市販モデル「PV4」。オープントップの「ÖV4」ともども、1927年から1929年まで生産された。
ボルボ最初期の市販モデル「PV4」。オープントップの「ÖV4」ともども、1927年から1929年まで生産された。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事