“テスラキラー”の本命は!?
プレミアムブランドの最新EVを比較

2018.10.10 デイリーコラム

プレミアムブランドのEVが相次いでデビュー

いよいよ市販プレミアム電気自動車(EV)が出そろってきた。この9月には、メルセデス・ベンツが電動モビリティーを中心に据えたサブブランドとして展開するEQの市販モデル第1弾となる「EQC」が、そしてやはりアウディ初のEVとなる「e-tron」が相次いで発表された。また国内で、これらに先行したジャガーのEV、「Iペース」の発表もあった。プレミアムブランドの電動化の波、いよいよ到来である。

このムーブメントに火をつけたのがテスラであることは言うまでもない。「モデルS」「モデルX」は大成功を収め、世界各地でプレミアムカー市場に大きく食い込んでいる。そこにヨーロッパを襲ったディーゼルゲートもあり、一気にEVへの機運が高まったのだ。

では、これらの最新モデルたちはテスラに対抗できる、あるいは凌駕(りょうが)できるだけの実力を備えているのだろうか。現時点で試乗できているモデルはIペースだけだが、ここではまずスペックから考察してみたい。

「ジャガーIペース」は最高出力200ps、最大トルク348Nmのモーターを前後軸に1基ずつ搭載。リチウムイオンバッテリーの容量は90kWhで、一充電あたりの航続可能距離は470km(WLTPモード値)。
「ジャガーIペース」は最高出力200ps、最大トルク348Nmのモーターを前後軸に1基ずつ搭載。リチウムイオンバッテリーの容量は90kWhで、一充電あたりの航続可能距離は470km(WLTPモード値)。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(4WD/9AT)【試乗記】 2019.3.9 試乗記 ジャガーのエントリーSUV「Eペース」に試乗。舞台として選ばれたのは冬の長野・白馬村。冬季オリンピックが開催されたこの地で、同車自慢の4WD性能を試すはずだったのだが……。前日の雨で路面から雪は消えていた。
  • ジャガーEペースR-DYNAMIC SE P250(4WD/9AT)【試乗記】 2018.4.27 試乗記 ジャガーブランドの新型SUV「Eペース」は、ほかのメーカーが手がけるコンパクトSUVと何が違う? 新世代のガソリンターボエンジンを搭載する「R-DYNAMIC SE P250」に試乗して、その乗り味をチェックした。
  • 2019年型「ジャガーEペース」に200psの廉価グレード登場 2018.12.21 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年12月21日、コンパクトSUV「ジャガーEペース」の2019年モデルを発表した。最高出力200psの廉価グレードがラインナップに加えられたほか、コネクティビティーが強化されている。
  • BMW X3 M40d(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.15 試乗記 最高出力326psの3リッター直6ディーゼルターボエンジンを搭載する「BMW X3 M40d」に試乗。BMW Mが手がけた高性能ディーゼルと、同社がスポーティーなチューンを施したというシャシーの組み合わせを味わってみた。
  • ランドローバー・ディスカバリーHSEラグジュアリー(ディーゼル)(4WD/8AT)【試乗記】 2019.3.14 試乗記 どんなに代を重ねようとも、出自はオフロード1丁目1番地。ブランド設立から四駆一筋70年もの歴史を持つランドローバー自慢の4WD性能を試すために、「ディスカバリー」のディーゼルモデルで冬の信州路を走った。
ホームへ戻る