“テスラキラー”の本命は!?
プレミアムブランドの最新EVを比較

2018.10.10 デイリーコラム

プレミアムブランドのEVが相次いでデビュー

いよいよ市販プレミアム電気自動車(EV)が出そろってきた。この9月には、メルセデス・ベンツが電動モビリティーを中心に据えたサブブランドとして展開するEQの市販モデル第1弾となる「EQC」が、そしてやはりアウディ初のEVとなる「e-tron」が相次いで発表された。また国内で、これらに先行したジャガーのEV、「Iペース」の発表もあった。プレミアムブランドの電動化の波、いよいよ到来である。

このムーブメントに火をつけたのがテスラであることは言うまでもない。「モデルS」「モデルX」は大成功を収め、世界各地でプレミアムカー市場に大きく食い込んでいる。そこにヨーロッパを襲ったディーゼルゲートもあり、一気にEVへの機運が高まったのだ。

では、これらの最新モデルたちはテスラに対抗できる、あるいは凌駕(りょうが)できるだけの実力を備えているのだろうか。現時点で試乗できているモデルはIペースだけだが、ここではまずスペックから考察してみたい。

「ジャガーIペース」は最高出力200ps、最大トルク348Nmのモーターを前後軸に1基ずつ搭載。リチウムイオンバッテリーの容量は90kWhで、一充電あたりの航続可能距離は470km(WLTPモード値)。
「ジャガーIペース」は最高出力200ps、最大トルク348Nmのモーターを前後軸に1基ずつ搭載。リチウムイオンバッテリーの容量は90kWhで、一充電あたりの航続可能距離は470km(WLTPモード値)。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーIペース ファーストエディション(4WD)/IペースSE(4WD)【試乗記】 2019.4.4 試乗記 いよいよ日本に導入された、ジャガーの100%電気自動車(EV)「Iペース」。エンジンを搭載しないEVならではのスタイリングをまとうニューモデルは、スポーツカーを出自とするジャガーの名に恥じないクルマに仕上がっていた。
  • ジャガーXJ50(FR/8AT)【試乗記】 2019.5.8 試乗記 「ジャガーXJ」の誕生50周年を記念して設定された、限定モデル「XJ50」に試乗。デビューから10年がたち次期モデルのうわさもチラホラ聞こえる今にあっても、ジャガーの新世代を切り開いたフラッグシップサルーンの魅力は、色あせていなかった。
  • 三菱eKワゴンG(FF/CVT)/eKクロスG(4WD/CVT)/eKクロスT(4WD/CVT)【試乗記】 2019.5.3 試乗記 日産が開発を主導、三菱が生産を受け持つという役割分担で生まれた、三菱の新型軽ハイトワゴン「eK」シリーズ。ミニバン「デリカD:5」譲りの“コワモテ”が目を引く「eKクロス」と、幅広いユーザーをターゲットにした「eKワゴン」に試乗し、その走りと使い勝手を確かめた。
  • 日産リーフe+ G(FF)【試乗記】 2019.5.7 試乗記 電気自動車「日産リーフ」のラインナップに新たに加わった、大容量バッテリー搭載の上級モデル「e+」。「JC08モードで570km」という一充電走行距離が注目されているが、その進化は動力性能や“走りの質”など、多岐にわたるものだった。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア2.2ターボ ディーゼル スーパー(FR/8AT)【試乗記】
    2019.5.15 試乗記 イタリア生まれのセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」にクリーンディーゼル搭載車が登場。その走りは、このブランドの歴史と伝統を思い起こさせるほど、スポーティーなテイストに満ちていた。
ホームへ戻る