第107回:修復歴アリに勝負を賭けろ

2018.10.16 カーマニア人間国宝への道

激安BMWの魅力は絶大!

国民車議論再びで盛り上がっている当連載だが、閑話休題。価格的には「N-BOX」(新車)のガチライバルである、「BMW 320d」の中古車の話題を取り上げさせてほしい。

先日、旧知のクリさんから連絡があった。クリさんは10年前、コーナーストーンズを通じて、私が乗っていた黒い「フェラーリ360モデナ」を買ってくれた方。スーパーカー世代のカーマニアである。

クリさん「現在、モデナと『アルファ159』の2台体制ですが、アルファ159は中古で150万で買って4年、距離は10万kmを優に超え、最近一気にボロくなってきました。そこで、次期通勤&生活車として、先生と同じ「BMW 3シリーズ」を考えています! というか私が3シリーズを買おうか考えている間に、先生が先に買われた次第ですが。で、最近見つけたこの物件はいかがでしょうか?」

それは、関東圏で頂点(底辺)に君臨する激安店の、「BMW 320dラグジュアリー」(2015年式/走行2.7万km/修復歴アリ)だった。

クリさん「2015年式の2.7万kmで179万というのは、すごく安くないですか!? 修復歴アリとのことですが、このあたりどう判断すべきか……」

それは猛烈に難しい問題である。

クリさん「お店に見積書を依頼したところ、法定費用と諸経費で合計26万円ぐらいかかるようです。いわゆる激安価格で釣って諸経費で取るパターンですね。総額にすると208万ぐらいになるらしいのですが、それでもお得かなぁって思いまして。アドバイスをお願いします! ちなみに上記の店は、ネットの評判は良くないです(笑)」

さもありなん。しかし激安の魅力は絶大である。

中古の「BMW 320d」は価格的には新車の「ホンダN-BOX」のライバルといっていい!
中古の「BMW 320d」は価格的には新車の「ホンダN-BOX」のライバルといっていい!拡大
筆者がかつて所有していた“ウルトラスーパーカー”こと「フェラーリ360モデナ」。
筆者がかつて所有していた“ウルトラスーパーカー”こと「フェラーリ360モデナ」。拡大
“ウルトラスーパーカー”はサーキット走行でも活躍。リアバンパーには“特攻一番機”のステッカーが貼られていた。
“ウルトラスーパーカー”はサーキット走行でも活躍。リアバンパーには“特攻一番機”のステッカーが貼られていた。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 330i Mスポーツ/320dスポーツライン/M340i xDrive【海外試乗記】 2018.12.14 試乗記 BMWの中核モデル「3シリーズ」がフルモデルチェンジ。ガソリン車、ディーゼル車を織り交ぜポルトガル南部のアルガルヴェで走らせた新型はどれも、「これぞスポーツセダン!」と叫びたくなる仕上がりだった。
  • BMW M340i xDrive(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.12.26 試乗記 BMWのセダンをBMWのセダンたらしめてきたものといえば、ライバルとは一線を画した走りのスポーティーさだ。7代目となる新型「3シリーズ」は、歴代モデルが受け継いできたそのアイデンティティーを、一気に昇華させたモデルといえるだろう。スペイン南部、アルガルヴェで試した。
  • BMWアルピナB4 Sビターボ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.12.27 試乗記 ドイツの小さな自動車メーカー「アルピナ」が生産する市販車は、年間わずか1700台ほど。今回、車名に「S」を冠した「B4ビターボ」の高性能版クーペをワインディングロードに連れ出し、21世紀になった今も変わらず貴重な存在であり続ける、その魅力を味わってみた。
  • モデューロの歴史を彩る新旧3台を比較試乗 2018.12.21 Moduloの25年史<PR> ホンダの純正カスタマイズブランド、Modulo(モデューロ)のコンプリートカー「ホンダS660モデューロX」に試乗。モデューロの用品を取り付けた「ビート」や初代「NSX」との比較なども通して、このブランドの特徴と、今日に受け継がれる走りの思想を探った。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(4WD/7AT)【試乗記】 2019.1.7 試乗記 生産台数900台となる「アヴェンタドールSVJ」の記念すべき1号車が、目の前にある。歴代最高となる770psのパワーを持ち、ランボルギーニ自慢の可変空力デバイス「ALA」を採用したフラッグシップモデルの走りを、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る