新型がデビューする今だからこそ知っておきたい!
ジープCJ&ラングラーの歴史を振り返る

2018.10.22 デイリーコラム

“あなたのジープ”が“私のジープ”とは限らない

11年ぶりの新型となる「JL」の日本導入が、いよいよ秒読みとなった「ジープ・ラングラー」。このクルマを、「世界で最も歴史のあるクロスカントリー車」と表しても、文句を言う人はいないでしょう。なにせ、ご祖先にあたる「ウィリスMB」の登場は1941年。民生仕様の「CJ」にしたって1945年である。それと比べれば、「スズキ・ジムニー」(1970年)も「メルセデス・ベンツGクラス」(1979年)も、まだまだヒヨっこだ。

しかし、歴史の長いクルマだからこそ、人によってジープに抱くイメージはずいぶん違うのではないか? ミリタリー好きの皆さまならウィリスMBや「M-38A1(MD)」だろうし、アメ車に憧れたことがある人なら、ボンネットにワシが描かれた「CJ-7」あたりが“ザ・ジープ”だろう。近年のユーザーにとってはもちろんラングラーだが、そもそも「ジープっつったら三菱だろう!」というマニアな方もおられるかもしれない。

丸目2灯にセブンスロットグリル、あれこれ外せるオープンボディーと、基本デザインは踏襲しつつも時代に即して少しずつ進化し、さまざまな印象をファンに植え付けてきたCJ/ラングラー。人によっては細切れになっているかもしれないその歴史を、今回は俯瞰(ふかん)して見てみたいと思う。

先述の通り、元祖ジープこと「ウィリスMB/フォードGPW」が生まれたのは、第2次大戦真っただ中の1941年のこと。戦場での偵察や連絡、運搬などの任務を担う小型四輪駆動車として誕生した……のだが、そのあたりについては『自動車ヒストリー』に詳しいので今回は割愛。とにかく、同車の生産を担っていたウィリス・オーバーランドが、1944年に民生仕様のCJ(Civilian Jeep)の開発に着手したのがすべての始まりだ。戦争が終われば軍需の縮小は間違いないし、どこでも走れる丈夫で軽便な4WD車は、民間でも需要があると踏んだのだ。

“元祖ジープ”こと「ウィリスMB」。写真は1943年型。
“元祖ジープ”こと「ウィリスMB」。写真は1943年型。拡大
1952年に登場した軍用の「M-38A1」(写真は1955年型)。長いホイールベースとやわらかい乗り心地、パワフルなエンジンなどが特徴で、丸みを帯びたデザインは「CJ-5」のベースとなった。
1952年に登場した軍用の「M-38A1」(写真は1955年型)。長いホイールベースとやわらかい乗り心地、パワフルなエンジンなどが特徴で、丸みを帯びたデザインは「CJ-5」のベースとなった。拡大
1979年型「CJ-7ゴールデンイーグル」。「三菱ジープ」とは一線を画す堂々としたボディーサイズと、ボンネットにデカデカと描かれた黄金のワシのイラストがいかにもアメリカンである。
1979年型「CJ-7ゴールデンイーグル」。「三菱ジープ」とは一線を画す堂々としたボディーサイズと、ボンネットにデカデカと描かれた黄金のワシのイラストがいかにもアメリカンである。拡大
1946年当時のジープの広告。このころのジープは、あくまで業務用の車両として考えられていた。
1946年当時のジープの広告。このころのジープは、あくまで業務用の車両として考えられていた。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.27 試乗記 およそ70年の歴史を持つ、本格クロスカントリーモデル「ジープ・ラングラー」。雪道を行く最強グレード「ルビコン」の走りは、ほかのクルマでは得がたい機能性を感じさせるものだった。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ ローンチエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2019.2.22 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで登場した「JL型」こと新型「ジープ・ラングラー」。“民生クロカンの元祖”ともいえるクルマの最新版は、どのような走りを見せるのか? 3.6リッターV6エンジン搭載車で確かめた。
  • ジープ・レネゲード リミテッド(FF/6AT)【試乗記】 2019.5.14 試乗記 「ラングラー」風のフロントマスクに生まれ変わった「ジープ・レネゲード」だが、今回のマイナーチェンジの主眼はパワートレインの変更だ。高速道路に山坂道にと連れ出して見えてきたのは、伏流水のように流れているイタリア車の血脈だった。
  • ホンダ・クラリティPHEV EX(FF)【試乗記】 2019.4.29 試乗記 燃料電池車、電気自動車、プラグインハイブリッド車の3つのパワートレインを同一プラットフォームに採用する、「3 in 1コンセプト」の下で誕生した「ホンダ・クラリティPHEV」。欧州を筆頭にパワートレインの電化が積極的に推し進められていく中、あらためて試乗してその存在意義を再考してみた。
  • 「ジープ・ラングラー アンリミテッド サハラ」の受注開始 2019.3.1 自動車ニュース FCAジャパンは2019年3月1日、新型「ジープ・ラングラー」に、新たに「アンリミテッド サハラ」を設定し、同日に受注を開始した。4代目ラングラーは、4つのバリエーションから選べるようになった。
ホームへ戻る