新型がデビューする今だからこそ知っておきたい!
ジープCJ&ラングラーの歴史を振り返る

2018.10.22 デイリーコラム

“あなたのジープ”が“私のジープ”とは限らない

11年ぶりの新型となる「JL」の日本導入が、いよいよ秒読みとなった「ジープ・ラングラー」。このクルマを、「世界で最も歴史のあるクロスカントリー車」と表しても、文句を言う人はいないでしょう。なにせ、ご祖先にあたる「ウィリスMB」の登場は1941年。民生仕様の「CJ」にしたって1945年である。それと比べれば、「スズキ・ジムニー」(1970年)も「メルセデス・ベンツGクラス」(1979年)も、まだまだヒヨっこだ。

しかし、歴史の長いクルマだからこそ、人によってジープに抱くイメージはずいぶん違うのではないか? ミリタリー好きの皆さまならウィリスMBや「M-38A1(MD)」だろうし、アメ車に憧れたことがある人なら、ボンネットにワシが描かれた「CJ-7」あたりが“ザ・ジープ”だろう。近年のユーザーにとってはもちろんラングラーだが、そもそも「ジープっつったら三菱だろう!」というマニアな方もおられるかもしれない。

丸目2灯にセブンスロットグリル、あれこれ外せるオープンボディーと、基本デザインは踏襲しつつも時代に即して少しずつ進化し、さまざまな印象をファンに植え付けてきたCJ/ラングラー。人によっては細切れになっているかもしれないその歴史を、今回は俯瞰(ふかん)して見てみたいと思う。

先述の通り、元祖ジープこと「ウィリスMB/フォードGPW」が生まれたのは、第2次大戦真っただ中の1941年のこと。戦場での偵察や連絡、運搬などの任務を担う小型四輪駆動車として誕生した……のだが、そのあたりについては『自動車ヒストリー』に詳しいので今回は割愛。とにかく、同車の生産を担っていたウィリス・オーバーランドが、1944年に民生仕様のCJ(Civilian Jeep)の開発に着手したのがすべての始まりだ。戦争が終われば軍需の縮小は間違いないし、どこでも走れる丈夫で軽便な4WD車は、民間でも需要があると踏んだのだ。

“元祖ジープ”こと「ウィリスMB」。写真は1943年型。
“元祖ジープ”こと「ウィリスMB」。写真は1943年型。拡大
1952年に登場した軍用の「M-38A1」(写真は1955年型)。長いホイールベースとやわらかい乗り心地、パワフルなエンジンなどが特徴で、丸みを帯びたデザインは「CJ-5」のベースとなった。
1952年に登場した軍用の「M-38A1」(写真は1955年型)。長いホイールベースとやわらかい乗り心地、パワフルなエンジンなどが特徴で、丸みを帯びたデザインは「CJ-5」のベースとなった。拡大
1979年型「CJ-7ゴールデンイーグル」。「三菱ジープ」とは一線を画す堂々としたボディーサイズと、ボンネットにデカデカと描かれた黄金のワシのイラストがいかにもアメリカンである。
1979年型「CJ-7ゴールデンイーグル」。「三菱ジープ」とは一線を画す堂々としたボディーサイズと、ボンネットにデカデカと描かれた黄金のワシのイラストがいかにもアメリカンである。拡大
1946年当時のジープの広告。このころのジープは、あくまで業務用の車両として考えられていた。
1946年当時のジープの広告。このころのジープは、あくまで業務用の車両として考えられていた。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド スポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.12.6 試乗記 実に11年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた「ジープ・ラングラー」。エンジンのダウンサイジング化やATの多段化などによって洗練されたのはいいものの、果たして人々が求める“ジープらしさ”は残っているのだろうか。4ドア・2リッターの「アンリミテッド スポーツ」に試乗した。
  • ジープ・チェロキー リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.12.25 試乗記 ジープブランドのモデルラインナップにおいて、日本ではちょっと地味な立場の「チェロキー」だが、中身はなかなかの実力派SUVだ。旗艦モデル「グランドチェロキー」風のマスクを手にしただけでなく、パワーユニットにも手が入るほどの大規模な改良を受けた、最新モデルの出来栄えやいかに!?
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 70年を優に超える歴史を誇る、元祖クロスカントリーモデル「ジープ・ラングラー」。11年ぶりのモデルチェンジで誕生した新型は、従来モデルからどう進化し、何を受け継いだのか。オンロードとオフロード、双方の試乗を通して確かめた。
  • ホンダCR-VハイブリッドEX・マスターピース(4WD)【レビュー】 2019.1.21 試乗記 およそ2年のインターバルを経て、2018年8月に日本市場に復帰したホンダのミドルクラスSUV「CR-V」。4WDの実力を試すべく、スタッドレスタイヤを履いたハイブリッド車を借り出したものの、試乗ではむしろパワートレインの上質感に感銘を受けることとなった。
  • トライアンフから新たな大型二輪モデル「スピードツイン」登場 2019.2.13 自動車ニュース トライアンフから新型の大型二輪モデル「スピードツイン」が登場。クラシカルな「ボンネビル」シリーズの最新モデルにあたり、専用設計のシャシーに高出力版の1.2リッター並列2気筒エンジンを搭載した、スポーティーな走りを特徴としている。
ホームへ戻る