クルマ好きなら毎日みてる Clubpyme 新車情報・新型情報・カーグラフィック

DS 7クロスバック グランシックBlueHDi(FF/8AT)

乗るときっと好きになる 2018.10.26 試乗記 遠目にはよくあるミドルサイズSUVだが、近づいてみれば印象はガラリ一変。ドアの向こうには、いたる所に格子柄がちりばめられた、まばゆい世界が広がっていた。この、ある種“イロモノ”のような雰囲気の漂う「DS 7クロスバック」だが、ひとたび走らせてみると、どこか昔のフランス車のような、懐かしい乗り心地を備えたクルマに仕上がっていた。

シックというよりキラキラ

急増するインバウンド需要で盛り上がってはいても、わが日本の来日観光客数はまだ年間3000万人に届いていない。それに対してフランスはずいぶん前から8000万人以上をキープ、首都パリだけで年間3000万人以上が訪れるという世界一の観光大国である。それゆえにDSはパリへの憧れをブランドの土台に取り入れようとしているのだろう。ただ「光の都パリへのオマージュと伝統技法にインスパイアされたインテリア」といわれても、ああ、そうなんですか、と戸惑ってしまうのが正直な気持ちだ。なんだか新興時計ブランドのプレゼンテーションを聞いているようだ。こう言ってはなんですが、近年まれに見るほどの理解が難しいクルマである。ひとことで言って全体的にくどすぎる。ところが、乗ってみたら印象が俄然(がぜん)好転した。

その前にこだわりのインテリアである。ダッシュボード中央のアナログ時計がエンジン始動とともにグルリと回転して現れる仕掛けも(ただし「グランシック」グレードのみ)、オジサンには別に響かない。そんなことに手間をかけるぐらいなら、他にいくらでもすることはあるのではないかと考えてしまうのが世間ずれしたオジサンである。本物の「DS」を知らない若いユーザーならば(私も同時代ではないがかなり乗った経験はある)、おしゃれでユニークと感じてくれるのかもしれないが(そしてそれが狙いなのかもしれないが)、こちとら一本スポークのセルフセンタリングステアリングから半球型のブレーキスイッチやボビンメーター、もちろんハイドロニューマチックも含めて、かつてのシトロエンの数々のユニークなメカニズムを直で経験してきた世代である。この程度のもので驚かそうったってそうは問屋が卸さないわな、とつい口調がぞんざいになってしまう。いたる所にちりばめられた格子柄というか三角形のデザインモチーフも私の趣味ではない。グランシック(Grand Chic)というグレード名の割にはまるでシックな感じではなく、上質な空間というよりも、なんだかちょっとアクの強いインテリアデザイナーが手がけたキラキラ華美なクラブの内装みたいである。

変わっていることは基本悪いものではないが、普通とは違うことが目的になってしまっては本末転倒だろう。

DSブランドの新たなフラッグシップとしてデビューした「DS 7クロスバック」。今回は装備充実の上級グレード「グランシック」のディーゼルモデルに試乗した。
DSブランドの新たなフラッグシップとしてデビューした「DS 7クロスバック」。今回は装備充実の上級グレード「グランシック」のディーゼルモデルに試乗した。拡大
左右のリアコンビランプを結ぶラインやディフューザーなどは、メッキパーツで飾られている。バンパーに組み込まれたマフラーエンドのように見える部分はダミーパーツで、マフラーはバンパーの裏側に配されている。
左右のリアコンビランプを結ぶラインやディフューザーなどは、メッキパーツで飾られている。バンパーに組み込まれたマフラーエンドのように見える部分はダミーパーツで、マフラーはバンパーの裏側に配されている。拡大
3基の大型LEDが印象的なヘッドランプユニット。ドアロック解除で回転しながら点灯、ドアロックで回転しながら格納というギミックを備えている。
3基の大型LEDが印象的なヘッドランプユニット。ドアロック解除で回転しながら点灯、ドアロックで回転しながら格納というギミックを備えている。拡大
「グランシック」では20インチのタイヤ&ホイールが標準。ホイールは「トーキョー」と名付けられている。ちなみに「ソーシック」グレードでは「ブエノスアイレス」と呼ばれる18インチホイールが標準、オプションで19インチの「ジュネーブ」が設定されている。
「グランシック」では20インチのタイヤ&ホイールが標準。ホイールは「トーキョー」と名付けられている。ちなみに「ソーシック」グレードでは「ブエノスアイレス」と呼ばれる18インチホイールが標準、オプションで19インチの「ジュネーブ」が設定されている。拡大

フラッグシップがSUV

2014年にシトロエンから分離独立したDSブランドの、最新のフラッグシップSUVというのがDS 7クロスバックの触れ込みだ。とはいえ、見た目は当節ごく当たり前のミドルクラスSUVだから、フレンチラグジュアリーといわれても、はいそうですか、と素直に納得できないのが違和感の始まりである。1955年デビューのオリジナルDSを引き合いに出すのは古すぎるとしても、かつての「CX」やもっと最近では「C6」、あるいはライバル、ルノーの「ヴェルサティス」や「アヴァンタイム」ぐらい常識を突き抜けたクロスオーバー的なモデルならいざ知らず、パッケージングやスタイリングには取り立てて斬新なところはない。インテリアにもいろいろと工夫というか小細工はあるようだが、特に目新しい機構やアイデアは見当たらない。

スタート間もないブランドだから品ぞろえが十分ではなく、現時点ではこのDS 7クロスバックがフラッグシップという位置づけだが、サイズからいうとミドルクラスであり、外寸は全長×全幅×全高=4590×1895×1635mm、ホイールベース2730mmと、「マツダCX-5」(外寸4545×1845×1690mm、ホイールベース2700mm)よりちょっと大きく背が低いボディーを持つ。20インチを履くグランシックグレードはそれなりにまとまったプロポーションで、インテリアスペースにも不足はない。

「DS 7クロスバック」は、ブランド初となる8段ATを採用。アイシン・エィ・ダブリュとの共同開発になるこのユニットは、全長を従来の6段ATと同等に抑えたことに加えて、軽量化も実現しているという。
「DS 7クロスバック」は、ブランド初となる8段ATを採用。アイシン・エィ・ダブリュとの共同開発になるこのユニットは、全長を従来の6段ATと同等に抑えたことに加えて、軽量化も実現しているという。拡大
「フランスのモダニズムを余すことなく表現した」と説明される「リヴォリ」と名付けられたインテリア。ダッシュボードやドアパネルなどは、格子柄の入ったナッパレザーで飾られる。
「フランスのモダニズムを余すことなく表現した」と説明される「リヴォリ」と名付けられたインテリア。ダッシュボードやドアパネルなどは、格子柄の入ったナッパレザーで飾られる。拡大
パワーウィンドウやドアロックのスイッチは、シフトセレクターの周囲にまとめられている。
パワーウィンドウやドアロックのスイッチは、シフトセレクターの周囲にまとめられている。拡大

ディーゼルらしい力強さ

DS 7クロスバックのエンジンは2リッター直4ディーゼルターボと1.6リッター直4ガソリンターボの2種類、後者は上級グレードのグランシック専用なので、ディーゼル推しということだろう。

177ps/3750rpmと400Nm/2000rpmを生み出す「BlueHDi 180」ユニットは、アイドリングでははっきりディーゼルのメカニカル音が耳に届くが、いったん動き出せば期待通りの力強さを発揮する。これに組み合わされるのがアイシン・エィ・ダブリュ製の8段ATで、聞くところによると最高レベルの効率を誇る最新仕様という。

山道で微妙な加減速が欲しい際にはちょっとレスポンスがもどかしい時もあるが、それ以外は滑らかで頼もしく、カメラとミリ波レーダーによるちゃんとしたACC(アダプティブクルーズコントロール:DSでは「コネクテッドパイロット」と呼ぶ)が装備されることもあって、クルージングは快適である。ロングドライブが得意そうなのはDSと名前が変わっても以前通りのようだ。

ACC機能である「コネクテッドパイロット」は全車に標準装備。停止から3秒以内であれば、自動発進にも対応する。
ACC機能である「コネクテッドパイロット」は全車に標準装備。停止から3秒以内であれば、自動発進にも対応する。拡大
メーターパネルはフル液晶タイプ。例によって表示パターンはさまざまに変更できるが、一般的な2眼式タイプは用意しないのがDS流。
メーターパネルはフル液晶タイプ。例によって表示パターンはさまざまに変更できるが、一般的な2眼式タイプは用意しないのがDS流。拡大
ダッシュボードの中央には、フランスの高級時計ブランドB.R.M製のアナログクロックが備わる。「グランシック」専用装備となるこの時計は、エンジンオンで回転して姿を現す仕掛け。
ダッシュボードの中央には、フランスの高級時計ブランドB.R.M製のアナログクロックが備わる。「グランシック」専用装備となるこの時計は、エンジンオンで回転して姿を現す仕掛け。拡大

昔のフランス車を思い出させる

DS 7クロスバックの最大の驚きにして美点は乗り心地とロードホールディングである。最近はスポーティーなハンドリングを強調した敏しょうなSUVばかりだが、DS 7はエアサスペンション仕様かと最初は思ったほど、ゆったりまったりストロークするのが特徴、大きめの姿勢変化を許しながらもスタビリティーは高く、なんだか昔のフランス車を思い出させる懐かしさがある。どちらのグレードにもカメラが車両前方5~25mの路面状態を検知し、ダンパー減衰力を最適化するという「DSアクティブスキャンサスペンション」なるシステムが備わっているというが、要するにダンパー減衰力を制御するだけのものらしく、これだけが理由ではないはずだ。これはエコ/ノーマル/コンフォート/スポーツの4モードのうちのコンフォートを選ぶと作動するという。スポーツでは確かにぐっと引き締まるが、上下動が明確という基本的なキャラクターに違いはない。ただし、コンフォートでも単にふんわりしているのではなく、ストロークはするが最後にはきっちりその動きを抑えてくれるのでタフで頑健な安定感がある。乗ったら印象がガラリと好転、どこまでも走っていきたくなるという困ったクルマである。

ジャーマンスリーの上級モデルほどではないものの、従来のフランス車とは比べ物にならないぐらい運転支援システムも充実しており、それで2リッターディーゼルターボ搭載のベーシックグレードが469万円という値付けはなかなか魅力的といえる。まあ、インテリアの趣味については何とも言いにくいが、それよりも心配なのはDS 7クロスバックを扱うディーラーが今のところ全国で7カ所しかないということだ。これから本当のフラッグシップモデルも登場するはずだし、今後もこのままのブランド戦略でいいのか、再検討をお願いしたいものである。

(文=高平高輝/写真=小河原認/編集=藤沢 勝)

カメラが路面状況を読み取ってダンパーの減衰力を最適化する「DSアクティブスキャンサスペンション」は全車に標準装備される。
カメラが路面状況を読み取ってダンパーの減衰力を最適化する「DSアクティブスキャンサスペンション」は全車に標準装備される。拡大
「グランシック」に標準装備されるブラックのレザーシート。座面や背もたれには複雑な格子柄がステッチされている。
「グランシック」に標準装備されるブラックのレザーシート。座面や背もたれには複雑な格子柄がステッチされている。拡大
座面の厚さが印象的なリアシート。見た目の通りふんわりとした掛け心地が印象的だった。
座面の厚さが印象的なリアシート。見た目の通りふんわりとした掛け心地が印象的だった。拡大
荷室の容量は555~1750リッター。ラゲッジボードの下にはスペアタイヤが格納されている。
荷室の容量は555~1750リッター。ラゲッジボードの下にはスペアタイヤが格納されている。拡大

テスト車のデータ

DS 7クロスバック グランシックBlueHDi

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4590×1895×1635mm
ホイールベース:2730mm
車重:1720kg(車検証記載値)
駆動方式:FF
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:177ps(130kW)/3750rpm
最大トルク:400Nm(40.8kgm)/2000rpm
タイヤ:(前)235/45R20 100V/(後)235/45R20 100V(グッドイヤー・イーグルF1アシンメトリック3)
燃費:16.4km/リッター(JC08モード)
価格:562万円/テスト車=619万1800円
オプション装備:パールペイント<ブラン アンドラディート>(9万1800円)/DSナイトビジョンパッケージ<ナイトビジョン、パノラミックサンルーフ>(48万円)

テスト車の年式:2018年型
テスト開始時の走行距離:2783km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(8)/山岳路(0)
テスト距離:214.8km
使用燃料:17.9リッター(軽油)
参考燃費:12.0km/リッター(満タン法)/12.1km/リッター(車載燃費計計測値)

DS 7クロスバック グランシックBlueHDi
DS 7クロスバック グランシックBlueHDi拡大
DS 7クロスバック グランシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】の画像拡大
関連キーワード
関連記事
関連サービス(価格.com)
注目の記事PR
注目の記事一覧へ
この記事を読んだ人が他に読んだ記事

メルマガでしか読めないコラムや更新情報、次週の予告などを受け取る。

あなたにおすすめの記事