第577回:RRのボディーにランクルの駆動系を搭載!?
“クルマ×クルマ”の魅惑のフュージョンの世界へようこそ

2018.10.26 マッキナ あらモーダ!

チョコレート&クリームSUSHI

ここ数年イタリアは、空前のSUSHIブームである。

店の多くは日本以外のアジア系経営者によるものだ。だがイタリアのウェブサイト『イル・ファット・クォーティディアーノ』によれば、2015年にはすでにミラノだけで400以上のSUSHI店が数えられている。

ボクの住む街シエナもしかり。チェーン系と独立系が入り交じっている。中には日本と同じコンベヤーを備えた回転式もある。

2017年、ボクは女房の誕生祝いに「ものは試し」ということで、そうした回転式に行ってみることにした。女房に「記念日にセコい」と避難されつつも、最も安価な平日食べ放題ランチ11.9ユーロ(約1500円。ドリンク代別)を目指した。

店内を見回す。「わしはイタリア料理以外食べん」という保守的なおじいちゃんやおばあちゃんも家族と一緒に来られるようにという作戦だろう。コンベヤーとは別に、パスタやティラミス、そしてジェラートがビュッフェコーナーに用意されているのがイタリアらしい。その隣にはやきそば、チャーハン、シューマイといった中華系もある。

食べ終わりに近い頃、見慣れない皿が回ってきたので女房のために取り上げてみると、なんと「しゃり」の上にチョコ&ホイップクリームが載せてあった。

女房は気味悪がって手をつけなかったが、残すのも気が引ける。そこでボクが代わりに食べてみると、どうだ。米とチョコのコンビネーションは味・舌触りとも意外に悪くない。満腹でなければ、もうひと皿取りたかったくらいだ。

こうした“フュージョン”こそ、伝統にとらわれないアジア系SUSHIレストランの真骨頂だ。日本にだってイタリアにない「めんたいこパスタ」があるのだから、文句を言うのは筋違いである。

ぜひ勇気をもって続けてほしいものだと個人的には思っている。

これが「チョコ&ホイップクリームSUSHI」。
これが「チョコ&ホイップクリームSUSHI」。拡大
こちらは「天ぷら&SUSHI」。
こちらは「天ぷら&SUSHI」。拡大
デザートにはパンナコッタとプリン。このあと、ついビュッフェのインボルティーニ・ディ・プリマヴェラ、つまり春巻きに手をつけてしまった筆者であった。2017年シエナにて。
デザートにはパンナコッタとプリン。このあと、ついビュッフェのインボルティーニ・ディ・プリマヴェラ、つまり春巻きに手をつけてしまった筆者であった。2017年シエナにて。拡大
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。、(ともに二玄社)、、(ともに光人社)、(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事