元祖クロカン「ジープ・ラングラー」が11年ぶりにモデルチェンジ

2018.10.25 自動車ニュース
新型「ジープ・ラングラー」。写真は悪路走破性能を高めた4ドアの高性能モデル「アンリミテッド ルビコン」。
新型「ジープ・ラングラー」。写真は悪路走破性能を高めた4ドアの高性能モデル「アンリミテッド ルビコン」。拡大

FCAジャパンは2018年10月25日、ジープブランドの本格クロスカントリーモデルである新型「ラングラー」の日本導入を発表した。発売は同年11月23日で、価格は459万円~530万円となる。

11年ぶりのフルモデルチェンジで登場したJL型「ラングラー」。1987年に登場した初代ラングラーから数えて4代目のモデルにあたる。
11年ぶりのフルモデルチェンジで登場したJL型「ラングラー」。1987年に登場した初代ラングラーから数えて4代目のモデルにあたる。拡大
4ドアモデル「アンリミテッド」のボディーサイズは、全長×全幅×全高=4870×1895×1845mm(「スポーツ」の値)。ホイールベースは3010mm。先代モデルより全長が165mm拡大している。
4ドアモデル「アンリミテッド」のボディーサイズは、全長×全幅×全高=4870×1895×1845mm(「スポーツ」の値)。ホイールベースは3010mm。先代モデルより全長が165mm拡大している。拡大
試乗会場に並べられた新型「ラングラー」。左端に位置するのが2ドアの「スポーツ」で、このモデルのみ受注生産となる。
試乗会場に並べられた新型「ラングラー」。左端に位置するのが2ドアの「スポーツ」で、このモデルのみ受注生産となる。拡大
特徴的なフロントマスクをはじめ、内外装は「CJ」時代のジープをモチーフにデザインされている。
特徴的なフロントマスクをはじめ、内外装は「CJ」時代のジープをモチーフにデザインされている。拡大
水平基調のダッシュボードが目を引くインテリア。最新世代のインフォテインメントシステムが全車に採用されるなど、装備は充実している。
水平基調のダッシュボードが目を引くインテリア。最新世代のインフォテインメントシステムが全車に採用されるなど、装備は充実している。拡大
ホイールベースの拡大によってゆとりを増した車内。グレードに応じて、レザーシートもしくは布製のシートが装備される。
ホイールベースの拡大によってゆとりを増した車内。グレードに応じて、レザーシートもしくは布製のシートが装備される。拡大
ラゲッジスペースには、横開きのハッチとガラスハッチを開けてアクセス。床下には小物をしまっておくのに便利な収納スペースが備わる。
ラゲッジスペースには、横開きのハッチとガラスハッチを開けてアクセス。床下には小物をしまっておくのに便利な収納スペースが備わる。拡大
自然吸気の3.6リッターV6エンジンは、2ドアの「スポーツ」や4ドアの「アンリミテッド サハラ ローンチエディション」などに搭載される。
自然吸気の3.6リッターV6エンジンは、2ドアの「スポーツ」や4ドアの「アンリミテッド サハラ ローンチエディション」などに搭載される。拡大
「アンリミテッド スポーツ」に搭載される2リッター直4ターボエンジン。272psの最高出力と400Nmの最大トルクを発生する。
「アンリミテッド スポーツ」に搭載される2リッター直4ターボエンジン。272psの最高出力と400Nmの最大トルクを発生する。拡大
センターコンソールに備わるシフトレバーとトランスファーレバー。
センターコンソールに備わるシフトレバーとトランスファーレバー。拡大
車体構造は「CJ/ラングラー」伝統のボディー・オン・フレーム式。サスペンションは前後ともに5リンクのコイルリジッドとなっている。
車体構造は「CJ/ラングラー」伝統のボディー・オン・フレーム式。サスペンションは前後ともに5リンクのコイルリジッドとなっている。拡大
「ルビコン」の日本導入は2019年春以降の予定となっている。
「ルビコン」の日本導入は2019年春以降の予定となっている。拡大

まずは3モデルのラインナップでスタート

ジープのアイコン的存在であるラングラーが11年ぶりに全面改良された。従来型のイメージを強く受け継ぐエクステリアから単なるフェイスリフトモデルと疑いたくなるが、さにあらず。中身は劇的な進化を遂げており、悪路走破性能の強化と日常性向上の両面において、大きなアップデートが施された。

ボディータイプは、4ドアの「アンリミテッド」と2ドアのショートボディーの2種類。ただし後者は受注生産となる。主力となるアンリミテッドのボディーサイズは、全長×全幅×全高=4870×1895×1845mm(「スポーツ」グレードの値)、ホイールベース=3010mmと堂々たるもの。現行型比では、全長が165mm、全幅が15mm、ホイールベースが65mm拡大している。一方、より機動力に優れる2ドアは、全長×全幅×全高=4320×1895×1825mm、ホイールベース=2460mmとなっている。

グレード構成は、2ドアは「スポーツ」のみ、4ドアのアンリミテッドが「スポーツ」と「サハラ ローンチエディション」の2タイプとなる。このうち、ローンチエディションは、LEDライトシステムなどを備える上級グレード「サハラ」をベースとした導入記念特別仕様車で、レザーシート、前席シートヒーター、ステアリングヒーターなどを追加したものだ。

各モデルの価格は以下の通り。

  • スポーツ:459万円
  • アンリミテッド スポーツ:494万円
  • アンリミテッド サハラ ローンチエディション:530万円

伝統のデザインと先進の装備を融合

懐かしさを覚えるデザインには、ラングラーの祖先である1955年誕生の民間用ジープ「CJ-5」のモチーフが積極的に取り入れられた。最も色濃く反映されているのがフロントマスクのデザインで、“セブンスロットグリル”に食い込んだ丸形ヘッドライトや逆台形のフロントフェイシアなどが特徴となっている。また、従来モデルからオープンドライブも楽しめる着脱式ハードトップ「フリーダムトップ」を継承。軽量化に加えて構造も見直すことで、より簡単に取り外しを可能としたほか、着脱式ルーフの弱点となりがちな雨漏り対策もしっかりと強化されている。

インテリアも、車両状況をつかみやすい水平基調のダッシュボードを中心に、「CJ」シリーズをほうふつとさせるデザインでまとめられているが、装備や機能は一気にモダナイズされた。具体的には、2眼式のアナログメーターパネルに7インチのフルカラーインフォメーションディスプレイを追加したほか、インフォテインメントシステムには最新世代の「Uconnect」を採用。オーディオやBluetooth機能などに加え、スマートフォンの各種機能を車載機器で操作できるようにする、Apple CarPlayやAndroid Autoにも対応している。システムは2タイプあり、スポーツがナビレスの7インチタッチパネルと8スピーカーの組み合わせ、サハラ ローンチエディションがナビゲーションシステム付き8.4インチVGAタッチパネルと、アルパイン製9スピーカー(ウーファー付き)の組み合わせとなる。

ターボエンジンとフルタイム四駆の採用に注目

行動力の源となるパワートレインには、改良を加えた3.6リッターV6 DOHCエンジンに加え、ダウンサイズユニットとなる新開発の2リッター直列4気筒ターボエンジンを「アンリミテッド スポーツ」に採用。V6が最高出力284ps/6400rpm、最大トルク347Nm/4100rpm、燃料消費率9.2~9.6km/リッター(JC08モード)となっているのに対し、直4ターボは最高出力272ps/5250rpm、最大トルク400Nm/3000rpm、燃料消費率11.5km/リッター(JC08モード)と、最大トルクと燃費性能でダウンサイズターボの強みを見せつけている。トランスミッションは全車トルコン式の8段AT。燃料が全車レギュラー仕様であることも付け加えておきたい。

クロカンのキモである4WDシステムにも手が加えられており、日本仕様ではラングラー史上初となる「フルタイムオンデマンド4×4システム」が全車に搭載された。この新機構はフルタイム4WDとパートタイム4WDの機能を併せ持ったもので、「4H AUTO」モードでは路面や天候状況に応じて前後軸の駆動力を自動で最適に配分。オン・オフ問わず快適で安全な走りを実現する便利なものだ。もちろんパートタイムモードも備えており、状況に合わせて「4H」と「4L」をマニュアル操作で選択可能。この際にはセンターデフロックが作動し、強力なトランクションが発生する。最小回転半径も4ドアが6.2m(従来型は7.1m)、2ドアが5.3m(同6.0m)と大幅に小さくなり、取り回しもしやすくなった。

ボディーパネルの軽量化にも取り組んでおり、ドアやフェンダーなどをアルミニウム化。またスイングゲートの骨格部分などにマグネシウムを使用するなど、強度にも配慮している。この結果、先代では2t超えだったアンリミテッドのボディーは、1.9t台へとシェイプアップした。

最後にクロカンとしての基本性能に触れておくと、最低地上高は200mmで、アプローチアングルは44°、ブレークオーバーアングルは27.8°(2ドア)、デパーチャーアングルは37°。渡河性能762mmで、けん引最大能力は1589kgとアナウンスされている。

クロカンとしての基本性能を磨き上げつつ、SUV的な利便性や快適性も高めてきた新型ラングラー。しかし、ボディー・オン・フレームの車体構造に前後リジッド式のサスペンション、水洗い可能なフロアなどを見れば、その軸足が依然として荒野に置かれていることは間違いない。すでに紹介した3モデルに加え、来春以降の予定で悪路走破性能を突き詰めた「ルビコン」の導入も計画されている。

(文=大音安弘/写真=FCAジャパン)

関連キーワード:
ラングラー, ジープ, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 70年を優に超える歴史を誇る、元祖クロスカントリーモデル「ジープ・ラングラー」。11年ぶりのモデルチェンジで誕生した新型は、従来モデルからどう進化し、何を受け継いだのか。オンロードとオフロード、双方の試乗を通して確かめた。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.9.10 試乗記 「Gクラス」と「ジムニー」ばかりが目立っているが、本格オフローダーといえば「ジープ・ラングラー」を忘れてはいけない。世界有数の悪路といわれるアメリカ・ルビコントレイルで、新型の出来栄えをチェックした。
  • 元祖クロカン「ジープ・ラングラー」が11年ぶりにモデルチェンジ 2018.10.25 自動車ニュース FCAジャパンが新型「ジープ・ラングラー」を2018年11月23日に発売すると発表した。新しい「JL」型は、ラダーフレームやリジッドアクスルといったラングラー伝統の基本構造は踏襲しつつ、ターボエンジンやフルタイム4WDなどいった新しい技術を搭載している。
  • 新型「ジープ・ラングラー」発表会の会場から 2018.10.25 画像・写真 新型「ジープ・ラングラー」の日本導入に合わせ、千葉・舞浜でジープのファンやオーナーを招いての発表会が行われた。アーティストの坂本龍一やDRAGON76も登場したイベントの様子を、会場に飾られた歴代ジープの姿とともに写真で紹介する。
  • 日産リーフNISMO(FF)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 日産の電気自動車「リーフ」に、スポーティーな走りが身上の「NISMO」バージョンが登場。世にも珍しい電動ホットハッチはどのような走りを見せるのか? “エコ”と“楽しさ”を同時にうたう一台の出来栄えを確かめた。
ホームへ戻る