マツダ、「CX-8」にガソリンモデルを追加設定

2018.10.25 自動車ニュース
「マツダCX-8 XD Lパッケージ」
「マツダCX-8 XD Lパッケージ」拡大

マツダは2018年10月25日、クロスオーバーSUV「CX-8」を一部改良し、同年11月29日に発売すると発表した。

 
マツダ、「CX-8」にガソリンモデルを追加設定の画像拡大
 
マツダ、「CX-8」にガソリンモデルを追加設定の画像拡大
 
マツダ、「CX-8」にガソリンモデルを追加設定の画像拡大

今回の改良では、パワーユニットにガソリンエンジンを追加設定したほか、車両運動制御技術「G-ベクタリングコントロール」を進化させた「G-ベクタリングコントロール プラス」を全車に標準装備した。

新たに追加されたガソリンエンジンは、2.5リッター直噴直4自然吸気エンジン「スカイアクティブ-G 2.5」(最高出力190ps/最大トルク252Nm)と2.5リッター直噴直4ターボエンジン「スカイアクティブ-G 2.5T」(同230ps/同420Nm)の2種類。いずれもすでに「CX-5」に搭載されているものと同等の仕様となっているが、CX-8のものには気筒休止機構が備わらないのが特徴だ。WLTCモードの燃費値は、自然吸気エンジンが12.4km/リッターで、ターボエンジンが12.0km/リッター。指定燃料はレギュラーガソリンとなる。

G-ベクタリングコントロール プラスについては、従来のエンジントルクのコントロールによってターンイン時の応答性を高める制御に加えて、新たに旋回中からターンアウト時にかけての安定性と収束性を向上させるブレーキ制御を追加した。具体的には、旋回中のドライバーのハンドルの戻し操作に応じて外輪をわずかに制動し、車両を直進状態へ戻すための復元モーメントを与えることで、安定性を向上させるというもの。高速走行時やワインディングロードの走行時などに車両とドライバーとの一体感を高め、また、緊急時の危険回避能力アップといった効果も見込めるとマツダは説明する。

安全装備の強化も図っており、緊急自動ブレーキについては夜間の歩行者を検知可能としたほか、360度ビューモニターを「25T Lパッケージ」「XD Lパッケージ」「XDプロアクティブ」グレードに標準装備、その他グレードにオプション設定した。

インテリアでは、エアコンパネルと各種スイッチ/ダイヤルのデザインを変更。前席センターコンソールのアームレストを15mm低めたり、前席シートにベンチレーション機能を加えたり、3列目周辺の遮音性能を高めたりと、快適性の向上も図った。このほか、コネクティビティーシステム「マツダコネクト」が「Apple Carplay」と「Android Auto」に対応した。

価格は289万4400円から、446万0400円まで。

(Clubpyme)

関連キーワード:
CX-8, マツダ, 自動車ニュース

マツダ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-8 XD Lパッケージ 2017.9.14 画像・写真 ナッパレザーのシートや本杢(ほんもく)の装飾パネル、2列目シートのセンターコンソールボックスなどで上質感を表現。「マツダCX-8」の上級グレード「XD Lパッケージ」のディテールを、写真でリポートする。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ(6人乗り)(FF/6AT)【試乗記】 2018.2.15 試乗記 マツダが新たに開発した3列シートのSUV「CX-8」は、ミニバンに代わる選択肢になり得るか? ドライバーとその家族の目線で試乗してみると、このクルマならではの持ち味が見えてきた。
  • マツダCX-8 25T Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2019.1.25 試乗記 「マツダCX-8」に追加された、2.5リッターダウンサイジングターボエンジン搭載の新グレード「25T」。新エンジンの出来栄えを確かめるべく試乗に臨んだのだが、このクルマにはパワープラントとは別に気にかかる課題が潜んでいた。
  • スバルが「レヴォーグ」を改良 特別仕様車2モデルを設定 2019.5.8 自動車ニュース スバルは2019年5月7日、スポーツワゴン「レヴォーグ」の改良モデルを同年6月27日に発売すると発表した。ハイビームアシストの作動車速を従来の40Km/hから30km/hに変更しボディーカラーに新色を導入。さらに特別仕様車2モデルも新設定している。
  • マツダCX-5 25S Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.5.7 試乗記 フルモデルチェンジから1年余り。「マツダCX-5」に早くも手直しが入った。新規技術を出し惜しみせず、矢継ぎ早に投入していくのが“現在”のマツダ流。その進化のほどやいかに!?
ホームへ戻る