日本の木材がクルマを変える!?
自然由来の自動車パーツ、ただいま開発中

2018.10.26 デイリーコラム

花粉症も同時に解決?

光岡自動車は2018年10月23日、特別仕様の「ビュート」をお披露目した。“特別”な理由は、装着される部品にあり。なんと、自然由来の新素材を活用したものなのだ。

これは内閣府の「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」のプロジェクトのひとつで、国立研究開発法人である「産業技術総合研究所」、国立研究開発法人 森林研究・整備機構の「森林総合研究所」、「宮城化成」らの研究グループが推進する官民一体の取り組みだ。

その成果となる自動車部品を、光岡自動車の協力によりテスト車となるビュートに装着し、実証実験を行うという。早速、実車を確認してみたが、見た目は通常のビュートそのもの。特別仕立ての部品は、外装についてはボンネットのみで、内装では前後ドアのパネル、それに付随するアームレストとスピーカーボックスと、全部で4種類のパーツがある。ボンネットは塗装され、ドアパネルのほとんどはレザー調の生地で覆われているため、見た目には変わりはないのである。

重要なのは、これらの部品が、ある木材の成分から生まれた新材料「改質リグニン」を使用したGFRP(ガラス繊維強化複合材)であるということだ。その木材の正体は、なんと春先に多くの人を花粉で悩ませる杉の木だという。一体、新材料の改質リグニンとは何なのか?

まず、リグニンについて説明したい。木材は、主にセルロース、ヘミセルロース、リグニンの3つの成分で構成されている。木材から生まれる代表的な製品といえば紙があるが、その原材料となる紙パルプ製造の副産物として、リグニン系の素材を製造できるという。リグニン系の素材は、強固で耐熱性に優れるなど、素材として高いポテンシャルを持つ一方で、元となるリグニンは樹木の種類や生育環境などで性質が異なってしまうため、安定品質が求められる工業材料化は困難とされてきた。しかしながら、木材の全体の約3割がリグニンであるため、なんとか活用できないかと長年研究が進められてきたわけだ。

そこで注目されたのが杉の木。日本固有の針葉樹で、1種1族しか存在しないため、どの杉の木でもリグニン構造にばらつきがない。しかも日本で最も多い樹木である。花粉症の人が聞いたら、ちょっとナーバスになってしまうかもしれないが、国内樹木の21%を占めるほど。もちろん国内林業の主要樹種でもあるので生産体制も確立されており、安定供給が可能。そこで開発されたのが、改質リグリンというわけだ。

“自然由来のパーツ”を使用した特別な「ミツオカ・ビュート」を囲んでのフォトセッション。中央の女性は「ミス日本みどりの女神」。
“自然由来のパーツ”を使用した特別な「ミツオカ・ビュート」を囲んでのフォトセッション。中央の女性は「ミス日本みどりの女神」。拡大
これが今回の主役たる「改質リグニン」。杉の木から作られた素材で、自動車の樹脂パーツに添加して活用することが期待されている。
これが今回の主役たる「改質リグニン」。杉の木から作られた素材で、自動車の樹脂パーツに添加して活用することが期待されている。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事