スズキ・ジムニーXC(後編)

2018.11.08 谷口信輝の新車試乗 レーシングドライバーの谷口信輝が今回試乗したのは、デビュー以来“引っ張りだこ”の新型「スズキ・ジムニー」。その魅力はどこにあるのか、プロの目線でリポートする。

見た目以上の本格派

新型スズキ・ジムニーの試乗を終えてニコニコしながらクルマから降りてきた谷口信輝。後編では、クルマの印象を具体的に語ってもらうことにしよう。
「乗り心地は、タイヤのハイトがあるので、強めのブレーキとかかけるとモニャモニャモニャって動いたりします。もっとも、ジムニーが評価されるべきは、こういったオンロードやタウンユースでの乗り心地だけでなく、悪路での走破性ですよね。ところで、このクルマってABSが付いていますけど、これって悪路に行ったら、逆にABSはないほうがいいんじゃないんですか?」

ジムニーはセンターデフを持たないパートタイム4WDで、4WDモードに切り替えてもABSやトラクションコントロールはオフにはならない。

いっぽうで、下り坂ではクルマ自身が自動的に車速をコントロールする「ヒルディセントコントロール」が装備されているほか、左右輪いずれかのタイヤが滑りやすい路面に乗った場合に、空転しかけた車輪にのみ軽くブレーキを掛けて反対側の車輪により多くのトルクを伝える「ブレーキLSDトラクションコントロール」を搭載。コンパクトなボディーからは想像もできない、本格的なオフロード性能を備えているのだ。

「ところで、このクルマのデフはどうなっているんですか?」

これも谷口らしい鋭い指摘だ。極限的なオフロード走行で最大限のトラクションを得るには、LSDやデフロックシステムなどの装備が必要不可欠になる。ただし、ジムニーはオープンデフ、つまりLSDではない一般的なディファレンシャルギアが標準装備で、LSDはオプションで用意されている。
「なるほど。じゃあ、オプションでLSDを付けないと、派手なドリフトはできませんね(笑)」

 
スズキ・ジムニーXC(後編)の画像拡大
 
スズキ・ジムニーXC(後編)の画像拡大
 
スズキ・ジムニーXC(後編)の画像拡大
 
スズキ・ジムニーXC(後編)の画像拡大

【スズキ・ジムニーXCのスペック】
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1725mm/ホイールベース:2250mm/車重:1030kg/駆動方式:4WD/エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/ トランスミッション:5MT/最高出力:64ps(47kW)/6000rpm/最大トルク:96Nm(9.8kgm)/3500rpm/タイヤ:(前)175/80R16 91S/(後)175/80R16 91S(ブリヂストン・デューラーH/T II 684)/ 燃費:16.2km/リッター(WLTCモード)/価格:174万4200円

【取材時の燃費データ】
テスト距離:173.8km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:16.0リッター(レギュラーガソリン)/参考燃費:10.9km/リッター(満タン法)、13.1km/リッター(車載燃費計計測値)


	【スズキ・ジムニーXCのスペック】
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=3395×1475×1725mm/ホイールベース:2250mm/車重:1030kg/駆動方式:4WD/エンジン:0.66リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ/ トランスミッション:5MT/最高出力:64ps(47kW)/6000rpm/最大トルク:96Nm(9.8kgm)/3500rpm/タイヤ:(前)175/80R16 91S/(後)175/80R16 91S(ブリヂストン・デューラーH/T II 684)/ 燃費:16.2km/リッター(WLTCモード)/価格:174万4200円

	【取材時の燃費データ】
	テスト距離:173.8km(市街地1:高速道路8:山岳路1)/使用燃料:16.0リッター(レギュラーガソリン)/参考燃費:10.9km/リッター(満タン法)、13.1km/リッター(車載燃費計計測値)
	拡大

関連キーワード:
ジムニー, スズキ

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.12 試乗記 20年ぶりのフルモデルチェンジでデビューするや、たちまち入手困難となっている新型「ジムニー」。かくも絶大な支持を集める理由はどこにあるのか? その長所、そして短所を、ATの最上級グレードに試乗して確かめた。
  • スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)【試乗記】 2018.10.30 試乗記 20年ぶりのモデルチェンジによって登場したJB64型「スズキ・ジムニー」。ファンの「このままでいい」「変えないでほしい」という要望を受けて開発された新型は、すっかり洗練されながらも、その本質は荒野が似合う頑固なオフローダーのままだった。
  • スズキ・ジムニーシエラ(4WD/4AT)【試乗記】 2018.10.4 試乗記 2018年7月の登場以来、各方面で好評を博す新型「スズキ・ジムニー/ジムニーシエラ」。しかしいざ買うとなると、何を基準に、どんな仕様を選べばいいのか? すっかり新型が気に入ったというサトータケシが、ジムニーシエラの試乗を通して持論を開陳した。
  • “クロカン三傑”のモデルチェンジに寄せる
    ある「ランドローバー・ディフェンダー」乗りの独白
    2018.11.5 デイリーコラム 「Gクラス」に「ジムニー」「ラングラー」と、クロカン界の雄が一気にモデルチェンジを迎えた中、ひとり置き去りにされた感のある「ランドローバー・ディフェンダー」。注目を集めるライバルたちや、ウェブ上にたゆたう新型のウワサに、現オーナーは何を思うのか?
  • 第10回:トヨタ・カローラ スポーツ(後編) 2018.10.31 カーデザイナー明照寺彰の直言 実用性を犠牲にしている割にはスポーティーに見えない? トヨタ最新のCセグメントハッチバック車「カローラ スポーツ」のスタイリングに見る“ふに落ちないポイント”を、現役のカーデザイナー明照寺彰が語る。
ホームへ戻る