誰もが気持ちいいと思えるように

「時代とともに進化するのが『NSX』の宿命。今回の“エボリューショナルNSX”では、ドライバーとクルマとの一体感を向上させつつ、限界領域でのコントロール性を高め、それらを表現できるようデザインも磨き上げました」

2019年5月に発売されるマイナーチェンジ版ホンダNSXの説明会で、開発責任者の水上 聡さんは、最新型の特徴について熱く語った。

「インテグレーテッドダイナミクスシステムの各走行モードの制御最適化」に「アクティブダンパーシステムおよびVSA、ESPの制御や、スポーツハイブリッドSH-AWDの駆動配分制御の熟成」――手元の資料にはリファインのポイントとして、いかにもサーキットやワインディングロードで強みを発揮しそうな専門用語が並ぶ。

とはいえ、実際のNSXユーザーはさまざま。今回の改良に際しては、スポーツ走行のレベルアップだけを考えたわけではない。「マイナーチェンジ前からの変化は、近所の街乗り程度でも感じられるはずです」と、水上さんも強調する。
「走りだしから違いがわかります。今回は『形はいままでと変わらないが中身は違う』という進化を提案したかったのです」

その進化を説明するにあたっては「最適化」という抽象的な言葉が多用されるのだが、つまりは、駆動力の伝わり方などドライバーのフィーリングに直接関わるところをトライ&エラーで煮詰め、運転する誰もが「気持ちいい」と思えるように仕立て直したということだ。

そうした改良は、ユーザーの要求や市場からのフィードバックによるものではなく、純粋にホンダからの提案なのだという。NSXのようなスーパースポーツでは、お客さんの「もっとこうしてほしい」という評判だけを元にあれこれ変更すると、まとまりのない“ヘンな方向”に行ってしまう恐れがあるそうだ。

独自のポリシーで開発していい

では実際にいま、新型NSXのユーザーがどれくらいいるかというと、世界全体で「1900人以上」。この2年間でおよそ2000台が販売されてきた。このうち生産地でもあるアメリカ国内の需要が約1000台。残りを欧州と日本が分けあっているというから、おおざっぱに米:欧:日で50:25:25くらいの比率になる。

具体的に公表された国内販売台数は「約400台」。年間200台、月でならすと20台以下だ。当初の目標販売台数が「年間100台」だっただけに「セールスは好調」とホンダは胸を張るが、絶対的には少ない。鳴り物入りで登場しただけに、クルマ好き・スポーツカーファンの目にはちょっと寂しく映らないか。

その点を水上さんに振ってみると、「まぁ“苦戦”はしていませんね」と苦笑い。
「希少性を求めているお客さんからすれば、あるいは『あまり売れないでほしい』と思われるかもしれません。街にいっぱいあふれるよりは、ばったり出会ったときの感動があったほうが……」

もちろん売れたほうがいいには決まっているものの、絶対的な販売数とは関係なくNSXに対する世の関心は高いので、懸念はないという。

販売上のライバルについては、「ハイブリッドのスーパースポーツということで比べるならば『ポルシェ918スパイダー』や『ラ フェラーリ』など、はるかに高額なモデルになってしまう」し、「2000万~3000万円という価格帯のスポーツカーは各ブランドのヘリテージを元に作られているわけで、NSXもまた、独自のポリシーで開発すればいいと考えています」とのこと。

NSX独自ということでは、初代に見られたオープントップの「デタッチャブルトップ」仕様がいつ出るのか、心待ちにしているファンもいるようですが……?
「新型NSXはスペースフレームなので、屋根を取っちゃうとつながらないんですよ(苦笑)。いざホンダがやるとなったら何が何でも実現するでしょうけれど、根本的な問題がある。それに、これだけ優れた“素材”なのですから、まだこの(クーペの)方向でいろいろやってみたいんです」

その目指すところは「究極の、いつでも意のままになるクルマの開発」。「操るよろこびとは何か」を自問自答しながらの旅に終わりはないような気もするが……そこは“ニュースポーツカーX”を車名とするNSX。これからどう進化するのか、楽しみに見ていこう。

(文と写真=関 顕也)

すべての画像・写真を見る