いつか新型と街ですれ違ったときには……

翻ってディフェンダーはどうだ? ネットのスクープ写真を見ても、それが最終型でないにせよ、悲しいくらい何も響いてこない。なぜなら、僕が好きなクロカンの定義に外れているように思えるからだ。

素直に受け入れられない要因があるとすれば、2016年で生産を終えたという歴史の分断だ。その時点でディフェンダーは終わったのだ。そこに特別な思いはない。あの形状を維持するには無理が多いと理解しているし、何より僕のオンボロが取り上げられたわけでもなかったから。

ただ、2020年発売と報じられている新型ディフェンダーと街ですれ違ったときには、少なからず胸がチクチクするかもしれない。そんな感傷は、その時点でも現行または過去モデルが元気だろうGクラスやジムニーやラングラーのオーナーには分からないものだろう。なんてことを今から予感させるなんて、まったくもって大きなお世話だよ、ホッタ青年!

(文=田村十七男/編集=堀田剛資)

2011年のフランクフルトモーターショーで発表されたコンセプトカー「DC100」(左)と「DC100スポーツ」(右)。当時の配布資料にははっきりと「次期型『ディフェンダー』のコンセプトカー」と記されていたが……。
2011年のフランクフルトモーターショーで発表されたコンセプトカー「DC100」(左)と「DC100スポーツ」(右)。当時の配布資料にははっきりと「次期型『ディフェンダー』のコンセプトカー」と記されていたが……。拡大
英ソリハルの工場をラインオフする、最後の「ディフェンダー」。
英ソリハルの工場をラインオフする、最後の「ディフェンダー」。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド ルビコン(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.9.10 試乗記 「Gクラス」と「ジムニー」ばかりが目立っているが、本格オフローダーといえば「ジープ・ラングラー」を忘れてはいけない。世界有数の悪路といわれるアメリカ・ルビコントレイルで、新型の出来栄えをチェックした。
  • ジープ・ラングラー アンリミテッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.10.25 試乗記 70年を優に超える歴史を誇る、元祖クロスカントリーモデル「ジープ・ラングラー」。11年ぶりのモデルチェンジで誕生した新型は、従来モデルからどう進化し、何を受け継いだのか。オンロードとオフロード、双方の試乗を通して確かめた。
  • 元祖クロカン「ジープ・ラングラー」が11年ぶりにモデルチェンジ 2018.10.25 自動車ニュース FCAジャパンが新型「ジープ・ラングラー」を2018年11月23日に発売すると発表した。新しい「JL」型は、ラダーフレームやリジッドアクスルといったラングラー伝統の基本構造は踏襲しつつ、ターボエンジンやフルタイム4WDなどいった新しい技術を搭載している。
  • ジープ、新型「ラングラー」を10月25日に日本でお披露目 2018.10.1 自動車ニュース FCAジャパンが、新型「ジープ・ラングラー」を2018年10月25日に日本で正式発表する。新たに「JL」というコードネームが与えられた新型はラングラーとしては4代目にあたり、まずは導入記念限定車を含む3種類のモデルが日本に導入される。
  • 新型「ジープ・ラングラー」発表会の会場から 2018.10.25 画像・写真 新型「ジープ・ラングラー」の日本導入に合わせ、千葉・舞浜でジープのファンやオーナーを招いての発表会が行われた。アーティストの坂本龍一やDRAGON76も登場したイベントの様子を、会場に飾られた歴代ジープの姿とともに写真で紹介する。
ホームへ戻る