新型「プジョー508」、まずは限定車が先行上陸

2018.11.02 自動車ニュース
「プジョー508ファーストエディション」
「プジョー508ファーストエディション」拡大

プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年11月1日、新型「プジョー508」の本格導入に先駆け、限定車「508ファーストエディション」を設定し、オンラインにて予約受け付けを開始した。限定台数は60台となる。

 
新型「プジョー508」、まずは限定車が先行上陸の画像拡大
 
新型「プジョー508」、まずは限定車が先行上陸の画像拡大
 
新型「プジョー508」、まずは限定車が先行上陸の画像拡大
 
新型「プジョー508」、まずは限定車が先行上陸の画像拡大
 
新型「プジョー508」、まずは限定車が先行上陸の画像拡大

プジョーのフラッグシップサルーン「508」の新型は2018年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開されていた。新型はトランクリッドを廃し、新たにファストバックスタイルを得ている。

シャシーにはグループPSAの基幹プラットフォームである「EMP2」を採用。フロントフェンダーとフロントサスペンションのアルミ化やテールゲートとラゲッジフロアの強化樹脂化などにより、従来型よりも装備重量が増加したにもかかわらず、車両重量はほぼ同等にとどめたという(数値は未公表)。ボディーのスリーサイズは全長×全幅×全高=4750×1847×1404mmで、ホイールベースは2793mm。

インテリアにはプジョー車ではおなじみとなった、ステアリングホイールの上からメーターパネルを見渡すスタイルのi-Cockpitを採用。新世代化によりメーターパネルが12.3インチの液晶スクリーンとされている。

パワーユニットは2リッター直4ディーゼルターボエンジンのみの設定。最高出力177ps、最大トルク400Nmを生み出すこのユニットは、グループPSAの最新の8段ATと組み合わされる。

先進安全装備の拡充も図られており、二輪車も検知可能な緊急自動ブレーキやストップ&ゴー機能を備えたアダプティブクルーズコントロール、車線の中央を維持するレーンキープアシスト、前方200mまでを赤外線カメラによって監視して、その映像をインパネに表示するナイトビジョンなどを装備する。

このほか、路面や走行状況に応じてアブソーバーの減衰力を自動調整するアクティブサスペンションやリアコンビランプの光量を自動調整するアダプティブリアライト、ハンズフリー電動テールゲートが備わるなど、フラッグシップにふさわしい装備内容となっている。

日本への足がかりとして導入されるファーストエディションは、最上級グレード「GT」をベースにオプションをフル装備。専用の深紅のナッパレザーシートと19インチアロイホイールも備わる。ボディーカラーはフランス国旗にならい「アルティメットレッド」「パールホワイト」「ダークブルー」と、赤・白・青の3色展開としている。

508ファーストエディションの価格は577万円。なお、カタログモデルや「SW」(ステーションワゴン)の導入については、あらためて発表される予定となっている。

(Clubpyme)

関連キーワード:
508, プジョー, 自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョー508 2018.2.22 画像・写真 仏プジョーは2018年2月22日、フラッグシップセダン「508」の新型を第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:3月6日~18日)で公開すると発表した。その姿を画像で紹介する。
  • 新型「プジョー508」、まずは限定車が先行上陸 2018.11.2 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2018年11月1日、新型「プジョー508」の本格導入に先駆け、限定車「508ファーストエディション」を設定し、オンラインにて予約受け付けを開始した。限定台数は60台となる。
  • ジュネーブモーターショー2018(その5) 2018.3.8 画像・写真 2018年3月6日に開幕した第88回ジュネーブ国際モーターショー。プジョーは新型「508」を披露したほか、新型小型MPVの「リフター」を発表した。同社のブースを写真で紹介する。
  • ボルボS60 T6 AWD R-DESIGN/S60 T8ポールスターエンジニアード【海外試乗記】 2018.11.14 試乗記 日本にやって来るのはまだまだ先。とはいえ、快進撃をみせる新世代ボルボのミッドサイズセダンには要注目だ。アメリカ西海岸で試乗した新型「S60」の走りは果たして、あらためてこのブランドの勢いを感じさせるものだった。
  • DS 7クロスバック グランシックBlueHDi(FF/8AT)【試乗記】 2018.10.26 試乗記 遠目にはよくあるミドルサイズSUVだが、近づいてみれば印象はガラリ一変。ドアの向こうには、いたる所に格子柄がちりばめられた、まばゆい世界が広がっていた。この、ある種“イロモノ”のような雰囲気の漂う「DS 7クロスバック」だが、ひとたび走らせてみると、どこか昔のフランス車のような、懐かしい乗り心地を備えたクルマに仕上がっていた。
ホームへ戻る