第12回:BMW X2(後編)

2018.11.14 カーデザイナー明照寺彰の直言
「BMW X2」
「BMW X2」拡大

スポーティーな造形でありながら、意外なほどの居住性のよさも兼ね備えていた「BMW X2」だが、明照寺氏はひとつ引っかかる点があったという。今回はBMWの最新モデルを題材に、ボディーカラーの大切さと、色とデザイナーのお仕事の“内部事情”を開陳する。

「ガルバニックゴールド」で塗装された「BMW X2 MスポーツX」。2018年のデトロイトモーターショーでの世界初公開はもちろん、バンコクモーターショーでの右ハンドル仕様の発表でも、日本での初お披露目の際も、ステージに上げられたのはこのボディーカラーの車両だった。


	「ガルバニックゴールド」で塗装された「BMW X2 MスポーツX」。2018年のデトロイトモーターショーでの世界初公開はもちろん、バンコクモーターショーでの右ハンドル仕様の発表でも、日本での初お披露目の際も、ステージに上げられたのはこのボディーカラーの車両だった。
	拡大
ブラックのボディーカラーをまとう「X2 M35i」。欧州で発表されたばかりの「X2」のハイパフォーマンスグレードだ。
ブラックのボディーカラーをまとう「X2 M35i」。欧州で発表されたばかりの「X2」のハイパフォーマンスグレードだ。拡大
試乗記制作のためにClubpymeが撮影した「BMW X2」。インポーターのBMWジャパンいわく、「広報車(取材撮影用の車両)はこの色しか用意しておりません」とのこと。さすがドイツのプレミアムブランド、イメージ管理が徹底している。(写真=向後一宏)
試乗記制作のためにClubpymeが撮影した「BMW X2」。インポーターのBMWジャパンいわく、「広報車(取材撮影用の車両)はこの色しか用意しておりません」とのこと。さすがドイツのプレミアムブランド、イメージ管理が徹底している。(写真=向後一宏)拡大
「X2」の“元ネタ”であり、同じセグメントに属する小型SUVの「X1」。
明照寺:「『X2』は『X1』との違いが明確に打ち出しにくいから、派手な色を訴求色にして違うイメージを打ち出そうとしたんじゃないでしょうか」
「X2」の“元ネタ”であり、同じセグメントに属する小型SUVの「X1」。
	明照寺:「『X2』は『X1』との違いが明確に打ち出しにくいから、派手な色を訴求色にして違うイメージを打ち出そうとしたんじゃないでしょうか」拡大

“訴求色”はホントにこれでよかったの?

明照寺彰(以下、明照寺):もうひとつ、X2に関して気になったのは、イメージカラーです。

ほった:すんごい名前の、確か「ガルバニックゴールド」でしたっけ?

明照寺:最初に広告などでこのイエローを見たときは、あまり印象がよくなかったんです。なにかこう、とりとめのないデザインに見えてしまって。ところがディーラーで真っ黒のX2を見たら、非常にカッコよかった。

永福ランプ(以下、永福):色で印象がガラッと変わるなんて、なんだかシロートっぽい話な気がしてしまいますが(笑)。

明照寺:それはそうなんですけど(笑)、本当に、単純にそう感じてしまったんですよ。つまり「これは訴求色を間違えたんじゃないかな」と。

永福:そこでプロの目になる。

明照寺:X2は、もうちょっとシックなカラーで訴求した方がよかったんじゃないでしょうか。多分メーカーはポップなイメージにしたかったんだと思うんですけど、あのイエローではX2の魅力を表現し切れてないんじゃないかと。正直、デザインもあまりよく見えないじゃないですか。ところが黒とかシルバーだと、すごくスポーティーに見えた。

永福:私はイエローでも十分カッコよく見えましたけど……。

ほった:インポーターが持ってる取材撮影用のクルマは、すべてイエローでしたね。

永福:そう。X2はイエローで攻め切る! という、BMWの強い意志を感じた。

明照寺:前回の話にも関わってくるんですが、個人的には「X1」との違いというか、特別感がいまひとつ出せなかったので、訴求色はこういう元気なカラーにしたんじゃないかという気がしてしまうんですよ。

ほった:なるほど。

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

明照寺 彰(めいしょうじ あきら)

さまざまな自動車のデザインにおいて辣腕を振るう、現役のカーデザイナー。理想のデザインのクルマは「ポルシェ911(901型)」。

永福ランプ(えいふく らんぷ)
大乗フェラーリ教の教祖にして、今日の自動車デザインに心を痛める憂国の士。その美を最も愛するクルマは「フェラーリ328」。

Clubpymeほった(うぇぶしーじー ほった)
当連載の茶々入れ&編集担当。デザインに関してはとんと疎いが、とりあえず憧れのクルマは「シェルビー・コブラ デイトナクーペ」。

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXVアドバンス(4WD/CVT)【試乗記】 2019.2.28 試乗記 新しいプラットフォームを採用するクロスオーバー「XV」に追加設定された「アドバンス」には、スバル伝統の水平対向エンジンにモーターを組み合わせた「e-BOXER」が搭載されている。700kmに及ぶロングドライブに連れ出し、その実力を確かめた。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • BMW X1 xDrive25i xライン(4WD/8AT)【試乗記】 2016.1.15 試乗記 2015年10月に日本に導入された新型「BMW X1」。FRベースのプラットフォームをやめ、新たにFF系のシャシーを採用するなど、従来モデルからすべてが一新された2代目の実力を、上級グレード「xDrive25i」の試乗を通してチェックした。その出来栄えをひとことで表すと……?
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン/ゴルフヴァリアントTSIハイライン【試乗記】 2017.6.21 試乗記 マイナーチェンジが施された「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に試乗。多くのライバルを従えて、今なお普遍的ベンチマークに君臨し続ける理由とは? その進化の度合いとともに確かめた。さらにホットモデルのちょい乗りリポートもお届けする。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る