ポルシェ、マイナーチェンジした「マカン」の受注を開始

2018.11.05 自動車ニュース
「ポルシェ・マカン」
「ポルシェ・マカン」拡大

ポルシェ ジャパンは2018年11月2日、同年10月開催のパリモーターショーで発表された「マカン」マイナーチェンジモデルの受注を開始した。導入にあたって、装備を充実させた「ファーストエディション」と「シュポルトエディション」も設定している。

「ポルシェ・マカン」
「ポルシェ・マカン」拡大

マイナーチェンジされたモデルでは、「カイエン」譲りとなる新しいエクステリアデザインを採用。新デザインのLEDヘッドライトや「PORSCHE」のロゴが入ったリアガーニッシュ、4灯式ブレーキランプを内蔵する新しいテールライトなどが従来モデルと異なるポイントになっている。

インテリアでは、10.9インチに拡大したフルHDタッチスクリーンをセンターコンソール上部に配置しているほか、「ポルシェコミュニケーションマネージメント(PCM)」と呼ばれるコネクティビティーシステムを搭載している。

デリバリーは、装備内容を充実させたファーストエディション(889万2000円~932万6000円)および、シュポルトエディション(916万4000円~959万8000円)から始まる予定。マカンのベースグレードの価格は699万円となっている。

(Clubpyme)
 

関連キーワード:
マカン, ポルシェ, 自動車ニュース

ポルシェ の中古車
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・マカン(4WD/7AT)/マカンS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2018.12.19 試乗記 「ポルシェ・マカン」がデビュー以来初となるマイナーチェンジを受けた。いまやポルシェの販売台数の約4割を占める、収益面での柱となりつつあるコンパクトSUVは、どのような進化を遂げたのだろうか。スペイン・マヨルカ島からの第一報をお届けする。
  • 新エンジン搭載の「ポルシェ・マカンS」受注開始 2019.1.18 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは2019年1月18日、マイナーチェンジされた「ポルシェ・マカンS」の予約受注を開始した。従来型を14psと20Nm上回る、新型3リッターV6ターボエンジン(最高出力354ps、最大トルク480Nm)を搭載している。
  • フェイスリフトした「ポルシェ・マカン」が国内デビュー 2018.12.19 自動車ニュース ポルシェ ジャパンは2018年12月19日、フェイスリフトを行った「マカン」を発表した。導入モデルとして、装備を充実させた「ファーストエディション」と「シュポルトエディション」も設定。標準モデルと共に、2019年夏の発売を予定している。
  • 「ポルシェ・マカン」の次期モデルは電気自動車に 2019.2.27 自動車ニュース 独ポルシェは2019年2月26日(現地時間)、コンパクトSUV「マカン」の次期モデルを、電気自動車として開発すると発表した。生産は、2020年代はじめにスタートする予定になっている。
  • 「ポルシェ・マカン」発表会の会場から 2018.12.20 画像・写真 ポルシェ ジャパンは2018年12月19日、フェイスリフトを行った「マカン」を発表した。導入モデル「ファーストエディション」と「シュポルトエディション」も設定。当日の模様を写真で紹介しよう。
ホームへ戻る